▼色合いの変更 標準12|3|
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく
トップブログ
過去の記事
2017年10月の記事

10月31日(火) サケ集会

 スムーズな進行を行った司会者  飼育委員会委員長のお話 サケの一生 飼育の仕方 みんなでサケの歌合唱 飼育委員会の児童 就学時健康診断における6年生お手伝い 

 児童朝会として、飼育委員会主催によるサケ集会を実施しました。例年は、稚魚の放流前の3月もしくは2月下旬に行っていましたが、今年度は、サケの飼育が始まる前に意識を高めようという飼育委員会の発案で、今日の実施となりました。まず、飼育委員長からサケの飼育をするねらい等が説明され、続いて、サケの一生について「紙芝居」が上演され、次にサケの飼育の仕方について解説がありました。盛り上がったのは、サケ・クイズ。サケに関するミニ知識が増えました。「サケの歌」を全校で合唱し、飼育委員会の各学級担当者の分担発表もありました。わずか約20分間の集会でしたが、非常に密度の濃い充実した集会となりました。飼育委員会の企画・進行の素晴らしさ、子供たちの参加態度の素晴らしさ、一体感のある集会でした。本校の「サケ学習」(サケの孵化、飼育、放流等)は、もう20年以上続いています。全ての学級に水槽を置き、学級ごとに毎日観察しながら飼育を行います。幼稚園、保育所でも飼育し、一緒に放流に行きます。このような取り組みを行っている学校は少ないのではないでしょうか。那珂川がすぐ近くを流れる本校ならではの取り組みです。この「サケ学習」を大切にしていきたいと思います。詳しくは、実際に飼育が始まってから、また紹介します。

 就学時健康診断を実施しました。次年度小学校に入学する幼児が来校し、健康診断を受けました。6年生がそのお手伝いをしてくれました。小さな子供を上手にリードし、優しく世話をする姿が素晴らしかったです。今年の6年生も本当に頼りになります。

平成29年10月31日