このページの本文へ移動
Since
Monthly 00000078

行事カレンダー

2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
トップ > ブログ

ブログ

常澄中学校区小中一貫教育中間発表会

   常澄中学校区は,常澄中学校・稲荷第一小学校・稲荷第二小学校・大場小学校・本校の5つの小中学校で,27・28・29年度,水戸市の小中一貫教育研究指定校を受けています。11月29日(火)は,その研究の中間発表会がありました。テーマは「学び合いをとおして,自分の考えをもち,表現できる子の育成」です。午前中は小学校が中心に授業公開をし,午後は中学校が中心に授業公開をしました。最後は,常澄中学校でほぼ全員の小中の先生が集まり,9年間の連続性を見通して,互いにどのような児童生徒に育てたらよいか協議し合いました。小中の連携も必要ですが,小小連携も必要なことを実感した1日でした。本校は,常澄中学校と英会話と英語の授業での連携を中心に研究し,1・4年の異学年交流授業(combo)と,全校英会話(wide)を授業公開しました。みんな笑顔がいっぱいの良い表情で,上の学年が下の学年を思いやってアドバイスする姿がたくさん見られました。先生方も全員で関わりました。子どもたちもそうでしたが先生方がとても楽しそうでした。

 20 21 3 1 2 4 5 8 10 6 14 15 13 7 11 9 12 17

平成28年11月30日

下大野サ皆コーまつり (11/27)

 11月27日(日),雨が心配されましたが下大野の地域の皆さんが楽しめるよう天気も味方し,「下大野サ皆コーまつり」が市民センターでにぎやかに開催されました。掲示物や出し物でも,本校の子どもたちが大活躍していました。6年生としても,また伝統芸能保存会としても,「大野みろく囃子」の発表があり,場をにぎわわせていました。急遽出場することになったというオペラやダンスも,のびのびと発表し,たくさんの拍手をいただいていました。納豆早食い競争や,まき餅は例年のことですが,みんな大興奮でした。

 1 2 3 4 5 9 5 9 8

 

平成28年11月29日

第2回 常澄中学校区駅伝大会

 
 11月20日(日)常澄中学校区駅伝大会が,第2回常澄トレーニングセンター向かいの田園を舞台に行われました。本校は,「走る」ことへの意欲の全校への裾野を広げようと,今年度は男女2チームずつ参加しました。該当学年より下の走者も出て頑張りました。結果は男子下大野Aが5位,下大野Bが6位,女子下大野Aが7位,下大野Bが6位という結果でした。個人では,5年荻谷さん,6年久野さん,6年大和田さんが区間2位。6年一家さん,6年雲井さんが区間3位とがんばりました。先生方も参加し,川端先生,近藤先生,千葉先生,教頭先生,坂本先生でタスキをつなぎました。結果云々にかかわらず,青空のもと,本校大谷さんが提案して採用された大会スローガン「風をきり 走りぬけよう 最後まで」のとおり,中学生の先輩と共に,下大野の心をつなぐタスキリレーができました。気持ちの良い時間がもてました。
 1 2 7
平成28年11月22日

みろく囃子保存会茨城県伝統文化フェスティバル

 本校の児童14名が加入している「大野みろく囃子保存会」が11月19日(土)に常陸太田市パルティホールで行われた茨城県伝統文化フェスティバルに参加し,発表しました。いつもは6年生全員で発表することが多いみろく囃子ですが,この日は保存会ということで,3年生からの参加になりました。今年度から保存会に入会し参加した児童も多く,この日,初めて足袋を履くという児童もおり,指導者の清水さんをはじめ,お母さん方も準備が大変でした。きりりとした帯の結び方を,清水さんが丁寧にやってあげていました。足袋を履いて草履で歩くと,足の親指と人差し指の間が痛いようで,子どもたちも思わぬ昔体験でした。石岡囃子や小美玉太鼓など専門的にお囃子や太鼓をやっているグループが多い中,下大野のように地域の子どもたちの中に脈々と受け継がれている伝統芸能の姿は,味なものがありました。みろくの歌と太鼓,笛,鉦の音が,広い会場いっぱいに響き渡りました。
 3 2 1 4 5 6 8 7 12 10 9 11
 
平成28年11月21日

第2回 プロジェクト訪問

 11月16日(木),第2回目の算数科のプロジェクト訪問が行われました。水戸教育事務所と水戸市総合教育研究所から2人の指導主事が来て下さいました。「アクティブ・ラーニング」(主体的・協働的な学び)といって昔のような一斉授業ではなく,学習をしている子ども一人一人が,「今日の授業は,どんな課題を解決すればよいのかな?何ができるようになれば良いのかな?」と課題意識をもち,仲間と協働して学ぶといった学習指導法への改善が求められています。下大野小学校では,先生方自ら希望を出して,その研修をしました。先生方がやる気満々なのです。子どもたちもいつものことではありますが,いや,いつも以上に工夫された先生が仕組んだ授業の手立てにのって,楽しく積極的に取り組んでいました。先生方の研究協議もまさに先生方のアクティブ・ラーニングそのもの。自由に意見が言い合え,互いに高め合える素敵な先生方です。子どもたちのために,みんなで頑張っていきたいと思います。

 20 11 12 1 3 5 8 25 21 4 13 9 10 15 16 18 7

 

 

平成28年11月17日

読書集会と常澄中学校区駅伝大会選手紹介

 11月15日(火),図書委員会の主催による読書集会が行われました。図書委員の皆さんは,各学年からアンケートを取り,人気の本を探ってきてくれました。なんと人気のあったのは,1年生でもハリーポッターシリーズでした。難しい本を読むんですね。怪傑ゾロリやマンガ日本の歴史なども人気がありました。マンガ日本の歴史は,さすがに高学年に人気でした。次に,女子の図書委員会のメンバーが,豆になった山姥の紙芝居を,上手に声色を変えて読んでくれました。裏声を使ったりしながら気持ちを込めた読み方で,とっても上手で,感心しました。最後に20日(日)に行われる常澄中学校区の駅伝大会のメンバーを激励しました。今年は2チーム出場します。みんなで応援したいと思います。

 2 1 3

平成28年11月15日

3年生によって助けられたメダカたち

 1 

 改修工事で壊される池から,3年生が救助したメダカたちです。家庭にもっていった児童もいました。この水槽のほかに,金魚の水槽,ヒメダカが主の水槽等があり,3年生の教室で元気に泳いでいます。

平成28年11月15日

風土記の丘ふれあい祭りに参加する!

 11月13日(日),晴天のもと風土記の丘ふれあい祭りが盛大に開かれました。本校では,例年通り6年生が「大野みろく囃子」を発表しました。太鼓の音や歌声が,青空いっぱいに響き渡りました。伝統文化継承のクラブに入った子どもたちも多く,こちらも3年生からの本校メンバーが大人に交じって発表しました。中学生の先輩があでやかな衣装でおかめ踊りを発表し,花を添えていました。みんなで場を盛り上げ,楽しんだ1日になりました。

 3 2 9 4 12 12 11 4

 

平成28年11月14日

1区のあいさつ運動 サイバーロボッツの選手来る!

 今週は1区のあいさつ運動でした。班長さんが,ほかのどの班よりも負けないくらい大きな声であいさつをするように声をかけました。毎日,1区の子どもたちは正門の前で元気にあいさつ運動を展開しました。そして,今日はサイバーダイン・ロボッツの夏達維選手他2名の方が,宣伝を兼ねてあいさつ運動に加わってくださいました。子どもたちは,ハイタッチをしながら,うれしそうにあいさつを交わしていました。転校生も3名来て,きょうは楽しいことがいっぱいあった1日でした。

 6 3 5 1 2 4

平成28年11月10日

旧校舎をバックに,思い出の記念撮影

 1 

  企画委員の子どもたちからの提案で,旧校舎をバックに写真を撮ろうということになりました。改良工事でも,外見は変わらぬはずですが,思い出の1枚です。撮影は,子どもたちの笑顔を引き出すのが上手な,教頭先生の手によるものです。昇降口に,大きく引き伸ばして掲示してあります。

平成28年11月10日

4年生 小吹清掃工場・楮川浄水場見学

 4年生が,大場小学校,上大野小学校の子どもたちと一緒に,小吹清掃工場と楮川浄水場を見学に行ってきました。社会科の学習で,私たちのすみよい暮らしを支える社会の仕組みを勉強します。その仕組みの中で,今回は,ごみの処理と,飲み水づくりだったわけです。これは,私たちの生活にとってかけがえのない永遠の課題でもあります。清掃工場では出したごみがどのように処理されるのか,その手順や仕組みを見学しました。清掃工場で排出される熱も,どのように利用されているのかなども知ることができました。楮川浄水場では,安全でおいしい飲み水がどうやって供給されるのか知ることができました。紙上で知っただけでは,本物の勉強になりません。実際に,ごみの入れられるピットや,ろ過地の大きさなどを見ることは,本当に大事なことです。4年生は,担任の近藤先生によると,たくさんの質問をしながら見学したそうです。興味津々,関心を広げることができるのは素敵なことです。さて,どんな見学のまとめができるか,これも楽しみです。

 1 2 3 4 7 6 8 5 9

 

平成28年11月9日

3年生 池のお魚救出大作戦!

 校舎の前の池(ビオトープ)が,旧校舎の工事に伴ってなくなることになりました。そこで池の金魚やメダカの命を救おうと,3年生が救出大作戦を実行しました。月曜日からどうしたら救出できるか3年生なりに話し合いました。何度も池を見に行き,素早い魚の動きに対応すべく,作戦を練りました。担任の千葉先生は,お天気の良い今日,朝からポンプで池の水を抜き,昼休みに3年生みんなで力を合わせ,バケツや網で金魚3匹,メダカ20数匹,救出したそうです。泥の量が半端ではなく,泥の上澄みのわずかな池の水から魚を救出することは簡単ではなかったのですが,このままでは失われる命が,3年生の奮闘で救われたのでした。ちなみに水槽とポンプは,汚くはなっていましたが,捨ててしまうはずだったもののリサイクルです。3年生,ありがとう。金魚も,メダカも,きっと喜んでいるよ。とっても楽しそうで夢中になっていたのは,担任の千葉先生でもありました。

 1 2 3 4 5

平成28年11月4日

最後まできれいに たくさんのボランティア!

  今日は旧校舎の周りに立ち寄れる最後の日。来週は囲いができてしまうそうです。立原さんが一生懸命花壇の花を抜き,整理をしていました。そこへ昼休み,4年・5年・6年の子どもたちがお手伝いのボランティアに来てくれたのです。片っ端からビニールの袋に詰め,旧校舎のまわりの花壇はすっかりきれいになりました。花壇の周りは,工事が始まってしまう直前ですが,きれいに竹ぼうきで掃き清められました。働き者の素敵な子どもたちです。

 4 1 2 3 5

平成28年11月4日