トップ各係からのお知らせ > 水戸市幼・小・中英会話教育事業概要

水戸市幼・小・中英会話教育事業概要

特徴

 

国では、平成32年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、新たな英語教育を展開することとしています。

水戸市では、国に先駆けて、全小中学校にAET(英語指導助手)を配置し、会話を中心としたコミュニケーション能力の育成を図っており、英会話授業を国の基準より授業時間数を増やして行っています。

市内全ての公立保育所や市立幼稚園におきましても、AETを活用した英語遊びの中で英会話教育を行っています。

また、一部の小中学校で英会話の授業を英語のみで行う「オール イン イングリッシュ」による授業を導入しています。

 

※平成27年度からは、全小中学校・幼稚園・保育所の英会話授業で導入を予定しています。

 

発達段階における英会話のねらい

幼稚園・保育所  「英語に触れる、英語遊び」

小学校第1・2学年「英語に親しむ」

小学校第3・4学年「英語に慣れる」

小学校第5・6学年「英語を使う」

中学校      「AETの積極的な活用を図り、中学生の発達段階に即した双方向性のやり取り授業を行う。」

 

各学年における授業時間数は、次のとおりです。

  PDF 英語教育の特徴(PDF 73.1KB)

 

 授業1  授業2  幼稚園での授業風景

 

 

(補足)本事業の運営にあたり電源立地地域対策交付金を活用しています。