▼色合いの変更 標準12|3|
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく
トップブログ
過去の記事
2012年10月の記事

小中一貫教育(隣接型~研究発表会

 全体会 台風一過の10/1(月)に,平成20年度から始まった小中連携の発表の場として,飯富学区小中一貫教育(隣接型)の研究発表会を飯富小学校,中学校の各会場で行いました。
 全体会では,水戸市長 高橋 靖 様,水戸市議会文教福祉委員長 五十嵐博 様をはじめ,157名の学校関係者の方々の参列をいただきました。清掃の様子(15分)や全学級の授業の様子(45分)を公開させていただき,子どもたちの意欲的な取組に多くの参観者からお褒めのことばをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

学級    取 組 の ポ イ ン ト
あおぞら 始めるまで時間がかかったり,話をしたりしてしまうことがありますが,担任がほうきで掃き,4名の児童はそれぞれ決められた場所をぞうきんがけします。自分の場所が終わるまでがんばって取り組んでいます。
1の1 すみずみまできれいにするために,雑巾がけは,すき間のない「キーガシャ」方式で行っています。「黙働」を意識しながら頑張って取り組んでいます。
2の1 「みんなの使うところ,みんなの学校,みんなでだまってきれいにしよう!」の合言葉で取り組んでいます。
3の1 自分のやるべきところに責任を持ち,みんなで協力して自分たちが決めた目標達成に最善を尽くしています。
4の1 一人一人が自分の清掃分担箇所を責任をもってきれいにしていくことを目指しています。少しずつ汚れに自ら気づき,清掃していこうとする心が育ってきています。
5の1 清掃終了後,教室で日直が中心となり,開始時刻・黙働に関する反省を行っています。また,担当区域の掃除の仕方について,児童が掲示物をつくり,やるべきことを忘れていないか確認しています。
6の1 学校の最上級生だという誇りと責任をもって毎日清掃に取り組んでいます。よごれている所を自ら見つけ,きれいにするように心がけています。

 

 

>>フォトアルバムへ(掃除)

>>フォトアルバムへ(授業)

 

平成24年10月10日