色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
Since
Monthly 00000232

行事カレンダー

2022年12月
27
28
30
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
20
21
22
23
25
31
Mito_taiko
 
天下の魁 Global_1 Global_2
Mito_hachi Mito_magokoro
わたしたちの郷土研究入賞作品 みとデジマップ  
     

ブログ

「第5回日本ICT教育アワード」において『全国ICT教育首長協議会会長賞』受賞!

水戸市は,全国ICT教育首長協議会(※)主催「第5回日本ICT教育アワード」において、本市のICT教育の取り組みが認められ,「全国ICT教育首長協議会会長賞」を受賞しました。
 
ICT教育アワードは,首長や教育長を中心に,自治体が取り組んでいる「教育ICT環境整備による地域創生や学校活性化につながる優れた事例」を顕彰するとともに,その事例を広く全国に周知することで,教育DXの更なる推進を図るコンテストです。日本全国でGIGAスクール構想が推進される中,今年度は,過去最多の79自治体から応募がありました。
 
本市では,「みんなでGIGAスクール構想 in Mito」と題し,令和2年度から現在までの「教員研修」や「GIGAスクール構想に関する事業」を提案しました。
 
令和4年11月17日(木曜日)に,国際ファッションセンタービル(東京・墨田区)で開かれた授賞式には志田教育長が出席し,賞を拝受するとともに,その後行われた「全国ICT教育首長サミット」において,本市の取組について発表を行いました。
 
水戸市GIGAスクール構想サイトにおいて,今回受賞した取組に関する資料を掲載していますので,ぜひご覧ください。

(※)全国ICT教育首長協議会は、ICT教育を推進している全国130自治体の首長で構成している協議会。平成28年に発足して以来、ICT教育の推進へ向けた提言を行っている。「日本ICT教育アワード」も主な取組の一つであり、今回が第5回目。地域創生や学校活性化につながる優れた事例を顕彰し、広く周知することで教育DXを推進している。

第5回日本ICT教育アワード 集合写真第5回日本ICT教育アワード 授賞式第5回日本ICT教育アワード 水戸市実践発表
令和4年11月22日

立派な菊が展示されています

現在、総合教育研究所のロビーに立派な菊が展示されています。
こちらの菊は水戸市立第一中学校の生徒が丹精込めて栽培したものです。
水やりひとつとっても工夫が必要で、毎日水の量を調整したり、根本にしっかりといきわたるよう丁寧に育て上げてきたことが、添えられた展示物からもよく分かります。
展示は11月14日(月)まで行っています。総合教育研究所にお越しの際は、是非ご鑑賞ください。

DSC00833 DSC00832
DSC00831 DSC00836
DSC00834
令和4年11月10日

令和4年度新規採用教員〔初任者〕研修講座(第9回)を実施しました

 10月12日(水)に「初任研(第9回)(小学校)特別支援学校での実地研修」を実施しました。今回は,新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から,初任者は総研から,水戸飯富特別支援学校とオンラインでつながり,研修しました。
 水戸飯富特別支援学校には260名を超える児童生徒が在籍しており,それぞれ小学部,中学部,高等部に分かれています。各学部の日課には,1人1人の児童生徒を大切にした特色ある授業が設定されており,それらの授業を多くの先生方が支えています。今回は,授業参観の機会はありませんでしたが,生徒による学校紹介動画を拝見し,生徒が明るく,楽しく学校で学んでいる様子を見ることができました。
 特別支援教育コーディネーターである藁谷先生の講義では,発達障がいをもった児童生徒の状況を体験するワークショップを実施していただきました。同時に聞こえてくる3つの言葉を聞き分けたり,姿勢を正した状態で床から足を上げ,机から手や腕を離した状態で文字を書いたりと,初任者の先生方は,発達障がいをもった児童生徒の困り感を体験しました。藁谷先生からいただいた「どんな対応をしたとしても正解はなく,また近道もないが,その児童生徒に応じた対応をすることが,社会的職業的自立を目指していく上ではとても大切なことである。」というお話が印象的でした。  
 その後,指導に困難を感じる児童生徒にどのように対応すればよいか,初任者同士の意見交換が行われました。特別支援教育を,自分とは遠いものとして認識していた初任者からは,「自分の学級でも活用できる手立てが多くあった。」や「少し視点を変えて,視覚的な手立てをやってみよう。」,「環境づくりの大切さがよくわかった。」など,具体的な意見が出されていました。
研修1研修2
研修3研修4
 
令和4年11月9日

令和4年度3年次研修講座を実施しました

 9月16日(金)に,採用3年目の教員を対象に,社会貢献について理解を深める研修を実施しました。
 今回は,神戸学院大学現代社会学部社会防災学科の前林清和先生を講師としてお招きし,市民の歴史,ボランティアの定義や本質,市民意識とボランティア教育などの体系的な考え方,学校教育との関わりなど幅広くお話しいただきました。また,各受講者の自己実現傾向を図るアンケートを行いました。地域での社会貢献活動について更なる理解を深めるため,SDGsをテーマにワークショップを行いました。受講者は,グループに分かれSDGsの17ゴールの中から一つ選び,各分野でどのようなボランティア活動を実施するのかを検討しました。学校周辺の美化や海岸でのゴミ拾い,防災といった活動のアイデアが出されていました。
 後半は,特定非営利活動法人ひと・まちネットワークの池田馨理事長から,放課後学校の運営,学習支援事業,子ども大学の企画運営といった県内で実施している生涯学習・社会教育活動の具体的な内容をお話しいただきました。スタッフの多くは教職員OBで,長年の経験や知見を生かして社会貢献活動に力を注いでいます。多くの市町村や学校と連携して活動を展開しており,関係機関との連携は子どもたちの教育効果が大きいとのお話がありました。
 実際に社会貢献活動されている方々のお話を聞いて,「ボランティアの見方や考え方が180度変わった。」,「ボランティア教育は公共性を学ばす一つの方法である。」など,視野が広くなったという感想や,「SDGsのワークショップを通して,子どもたちが自分事として捉える手立てと時間をつくっていきたい。」という前向きな声が多く聞かれました。
 
<研修概要>
日時:令和4年9月16日(金)13:30~16:30
対象者:新規採用教員[3年次]
テーマ1:「社会貢献(ボランティア)についての理解」
講師:神戸学院大学 現代社会学部社会防災学科 教授 前林 清和
テーマ2「地域社会貢献について」
講師:特定非営利活動法人ひと・まちネットワーク 理事長 池田 馨
 
ワークショップ01ワークショップ02
講義01講義02
令和4年10月6日

令和4年新規採用教員〔初任者〕研修講座(第8回)を実施しました

 9月15日(木)に新規採用教員〔初任者〕研修講座(第8回)を実施いたしました。対面での研修は久しぶりの再開です。受講する初任者は,最初こそ緊張感が見られましたが,教科別(国語,算数・数学,理科,社会,外国語(英語))に分かれてのグループワークでは,緊張感もとれ,活発な意見交換が行われました。
 今回の研修のねらいは,児童生徒の学力を向上させるため,授業を実践する力の向上です。初任者は,教科の特性に応じた指導案を作成し,内容を検討しました。検討に際して,児童生徒の発達段階や個に応じた学習の進め方,課題からまとめまで一貫性をもった授業になっているかなど,授業づくりにおける新たな視点を通して自分の学びを深めることができました。事後アンケートには,今回の研修を通して,自分の学習指導における改善すべきポイントが明確になり,早速実践していきたいとの感想が見られました。
 課題解決の糸口を見いだせた初任者の先生方には,さらに試行錯誤を繰り返し,子どもたちが自ら楽しく学び,学力が向上する授業を実践できるよう期待しております。
 英語国語
算数・数学社会科
理科
令和4年10月6日

教育相談室と「うめの香ひろば」のパンフレットが新しくなりました

総合教育研究所で行っている教育相談と,児童生徒の支援の場として,同じく総合教育研究所内で開設されている「うめの香ひろば」のパンフレットが新しくなりました。

水戸市の教育相談に関する情報の他,施設内の写真なども掲載しております。

パンフレットのリニューアルを機会に,児童生徒の皆さんや保護者の方々だけではなく,広く市民の皆様にも,こうしたサポートのことを知っていただきたいと考えています。

教育相談室と適応指導教室うめの香ひろば 総合案内パンフレット
PDF(教育相談室と適応指導教室うめの香ひろば 総合案内パンフレット)
令和4年10月4日

第3回防災リーダー研修会を開催しました

8月23日(火)に千波市民センターで,3回目の防災リーダー研修会を開催しました。
1回目は東日本大震災の被災地である陸前高田市の「マルゴト陸前高田」とのオンライン学習,2回目は水戸市の防災への取組みについて学習をしてきました。今回は避難所運営を体験するということで,2回目に引き続き水戸市の防災・危機管理課に御協力いただきながら,避難用テントや段ボールベッドの設置,避難者の受け入れ業務や食事の準備などを行いました。子どもたちはお互いに声を掛け合いながら協力して活動し,その都度驚きや新しい発見をしながら,楽しく防災への意識を高めることができました。
今後,防災リーダー研修会を通して学んだことや感じたことを,各中学校で伝えていく予定です。今回のような体験学習をすることで,生徒1人1人の防災意識を高めるとともに,学校全体の防災意識をさらに高めていってほしいと思います。
研修1 研修2