このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
Since
Monthly 00000711

行事カレンダー

2018年6月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
トップ水戸の教育関係> 次世代エキスパート育成事業【実施要項】
実施要項 日程・内容 学習会の様子  

平成30年度次世代エキスパート育成事業募集要項

 

1 ねらい

   各分野のエキスパートとして国内外で活躍できる人材の育成を目指し,水戸市の教育資源を活用して学校を超えた同世代の仲間が集い,より高いレベルの学習に挑戦しようとする態度の育成をねらいとして,学習会を実施する。


2 主催水戸市教育委員会

 

3 実施方法・内容等

 (1) 対象児童生徒
・水戸市立小学校6年生・義務教育学校6年生の希望者
・水戸市立中学校1年生・義務教育学校7年生の希望者
 (2) 学習会
    (1)学習コース及び募集人数
        ア「ミニスーパーサイエンス」コース(30名)
             スーパーサイエンスハイスクールに指定されている県立水戸第二高等学校でのより
             専門的な実験や演習を通して,科学への興味・関心を高めていく。
        イ「宇宙の秘密に迫れ」コース(15名)
             水戸市少年自然の家職員による火星を中心とした惑星についての天体観測や自分の
             惑星に関する疑問を職員とのやりとりをとおして,天体への興味・関心を高めていく。
        ウ「ますmath数楽」コース(20名)
             江戸時代の和算について学んだり,算額の問題を解いたりする。また,和算の考え
             を発展させた算数オリンピックの問題にも挑戦する。
        エ「おもてなしリーダー育成」コース~水戸の魅力をプロデュース~(20名)
             水戸の歴史・文化遺産について,直接観光客等に説明するなどおもてなしを行う。
             説明は日本語だけでなく,簡単な英語等でも行う。
        オ「地域リーダー育成」コース(2テーマ,グループ可)
            市民が誇れる住みよいまちづくりや水戸市の課題について,自分たちなりの改善策
            を考え,プレゼンテーション(提言)を行う。
        カ「ICTエキスパート」コース(20名)
             プログラミング体験や,県立IT短大(茨城県立産業技術短期大学校)においてマイ
             クロコンピュータを利用した演習にも挑戦する。
      (2)実施日及び実施場所(※裏面参照)
      (3)参加条件
        ・全6回の全日程に参加できること
        ・学習会の場所(総合教育研究所,弘道館,少年自然の家,IT短大等)への集合方法につ
           いては,保護者の送迎又は公共交通機関の利用が可能なこと
        ・学習会に係る保険(全6回で150円程度)を自己負担できること
        ・各コースとも応募者多数の場合は次のとおり,調整のうえ参加者を決定するので,第2
           希望になる場合があることに同意できること
            ※ 「おもてなしリーダー育成」コースを除き,前年度,同じコースに参加していない
                  児童生徒を優先します。
            ※参加申込書の「参加を希望した理由」を参考にします。
 (3) 指導者・講師総合教育研究所指導主事,地域の高等学校関係者,有識者等


4 参加申込

 (1) 申込方法
      別紙様式1「平成30年度次世代エキスパート育成事業参加申込書」に必要事項を記入の
      うえ,担任の先生に提出してください。
 (2) 申込締切日
      平成30年5月23日(水曜日)


5 その他

   参加者の決定及び開講式の詳細につきましては,担任を通して後日(6月上旬頃)お知ら
   せします。


6 問い合わせ先

   不明な点がありましたら,総合教育研究所(244-1331)までお問い合わせください。

 


掲載日 平成26年8月15日 更新日 平成30年6月7日
【アクセス数