色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
Since
Monthly 00000027

ブログ

「学習ガイド」活用研究部より

平成29年度から令和元年度までの3年間,内原中学校区では,水戸市の研究指定を受け,小中一貫教育に関する研究を行ってきました。4つの研究部に分かれて研究を進めてきましたが,今回は,「学習ガイド」活用研究部のこれまでの取組について,ご紹介します。
 
1内原中学校区小中一貫教育「学習ガイド」の作成と活用
「学習準備」,「授業のあいさつ」,「聞き方・話し方・書き方」,「家庭学習」の4つの内容について,発達段階をふまえた約束事を決め,指導してきました。
また,この中から,月ごとに重点目標を設定し,学級に掲示できるようなカードを,「学習ガイド通信」として作成しました。

 
2「学習に関するアンケート」の実施
「学習ガイド通信」の成果と課題を確認すると同時に,児童生徒が自分自身を振り返ることができるように,自己評価表を作成して実施しました。



3「学習指示マーク」の活用
(1) 学習形態の指示……「ペア」「グループ」など,学習形態を指示するときに使います。


   (2) 学習方法の指示……「見る」「聞く」「書く」「伝える」など,学習方法を指示するときに使います。

 
 
平成32年9月25日

キャリアパスポート

内原中学校区の三つの小学校(妻里,鯉淵,内原)と内原中学校は
今年度の小中一貫校としての取組として,5月にキャリア教育の
キャリアパスポートについて研修会を開きました。

DSC01317DSC01316

「キャリア・パスポート」とは,児童生徒が,小学校から高等学校
までのキャリア教育に関わる諸 活動について,特別活動の学級活動及び
ホームルーム活動を中心として,各教科等と往還し,自らの学習状況や
キャリア形成を見通したり振り返ったりしながら,自身の変容や成長を
自己評価できるようにしたものです。

キャリアパスポートは,学校だけでなく,家庭や地域の方々のアドバイスも
大切です。子どもたちとの対話の中で,自己実現を図ることができるよう
このパスポートを活用していきたいと思います。
無題
平成32年6月30日