▼色合いの変更 標準12|3|
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく

行事カレンダー

29
30
31
5
11
12
19
1
2
トップ学校概要 > 努力事項と施策

努力事項と施策

(1) 確かな学力の向上
☆地域人材・資源を活用し,生活科,社会科等を中心とした学習の実践を通したPISA型学力の育成
☆各教科,総合的な学習の時間,道徳,各領域の教育目標実現にっなげるための構造化と教材づくり,授業づくり,子どもの変容の看取りの3視点による指導法の研究
☆学ぶ楽しさや成就感,驚きや感動などが実感できる学習展開の工夫と指導時間の確保
☆学習ボランティアを活用した教科指導,クラブ活動等の実施
☆T・Tや少人数授業による個に応じた課題・補充・発展的な学習展間による学力向上のための指導法の工夫
☆地域調査に基づく総合的な学習の時間等における地域の教材化
☆自己評価,相互評価,教師や保護者などの外部評価を取り入れた指導の工夫・改善

 

(2) 豊かな心の育成
☆「道徳」を中心に全教育活動を通した感動や価値,葛藤の表出の豊かな交流活動(体験的活動に基づく道徳の時間の工夫,朝の会・帰りの会,係・当番活動,学級活動等との関連)
☆地域の人材を生かした,さまざまな人との出会いと交流(生活科,社会科,総合的な学習の時間,英会話活動,特別支援教育)
☆生活課題解決に向け,協力・共同して実現の過程 を共有できる行事の創造や課題の集団的解決能力 の育成(各特別活動における集団性とリーダーの養成)

 

(3) 健康な身体づくりと,健康安全教育の充実
☆「さわやかタイム」,「業間運動」等の実践により積極的にスポーツに親しむ習慣・意欲・能力の育成
☆心身の健康保持・増進・安全確保のための必要な知識,習慣や生活を改善する力の育成(保健指導, 避難訓練等の充実)
☆強調週間設定(短期集中実施)による基本的生活習慣の定着「早寝・早起き・朝ごはん運動(健康週間)」

 

(4) 生徒指導の充実
☆「命の大切さ」の繰り返しの指導と啓発
☆月別生活目標の掲示と励行指導
☆児童に寄り添う教育相談を通しての悩み解消ときめ細かな児童理解に基づいた円滑な人間関係づくり
☆長欠・いじめ対策委員会の運営と事例研修会の実施
☆家庭・地域,関係諸機関との緊密なネットワーク化の推進(小中連携強化による相互授業参観の実施)

 

(5) 校内研修の充実
☆主体的に生きる子どものよさや可能性を引き出すための授業研究に基づく校内研修の充実
☆学びのプロジェクトによる学習指導の検討
☆「地域理解や地域の教材化」のための研修と実践
 (プロジェクト3[商店街・職人,歴史・自然,子育て・交流・祭]による地域・専門家との連携)
☆各学期1回の生活科・社会科の校内授業研究会の実施(授業力向上、話し合い活動の充実)

 

(6) まちづくりと学校
☆学習活動,行事等への地域ボランティアやコミュニティ・ファミリー参加(各教科の学習,音楽集会,読み聞かせ活動をはじめとする各種集会活動等)
☆コミュニティ通信(「コミュスはまだ」)・学年だより,インターネット等を媒体にした情報発信
☆「教育課題」実現に向けた幼稚園,保育園,公民館,敬老会,子ども会,育成会等との連携
☆親父の会との連携,水戸三中との小中連携の強化

 


掲載日 平成26年5月12日