トップ >  「グローバルプラン」世界で活躍できる資質を磨く教育

「グローバルプラン」世界で活躍できる資質を磨く教育

英会話力の向上


6 英会話11 オール・イン・イングリッシュ授業
 英語でのコミュニケーションが求められるオール・イン・イングリ ッシュの授業で,英語の使用量を増やし,児童生徒が「英語が話せた!」という小さな成功体験を積み重ね,達成感と自信を醸成する。
2  English Camp(イングリッシュ・キャンプ)事業
 小・義務教育学校の6年生が,少年自然の家において,英語指導助手と生活を共にする。英会話を中心とした体験的活動に取り組むことを通して,英会話力の向上を目指す。
 
3 英語指導助手(AET)の配置イングリッシュキャンプ
 市立幼稚園・保育所,小・中・義務教育学校に英語 指導助手(AET)を配置し,英語によるコミュニ ケーション能力を育成する。(国の基準を上回る授業時数を実施)
 
 

情報活用能力の育成


1 図1 タブレット端末を使用する児童1人1台端末の活用
 児童生徒1人1台のタブレット型端末をはじめとした,ICT機器を効果的に活用した学習活動を行いながら,情報活用能力の育成を図る。
  • 各教科における「ICTを活用した学習スタイル」の実施
  • 臨時休業等における学びの保障としての活用
  • 外部施設との交流や外部講師などによる,質の高い学習の実施
  • 不登校等の配慮が必要な児童生徒への支援  
  • 学習者用デジタル教科書の活用
  • 端末の持ち帰りによる家庭学習の実施

2 プログラミング教育(1)教員研修及びサポート体制の充実
    集合研修や校内研修の実施により,教員のICT活用スキルの向上を図る。また,ICT支援員による授業支援を充実させ,学校におけるサポート体制の強化を図る。
  • ICT支援員の学校訪問による授業支援体制の充実及び教員の負担軽減を図る。
  • 教員のICT活用スキル目標(Stage目標)に準拠した集合研修や校内研修の実施
  • GIGAスクールプロジェクトリーダー(各校1名)による効果的な活用方法の周知
  • GIGAスクール構想に伴う年5回の集合研修の実施
 
                
 

次世代リーダーの育成 


1 図2次世代エキスパート育成事業
 小・義務教育学校6年生及び中学校1年生・義務教育学校7年生・水戸第一高等学校附属中を対象に参加者を募集し,学校を超えた学びの場で同世代の仲間が互いに切磋琢磨しながら学ぶ機会を設定する。
 学習会は,教科を発展・深化させた内容で,水戸市にある教育施設を利用して,学び好きな子を増やすとともに,難しい課題にもチャレンジしようとする態度を育成する。  
                                     
2 防災リーダー育成事業
 中学2年生・義務教育学校8年生を対象に,被災地の方々との意見交換や防災学習をとおして 他校との生徒同士の交流,地域ごとに行われている防災訓練への参加等により,震災被害の風化 を防ぎ,「自分に何ができるのか」「自分も何かをしたい」という思いをもつことで,防災につ いて主体的に考え,自ら判断し,行動する生徒の育成を図る。
 学習会は,被災地とのオンラインによる交流や避難所設営等を体験することで,防災に対する 意識の向上と必要な知識・技能を習得する。
 

掲載日 令和元年5月22日 更新日 令和4年4月21日
【アクセス数