このページの本文へ移動
Since
Monthly 00000415

行事カレンダー

2018年11月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
トップ > ブログ

ブログ

3月26日(月曜日)

DSC05596
平成29年度修了式を実施しました。1年から5年生まで各学級ごとに、代表児童に修了証を渡しました。代表児童は、この1年間に自分が頑張ったこと、次年度頑張りたいことを話しました。どの児童も堂々としっかり内容で話ができました。明日から春休みです。事故、事件、病気、怪我などがないよう十分に気を付けて過ごして欲しいと思います。大きな成果を上げて年度末を迎えることができたことについて、保護者、地域の皆様、及び本校をご支援くださった全ての皆様に感謝申し上げます。
平成30年3月26日

3月23日(金曜日)

DSC05573
3学期もあと1日を残すのみとなりました。来週の月曜日は修了式。今日は最後の授業を行いました。そんな中で、各学年・学級の実態に合わせて、学年の最後にいろいろな活動を行いました。ある学年は、教室の中の備品を全て出して、きれいにお掃除をしました。ある学年は、1年間ともに過ごしてきた仲間と楽しく「お楽しみ会」を行いました。ある学年では、これまで学校で作成した作品を返却し、自分の作品をじっくり見直していました。いずれにしても、1年間の終わりをしっかりと締めくくり、次年度(進級)に向けての準備となりました。
DSC05577
教職員は、放課後の時間に、コンプライアンスに関する校内研修会を実施しました。本日、講師としてお招きしたのはホテルレイクビュー水戸の方です。信用第一のホテル業におけるしっかりとしたコンプライアンスに関する取り組みをお聞きし、大変参考になりました。学校との共通点も多いと感じました。今後に十分生かしていきたいと思います。
平成30年3月23日

3月22日(木曜日)

DSC_0352
6年生が卒業し、学校が寂しくなった気がします。校庭にあった遊具が一つ撤去され、新しい遊具(滑り台)が設置されることになりました。その設置場所を検討しに校庭に出たところ、写真のような糞が何か所かにまとまって落ちていました。本校の校庭でこれだけまとまった量の糞を見たことがありません(気づかなかっただけかも知れませんが)。一粒の大きさは1cm足らずです。おそらくノウサギではないかと思われます。今後、観察を続けてみたいと思います。
平成30年3月22日

3月20日(火曜日)

DSC05552DSC05549DSC05548DSC05545
第71回卒業式を挙行しました。あいにくの天気になりましたが、大変感動的な、いい卒業式になりました。卒業生49名は立派な態度で卒業していきました。下級生は心を込めて卒業生を送りました。
平成30年3月20日

3月19日(月曜日)

DSC05503
明日は卒業式です。6年生は、最後の学級での遊びを楽しんでいました。こういう何気ない時間もいとおしく感じます。「ケードロ」やドッジボールなどをやりながら、あらためて友達を見つめ直すことができました。
DSC05506
午後は、卒業式の会場作成を行いました。5年生が体育館の会場づくり、体育館周辺の清掃をやってくれました。5年生も素晴らしい!明日はきっと感動的な、いい卒業式になることでしょう。心配なのは天気です。明日は天気がくずれ寒くなりそうです。みんなの思いで温かい卒業式にしましょう。
平成30年3月19日

3月16日(金曜日)

DSC05491
今日の授業の一コマを紹介します。4年生の理科の授業で「空気中の水」の学習をしました。空気中に水蒸気があることをどのようにしたら確かめることができるか考え、ガラスのコップに氷を入れるとコップの外側の表面に水滴がつくことでわかるのではないかということになりました。次に、教室以外の場所でも水蒸気があるか調べようということになり、小グループごとに、どこで調べたいか考えました。
DSC05493
あるグループは、廊下で調べようということになりました。その理由を聞いてみると、廊下には水蒸気がたくさんあると考えたらしいのです。なぜ、そう考えたか聞いてみると、廊下の外側の窓を指さして「廊下の窓はくもっています」とのことでした。子どもたちなりに、よく観察し、あるいは日常生活体験と結びつけて考えていることがわかりました。果たして本当に廊下の方が水蒸気量が多いのか、それを確かめるにはどうしたらいいのか。3年生でも、そこまでいきそうな気がしました。理科は面白いです。
平成30年3月16日

3月15日(木曜日)

DSC_0336
本校の正門を入ったところに、「蒼龍城」というお城(モニュメント)が建っています。昭和40年度卒業記念として建造されました。聞くところによると、蒼龍城というお城が実際にここにあったわけではなく、本校敷地には元は蒼龍寺というお寺があったそうです。このモニュメントの回りにお堀(池)があるのですが、登校してきた子どもたちは、最近、毎朝ここで立ち止まります。その理由は、カエルがいることです。「イボガエル」と呼ぶ子もいますが、おそらくヒキガエルです。このカエルが卵を産みました。カエルを2匹見たという子もいます。そういうわけで、カエルがどこにいるか探すこと、卵を見ることが“日課”になっています。自然に興味を持つことは大変いいことです。ずっと観察を続けて欲しいものです。
DSC05444
本校の教室のひとつを地域の方に開放し、「ふれあいサロン」としてご利用いただいております。今日は、その活動に加えて、水戸好文カレッジの取り組みとして、ヘルマンハープの演奏会と朗読が行われました。ヘルマンハープは、ドイツのヘルマンさんという方が、1987年にダウン症のお子さんのために開発した弦楽器です。ハープのように立てて演奏し、弦と本体の間に楽譜を置き、その楽譜に記されている“印”をなぞると自然に曲が弾けるようになっています。余韻のある美しい音色を参加者の皆さんは楽しんでいました。地域の方に学校を広く利用していただけることはありがたいことです。これからも、子どもたちとの交流も含めて、地域との連携を深めていきたいと思います。
平成30年3月15日

3月14日(水曜日)

DSC05430
卒業式の予行練習を行いました。卒業生も在校生も素晴らしい態度で集中してしっかり練習に臨んでいました。卒業生にとって、一度しかない大事な卒業式です。みんなの心を込めて、卒業生を送り出せるようにしたいと思います。
DSC05435
音楽クラブの児童が、昨年11月26日に水戸芸術館で行われたクリスマスコンサートに出演し、素晴らしい演奏をしました。ぜひその演奏を全校児童の皆さんにも聞いてもらいたいと思い、本日、演奏してもらいました。本当はもっと早い時期にと考えていましたが、インフルエンザの流行などもあり、延び延びになっていました。ピアノ伴奏に合わせてトーンチャイムを使って「見上げてごらん夜の星を」を演奏しました。久しぶりの演奏であったにもかかわらず、素晴らしい演奏でした。
平成30年3月14日

3月13日(火曜日)

DSC05426
「卒業アルバムが出来上がりました!」と6年生が届けに来てくれました。6年生はいろいろな行事などにおいて「アクティブミーティング」というプロジェクトを起ち上げ、取り組んできました。卒業アルバムづくりは「応援アクティブミーティング」というプロジェクトの8名が中心になって行い、さらにその中でも中心となって取り組んだのが佐々木さん、河又さん、佐藤さんです。一生残るものだから宝物になるようにしたい、みんなの思いがたくさん詰まったものにしたい、大人になったときにすぐに面白かったことなどを思い出せるようなものにしたいという思いを込めて作業を行ってきました。中休みなど時間を見つけ、まちがいがないか感度も確認し、修正を重ねながら作ったものだけに、出来上がったアルバムを見て、こんなにきれいにできたと感激し、大きな達成感を得ました。友達から、すごくいいアルバムだねと言われ、嬉しかったそうです。特に後半の卒業文集の部分に多くの工夫が凝らされています。ねらいどおり、一生の宝物になるでしょう。
平成30年3月13日

3月12日(月曜日)

DSC_0332
1年生が城東幼稚園に遊びに行きました。図工で作った作品(転がるおもちゃ)を持って、幼稚園生と一緒に遊びました。おもちゃだけでなく、築山や三輪車、ブランコ等の遊具も使って遊びました。日常的にいつでも気軽に行き来できることがいいことです。間にフェンスはありますが、互いの心に壁を作らず交流ができています。幼稚園は今週の金曜日が卒園式です。卒園児にとって、1年生はあこがれの対象です。もうすぐ僕たち私たちも小学生だという期待が膨らんだことでしょう。「また遊びに来るね!」1年生が温かい言葉をかけていました。
平成30年3月12日

3月9日(金曜日)

DSC05417
学校に“可愛いお客様”をお迎えしました。城東幼稚園の園児たちです。本校は城東幼稚園、城東保育所と幼保小連携を進めており、日頃から様々な交流活動を実施していますので、幼稚園や保育所の幼児が来校することは珍しくありません。先日も幼児が本校に来て、一緒に那珂川にサケの放流に行きました。今日は、城東幼稚園で保護者の皆様による奉仕作業が行われ、教室を全部お掃除をしてくださいましたので、その間、小学校生活体験を兼ねて小学校で園児を預かりました。図書室で本を読んだあと、校舎内探検をしました。年長児は5年生と交流活動を行ったときにも校舎内を回ったのですが、今日はそのときには入らなかった部屋に案内しました。小学校への期待と希望が膨らんでくれればありがたいです。
DSC05419
平成30年3月9日

3月8日(木曜日)

DSC05405
3年生が水戸市立博物館の方をゲストティーチャーとして社会科の出前授業をやっていただきました。“昔”の道具を、体験をまじえて理解することがねらいです。
湯たんぽ、薬研(やげん)、ちゃぶ台等を見て、その仕組みについて説明を受けると、歓声が上がっていました。“昔”の道具もよくできています。
DSC05411
炭火アイロン、ひのし、こてを使って、実際にハンカチなどにアイロンがけを行いました。きれいにしわがとれて、びっくりしました。安全に使うための配慮が必要なこともわかりました。
DSC05415
洗濯板、たらい、石鹸を使って、洗濯体験をしました。水が冷たく、当時の人の大変さが少しわかりました。今は何でも全自動、IoTになりつつあります。「ボタン一つで・・・」から「一言話しかければ・・・」へ時代が変わっています。話しかけなくてもセンサーが働いて機会が“判断”してやってくれるものさえあります。科学文明によって人々が得たものと失ったもの双方を考えるいい学びの機会となりました。
平成30年3月8日

3月7日(水曜日)

DSC05393
今日の授業から、2つを紹介します。1年生の教室では、担任とAETによる英会話の授業がありました。いくつかの国の代表的な食べ物を買いに行くという設定で、積極的に会話が行われていました。「こんにちは!○○ください。」「いくつですか?」「○個ください」「どうぞ」・・・という会話を楽しんでいました。
DSC05396
6年生は、おそらく小学校生活最後になる調理実習を行っていました。お弁当のおかずになるものということで、多くの班の材料に含まれていたのが、タマゴ、ベーコンでした。どこの班もおいしそうに調理されていました。男女が協力して、楽しそうに実習に取り組んでいました。
1年生も6年生も、活動的な学び、協同的な学びを楽しんでいました。
平成30年3月7日

3月6日(火曜日)

DSC05296
今日は、いよいよサケを放流する日です。約3か月の間、育ててきたサケとのお別れです。全校朝会で、飼育委員会からサケの放流の仕方、及びタイムスケジュールについて説明がありました。
DSC05318
放流場所は、那珂川にかかる寿橋より約100m下流の川辺です。今日の満潮は午前6時過ぎだったので、写真で児童がいる辺りは、今朝の8時頃まで水中にありました。水面が下がってから、護岸にたまった水を掻き出す作業を行いました。今日は幸い天気が良く、風もほとんどなく暖かく、絶好のコンディションでした。放流のトップは6年生と城東保育所です。小学校から手をつないで放流場所まで来ました。川辺に下りるときも、6年生が保育所の幼児と手をつなぎ、援助しました。「サケさん、元気に戻ってきてね。」と語りかけ、祈りながら放流しました。
DSC05344
5年生は、城東幼稚園の園児と一緒に放流を行いました。この後、4年生と1年生、3年生と2年生が組んで放流を行いました。
DSC05379
放流後のサケは、群れを作って、那珂川の水面近くを気持ちよさそうに泳いでいました。放流したサケ以外にも、那珂川には多くのサケの稚魚がいました。放流場所から見えただけでも、かなりの稚魚が泳いでいました。那珂川の自然の豊かさを感じるとともに、これだけいながら川に戻ってくるサケの数が少ないということから、自然の厳しさも感じました。那珂川が学校のすぐ近くを流れているおかげで、多くのことを学ぶことができます。
平成30年3月6日

3月5日(月曜日)

6年生を送る会を実施しました。5年生を中心に今日まで様々な準備や練習をしてきました。
DSC05169
5年生の先導で、6年生入場です。
DSC05177
下級生を代表して5年生が挨拶をしました。
DSC05198
各学年の発表です。1年生は「6年生体験」をやりました。
DSC05203
2年生は合奏、合唱、群読
DSC05212
3年生は合奏と合唱
DSC05232
4年生は6年間を振り返る寸劇(音楽をまじえて)
DSC05242
5年生も寸劇+ダンス
DSC05249
6年生の目がやさしい!楽しく参加できたようです。
DSC05288
最後に6年生のお礼の言葉と発表。心のこもった温かい送る会になりました。一生懸命、企画・準備・運営を行った5年生、ご苦労様でした。
平成30年3月5日

3月2日(金曜日)

DSC05144
昨日から、卒業式の全体練習を始めました。昨日は並び方や作法、歌の練習が主でしたが、本日は呼びかけと歌の練習をしました。みんなで6年生のために一生の思い出に残るいい卒業式にしようと心をひとつにして頑張りました。6年生の態度はいつ見ても見事で、下級生の良い手本となっています。
DSC05145
今年度最後のクラブ・委員会を行いました。本日は、1年間の活動を振り返り、成果と課題について話し合いました。来年度は、クラブ、委員会の時間が少なくなる見込みです。より中身の濃い有意義な活動にしていきたいものです。また、本校では現在児童会組織の見直しを行っています。委員会の時間の減少、徐々に進む児童数・教員数の減少等の諸事情を勘案し、時代に合った活動にしていくために、児童会で話し合いを行っています。
平成30年3月2日

3月1日(木曜日)

DSC05129DSC05134
3年生が、「総合的な学習の時間」の一環として、東洋大学教授大辻永先生をゲストティーチャーとしてお招きし、授業をやっていただきました。3年生は、那珂川をテーマとした学習に取り組んできており、先日の保護者対象の授業参観では、これまでの学びの成果の発表を行いました。本日の授業は、自分たちが取り組んできたことの意義の再確認、調べたことが十分であったかという確認、自分が調べたことと他のグループが調べたことの関連を考えること、今後取り組みべき課題の発見等々、非常に多くの意味がありました。授業で大辻先生は、子どもたちが調べたことを丁寧に取り上げ、時間軸、空間軸でつないでいきました。実験やスライド上映を交えながら、子どもたちの気づきや意見を引き出し、子どもたちの学びの成果の大きさを実感させてくださいました。大辻先生は、茨城大学にお勤めのときから、少なくとも本校に13年程度続けて来てくださっています。いつも、“那珂川を教える”、“サケを教える”のではなく、那珂川やサケをとおして学べる世界を広げてくださいます。本日の授業も実に深い学びの場となりました。
 
平成30年3月1日