▼色合いの変更 標準12|3|
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく
Since 00268728
Monthly 00001513

行事カレンダー

Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
29
30
1
3
5
10
11
12
13
16
19
20
21
23
26
30
1
トップ > 移動天文車【授業での活用方法】
移動天文車とは 観望会の予定表 授業での活用方法 天文車派遣について

 

移動天文車を授業で活用しよう!

 

 

星の色や輝き、宇宙の広さなどを五感を通して感じることは、とても大切なことです。
 理科の学習や総合的な学習の時間に移動天文車を要請し、子どもたちに大自然に触れる機会を作ってあげてはどうでしょう。月のまぶしさ、木星の衛星の動き、土星の輪、太陽の黒点、散開星団や銀河など、机の上ではえられない感動体験をお届けします。

 


 

活用例【理科・小学四年生、中学校】

 

昼間の観察会 月や太陽の動き

1.観察会に入る前に、担任の先生といっしょに月や太陽の位置を確認します。
  高さや方位を確認したり、景色との位置関係をスケッチしたりします。

2.月の表面や太陽の表面を観察します。
  月や太陽が見ている間に視野から動いていくので、びっくりしますよ。

3.観察会終了前に、担任の先生といっしょに月や太陽の位置を調べ、どちらにどれくらい動いた

  のかを確認します。


 

夜間の観察会 星の色や星座

1.観察会に入る前に、担任の先生から「星座にまつわる話」などをしていただき、星座早見など

  で主な星の高さや方位を確認します。
   夏:さそり座の赤い心臓の星や夏の大三角
   冬:オリオン座や北極星、北斗七星、カシオペヤ座

2.天体望遠鏡では、色のはっきりした星や惑星、明るい星団などをお見せします。

3.観察会終了前に、担任の先生といっしょに最初にみつけた星の位置を調べ、どちらにどれくらい

  動いたのかを確認します。




掲載日 平成26年8月18日