このページの本文へ移動
トップ > 園自慢

園自慢

 

お散歩だいすき

 お散歩だいすき散歩が大好きな千波の子どもたちは,年長と年少 児が仲良く手を取り合って,園周辺の自然とのふれあいや近隣にある文化的施設見学など体験活動を楽しんでいます。年間を通して行う園外保育の中からベスト2をご紹介します。
 ☆ 逆川公園散歩(徒歩5~6分)
「あっ!池の中に魚がいるよ」「ザリガニつれたよ」「**カエルの鳴き声かな。」 四季折々の自然の変化を,五感を通して体全身で感じながら,身近な動植物へ興味関心や探求心などを育てています。(アスレチックで遊ぶ・集団遊び・木の実拾いなど)
 ☆ 梨狩り(徒歩40分)
2学期になると学区の果樹園まで,実りの秋を満喫しに出かけます。到着すると,秋の味覚『巨峰』をいただきながら,涼しい葡萄棚の下で一休みするのも楽しみのひとつです。美味しそうな梨を見つけ,自分の手でもぎ取り,おみやげにします。
 ☆ その他
水戸南消防署・健康科学センター・近代美術館見学などを実施しています。

 


 

絵本がいっぱい

 絵本がいっぱい千波幼稚園の本棚には,約1500冊もの本が並んでいます。小さな子向けの「ちいさなモモちゃん」シリーズをはじめ,小学校低学年向けの「おばけのアッチ」等利用できる年齢の幅が広く,昭和59年度版のチャイルドブック特選版などもしっかり保存されています。今年度より,お母さんの有志の方が中心になって,毎週金曜日=本の貸し出しが始まりました。
 メルヘンの世界・日本の昔話・外国の童話・図鑑などに親子で向き合い,耳に響くここちよいお母さんの声,温かいぬくもり,本を読み終えた時の余韻を共有するそのひと時が,子どもたちのこころを耕しいろいろな気持ちのたねになるなではないでしょうか。
 本を読む習慣をつけるのには,幼児期が一番良い時期といわれています。まだの方は,一度のぞいてみませんか。

 


 

せんばっ子

 せんばっ子今までの体験を基にして,園児たちが中心になり 種目を決めたり,準備をしたりして,小学校の体育館を借りて実施します。家族全員が参加し,競技やゲーム,クイズ,ダンス等バラエティに富んだ種目を楽しみ豪華賞品も用意されています。子どもたちも自分たちの力で実施するということで,意欲をもって取り組み,やり遂げたという充実感を味わうことで,更にやる気を育てていきます。

 


 

ウサギさんと仲良し

 ウサギさんと仲良し千波幼稚園の園庭には,たくさんのとっても可愛いいウサギさんがいます。
「先生!わたし,えさあげたいなぁ-。」
「今日ね,ウサギさん喜んでえさ食べてたよ。」と,子どもたちは,えさをあげることを通して,毎日ふれあいを深めています。また,ウサギの子の誕生や死を見ることで,命の大切さを子どもなりに理解し思いやりの気持ちをもってウサギの世話をしています。職員も,そんな子どもたち一人一人のやさしい気持ちを大切に育てていくよう心掛けています。

 


 

FUN FUN SENNBA

FUN FUN SENNBAお父さんやお母さん方が,協力し合って準備をし くれたゲームコーナーや模擬店で,園児,兄弟姉妹 お祖父さん,お祖母さん,お父さん,お母さん等家族揃って,ゲームをしたり,買い物をしたりして共に楽しむことで,家族のふれあいやつながりを深めることができます。
 また,準備期間を通して,保護者の方たちも共に考えたり,苦労して作ったりする中で,関わりや親しみが一段と深まっていくようです。  

 

 


 

 


掲載日 平成24年8月12日 更新日 令和2年5月22日
【アクセス数