▼色合いの変更 標準12|3|
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく

行事カレンダー

27
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
Since 00174575
Monthly 00001282
放射線測定結果(校庭南 地上50センチメートル付近)12/6(水)の放射線量は0.07マイクロシーベルト/時間でした。

ブログ

エアコン稼働開始しました

 12月7日(水)7月から教室内エアコン設置工事を行っていましたが,本日より稼働を開始しました。思ったより短時間で教室全体があたたかくなり,子どもたちからも「あたたかい。」と評判も上々です。職員室からも集中管理が可能で,どのクラスで使用しているかが一目でわかるようになっています。

 

 教室環境がまたひとつ整備され,気温に左右されることなく一定の室温を保つことができるようになりました。工事をしてくださった業者の皆様,そして水戸市教育委員会の皆様,お世話になりありがとうございました。

 

 1  2
 3  4
平成28年12月7日

わたしたちの郷土研究発表会・表彰式

 11月22日(火)水戸市総合教育研究所で,第36回児童生徒による「わたしたちの郷土」研究発表会並びに表彰式が行われました。これは,子どもたちが夏休みなどを利用して,水戸市や茨城県の歴史や文化などに関する研究調査を行ったものを審査して,優秀なものを表彰するというものです。

 

 当日は水戸市長をはじめ,たくさんの来賓をお迎えして盛大に開催されました。本校からは,5年田村 優月さん「水戸藩 村松茂清~円周率をより正確に求めた和算家~」が市長賞,2年田村 維吹さん「ぼくたちのホーリーホック」が教育長賞を受賞しました。田村 優月さんは入賞者を代表してプレゼンテーションを行いました。江戸時代に弘道館で村松茂清が和算を研究して,すでに今の円周率とほとんど変わらない計算ができていたことを発表しました。聞いていた人たちから驚きの声が上がりました。この日の様子は,茨城新聞にも掲載されました。

 

 「今の時代は地球規模で考えるグローバルな時代だと言われていますが,わたしたちの郷土にどんな歴史があり,どんな文化を大切にしているかを外国の人にアピールすることが大切である」と水戸市長のあいさつにもありました。英語を使って外国に発信することと,自分たちの郷土について深く理解して大切にしてくことは,両方ともバランスをとりながら大切にしていかなければならないと思いました。

 

 1  2
 3

 

 

 

 

 

 

平成28年12月7日

3年生が納豆工場を見学に行きました

 12月2日(金)3年生の子どもたちが天狗納豆の工場見学に行ってきました。天狗納豆は明治22年に笹島清左衛門によって製品化され,当時の水戸駅で「おみやげ」として販売されました。その味が高く評価され,全国にその評判が広まったそうです。
 
 子どもたちは天狗納豆の展示コーナーで納豆についての調べ学習をして,天狗納豆の方から納豆の作り方や工夫点,そして納豆工場の中を案内してくださいました。日ごろの探検学習で身につけたメモすることや,会社の方に質問することが役立っていました。
 
 これから子どもたちが天狗納豆で見たり聞いたり調べたことは,一つのレポートとしてまとめられていきます。初めて知ったり,聞いたこと,感じたことなどを文章にまとめていくことは,思考力や表現力を育てるのに最適な活動です。
 
 地元の大切な名産品「納豆」を自分の目で見て感じるいい機会となりました。天狗納豆のみなさま,大変お世話になりありがとうございました。
 1  2
 3  4
 5  6
平成28年12月2日

緑岡小中学校小中一貫研究発表会

 12月1日(木) 緑岡小・中学校は,平成26年度から小中一貫教育に関する研究を続けてきました。本日はその成果を発表するために,午前中は小学校が6クラス,午後は中学校が4クラスで授業を公開しました。市内からは30名以上の先生方や,水戸市総合教育研究所の小野所長をはじめたくさんの指導主事の先生方に授業を見ていただきました。水戸市教育委員会教育長の本多先生も来校してくださいました。すべての授業が終わってから研究協議を行い,岡村指導主事から講評をいただきました。

 

 1  2
 3  4
 6  5

 4 1
 

 これからの時代は,義務教育の9年間をひとつのまとまりとしてとらえる小中一貫教育が当たり前の時代になっていくと思われます。本校が3年間取り組んできた,小中学校の先生方が一緒になって研修したり,授業改善のために話し合ったりすることを この研究で終わらせるのではなく,今後も継続して実践していき,「自分をみつめ 他とかかわりあいながら 自己実現を目指す緑岡の子の育成」に取り組んでいきたいと思っています。

 

 

 1  2
 3  4

 

  この研究を支えてくださった水戸市総合教育研究所の先生方には大変お世話になりました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

平成28年12月1日

明日の学校公開,お待ちしています

 明日の学校公開では,お世話になります。みなさまのお越しをお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。

 1

 

平成28年11月25日

いじめゼロフォーラム

 11月24日(木)児童会の運営委員会が計画した「いじめゼロフォーラム」が,本校体育館で開かれました。児童が,学級でいじめ防止のスローガンを考え,児童一人一人が真剣にいじめ撲滅について考えられるようにこのフォーラムを企画しました。 スローガンは「いじめダメ みんなの勇気でたちむかえ」でした。
 
 1  2
 3

   1年から6年の各クラスの代表がステージに上がって,自分たちの各クラスのいじめ防止のためのスローガンを発表しました。

 

 1  2
 3  4
 5  6

 スローガンの発表にあとは,5年と6年の運営委員による,いじめに関するリアルな寸劇が上演されました。2つの劇とも,いじめを発見した友だちがいじめを解決させ,加害者も被害者も和解するという内容でした。いじめを許さない周りの雰囲気でいじめが解決されることを全校で共有することができました。

 1  2
 3  4
 5  6
 9
 

劇に出演した子どもたちからのコメント発表と校長先生のお話で会を締めくくりました。

 

<演技をした子どもたちのコメント>

 いじめている役は自分でも嫌な気持ちにもなるし,毎回練習の時にいじめられる人に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。いじめているというのはすごくいけないことが自分でも感じました。みなさんも友だちと仲良くして,いじめのないことがあたりまえにしてください。

 

 私は,いじめられている人を助ける役を演じて感じたことは,いじめられているを見たらすぐに助けてあげることが大切だと思いました。いじめられている人はみんなが知らない間に仲間外れにされたり,いやがらせをされているので,とても苦しい思いをしています。1秒でも早く苦しい思いをやめさせるためには,勇気を出していじめている人に「やめなよ。」ということがとても大切です。なので,今後いじめられている人がいたらすぐに助けてあげようと思いました。

 

 

平成28年11月25日

朝の読み聞かせ

  11月17日(木)各教室でPTA研修委員と学校ボランティアの皆様による「読み聞かせ」がありました。これから変化の激しい時代を迎えようとしていますが,本やウェブなどから情報を自分から進んで取り入れていくことはますます大切になってきます。

 

 本を読む子どもに育てていくには,大人と子どもが本を読むことの楽しさを共有することが大切だと言われています。そういった意味では,研修委員会からさらにボランティアの皆さまへと,読み聞かせ活動のすそ野が広がっていくことは,学校としてもとてもありがたいことです。読み聞かせで,ゆったりとした気持ちで朝のスタートをきることができました。

 

 研修委員,そして,ボランティアの皆様,お世話になりました。ご協力に感謝しています。もし,読み聞かせに参加希望の方がいらっしゃいましたら,西野教頭までお電話ください。

 

 1  2
 3  4
 5  6
 7  8
 9

 

 

平成28年11月18日

計画訪問指導がありました その3

 分科会のあとは,会議室に全員が集まっての全体会でした。指導主事の先生方を代表して緑岡小中学校担当の岡村直之先生がご指導くださいました。岡村先生は,本校の良さを指摘しながら,授業などの写真をパワーポイントにまとめて,今後の授業や学校の取り組みに関する貴重なお話をしてくださいました。

 

 外部の先生の目を通してのお話から,自分たちでは気が付かない視点や気づきをいただきました。職員一同,明日からまた頑張っていこうという気持ちになりました。早朝から夕方まで,水戸市総合教育研究所の先生方には温かなご指導ご助言をいただきまして,本当にありがとうございました。

 

 1  2
 3  4
 5  6
平成28年11月15日

計画訪問指導がありました その2

 計画訪問指導の午後は,先生方が5つの分科会に分かれて今日の授業についての振り返りをしました。緑岡小中学校担当の指導主事の岡村直之先生をはじめ5人の指導主事の先生方から,授業力をさらに向上させるための具体的なアドバイスをいただきました。

 

 1  2
 3  4
 5
平成28年11月15日

計画訪問指導がありました その1

 11月15日(火)水戸市総合教育研究所の小川佐栄子副所長をはじめ,5名の指導主事(先生の先生)をお呼びして計画訪問指導を行いました。これは一年に一度,先生方の授業の力をさらにアップさせるために行うもので,2・3・4校時にすべての学級で研究授業を公開しました。

 

 1  2
 3  4
 5  6

 近隣の小中学校からも先生方が来てくださって,本校の授業を見ていただきました。先生方もお互いに授業を見合うことで,さらに良い授業を目指しています。参観をありがとうございました。なんといっても授業を受けている子どもたちが,授業に対してどう思ったかがとても大切です。今年度も本校は小グループに分かれて,自分の考えを述べあって学びを深めていく「学び合い」の授業に取り組んでます。

 

 1  2
 3  4

 学び合いは教室だけではなく,運動場の体育の授業でも展開されていました。1000m走の200mごとの目標タイムを計りあい,励まし合う授業もありました。学び合いはいろいろな教科や領域にも広がりを見せています。

 

 1  2

 

平成28年11月15日
更新日2016/12/07 14:30