▼色合いの変更 標準12|3|
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく
トップ > 学校概要

学校概要

 

 

教育目標

人間性豊かな心身共にたくましい児童の育成を図る。

 

(1)あかるく 
 基本的な生活習慣が確立し,明るく助け合える学級集団にする。
 清潔・安全で安心して生活できる学校環境を作る。
(2)やさしく 
 思いやりの心や感謝の心,郷土を愛する心など,豊かな人間性をもった児童を育成する。
(3)たくましく
 学力や体力の向上を目指して自ら目標を定め,くじけずに最後まで努力し続ける児童を育成する。

 

 


 

運営方針

さ・・・
先駆けて取り組む姿勢を持って(酒門小学校から発信する)
か・・・
感動・感謝・寛容の心を持って(慈愛の心を大切にする)
ど・・・
同行に姿勢を持って(共に学び,共に活動する)

 


 

努力項目

(1) 総合的な学習の時間の充実
「共に生き,自ら生活をつくる姿を求めて」をメインテーマに,学級経営や学年経営,学習者の学校生活を基盤とした研究を進めることにより,よりよい学校生活,よりよい酒門小学校を目指していく。

 

(2) 教科指導の充実
・ 学習者の側に立った基本的な学習形態を構想し,自分の力で判断し,選択し,解決していく場を多くしていくことにより,自主的な学習が成立するように努力していく。
・ 「つかむ-考える-比べる-まとめる」
・ ノートの書き方,発表の仕方,グループ学習
・ 各学年,各教科の基礎的基本的事項を整理確認し,その指導の徹底を図っていく。
・ ティーム・ティーチング学習の研修を進めることにより,一人一人に対応した学習の確立を図っていく。
・ 学習者に「預ける学習」を推進することにより,教師の一方的な授業を進めるのではなく,活動の時間を多く取り,生き生きとした学習の姿をめざしていく。
・ 多様な表現の場を構成し,「楽しい学習」を構想すると共に,一人一人の表現をみとっていくことによって,その向上の様子を捉えていく。

 

(3) 道徳教育の充実
人間尊重の精神を生活の中に生かし道徳的な生活習慣などの日常の基本的な行動様式を見直し,道徳的な判断力,道徳的心情,道徳的な態度と実践意欲の向上を図り,望ましい道徳性を養うことを目標をする。

 

(4) 特別活動の充実
選択,判断,決定できる場をできる限り多く設定する。

 

(5) 改善できるところをすぐに改善していく
・ 地域人材バンクを構成し,有効活用を図る。
・ 日課表を見直し,酒門小学校の特色が十分に発揮でき,よりよい酒門小学校になるよう改善する。
・ 読書の時間,振り返りの時間を設け,見通しを持った生活ができるようにする。
・ ノーチャイムの時間枠を増やし,自らの力で生活できるようにしていく。
・ 全職員が教育計画の反省を基に,学習者にとって学び甲斐のある学習活動,学校生活を営むことができるようにするために,様々な行事,活動について,改革改善を行っていく。
・ 地域との連携を更に密にしていくために,授業参観日,個人面談等を積極的に実施し,学校を更に開いていく。
・ 「学校危機管理マニュアル(本校作成)」の徹底を図る。

 


 

学校要覧

    PDF 学校要覧1(PDF 406.7KB) 

 

   PDF 学校要覧2(PDF 205.6KB)  


掲載日 平成28年10月21日