このページの本文へ移動
Since
Monthly 00000166

行事カレンダー

2018年8月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
トップ > ブログ

ブログ

人を助ける勇気

ジュニア救命士
今日は
水戸市消防本部
水戸市救急普及協会の方を
講師にお招きし,
ジュニア救命士が行われました。

もし,目の前で人が倒れたら
その人を助けることができますか。
今日はそのための学習です。

まずは周囲の安全確認。
指をさしてしっかり確認をします。

次は意識の確認。
肩をたたいて意識の有無を確かめます。
心肺蘇生


意識が無かったら
(1)助けを呼ぶ-119番通報
∟  AEDを持って来てもらう
(2)胸骨圧迫の開始
心肺蘇生

「胸骨圧迫のポイント」
(1)ひざを開いて体を安定させる
(2)手を前に出して,もう片方の手を上から組む
(3)肩が心臓の真上に来るように構える
(4)1分間に100~120回の速さで
(5)5cmくらい沈むように押す。
(6)疲れる前に近くの人と交代する。
心臓


学習した後はシミュレーション!
みんなで協力して1人の命を助けました。

胸骨圧迫をする人
シナリオ

AEDを持ってくる人
AED

119番に通報し,状況を説明する人
修了証
救急隊を正門まで迎えに行く人。


たくさんの人の協力があって
人の命を救うことができるのだと
改めて学習しました。

最後に修了証をいただきました。
確かな技術と勇気をもって,
もしもの時に動ける人になってください。
修了証


以下児童の感想です。

今日の授業を通して,人の命を助けるこ
とは,大変なことなのだと思いました。
万が一のことがあったときには,人を助
けられるように協力したいです。また,
出かけたときには,AEDがどこにあるの
かを確認しておきたいと思います。
人を助ける仕事をしている人たちはとて
もかっこよかったです。

6年生,頑張りました!
平成30年2月6日