▼色合いの変更 標準12|3|
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく
ようこそ渡里小学校ホームページへ! ~わたしが あなたが みんなで つくる学校~

ブログ

給食集会が行われました!

 1  1
 1  1
 1  1  1
 1  1  1
 1  1
 1
◆1月18日(水) 給食委員の企画・運営により「給食集会」が行われました。1月24日~1月30日は学校給食週間です。学校給食の意義や役割,マナーなどを学びながら,食生活への関心や給食に関わる人々への感謝の気持ちを高めることがねらいです。給食集会では,給食委員の5・6年生がアンケート結果を発表してくれたり,好き嫌いをするとどのようなことが体に起こるかを劇とクイズで分かりやすく教えてくれたりしました。また,調理員さんにインタビューをすると,今日の肉じゃがで使ったじゃがいもはなんと約300個もあり,一つ一つ水で洗って皮をむき,食べやすい大きさを考えて丁寧に切ってくれたということが分かり,子どもたちはとても驚いた様子でした。調理に使う大きな道具も実際に見せて紹介してくれました。最後に,調理員さんへ手紙をプレゼントして感謝の気持ちを伝えました。「大変なことはいろいろあるけれど,みんなが『おいしいおいしい』って喜んで給食を食べてくれるようにがんばっています。これからもいっぱい給食を食べて元気でいてくださいね。」と子どもたちに笑顔で話してくれた調理員さんたち。いつも本当にありがとうございます。これからも渡里小のおいしい給食をよろしくお願いします。
平成29年1月18日

なわとびの練習をがんばっています!

 1  1
 1  1
 1  1  1  1
 ◆1月17日(火) 今日は,業間運動でなわとびの練習をがんばる子どもたちの様子をお伝えします。今日から始まった3学期の業間運動ですが,火曜日は個人で短なわとび,木曜日はクラスみんなで長なわで8の字とびになります。はじめは「寒い!」と背中を丸くして縮こまりながら外に出てきた子どもたちでしたが,業間運動の音楽が流れると一斉になわをとび始めました。前とびの練習をがんばる子や難しい技に挑戦する子,友だちに教わる子や教えてあげる子・・・みんな時間いっぱいまで夢中で跳び続け,業間運動の時間が終わるころには「暑い!」「汗かいた!」と元気いっぱいの様子でした。どうしてなわとびをするのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが,実はなわとびはさまざまなスポーツの基礎となる動きを学べる運動なのです。跳躍力・持久力・リズム感・敏捷性・・・など,あらゆるスポーツにおいて必要とされる体の使い方を,なわとびの一連の動作で効率よく習得できます。そしてなわとびは,一人でも大勢でも遊べる楽しいスポーツでもあります。ぜひ大人もお子さんと一緒になわとびを楽しんでみてください。体がぽかぽかに温まりますよ。
平成29年1月17日

書き初め会を行いました!(6年生)

 1
 1  1  1
 1  1  1
 1  1  1
 1  1  1
 1  1  1  1
 1  1  1  1
 1  1
 1  1
◆1月16日(月)
 6年生が小学校生活最後の書き初め会を行いました。気温が低く寒い体育館でしたが,子どもたちの気持ちは熱く,筆を運ぶ表情は真剣そのもの。春の海のBGMが流れる中,気持ちを集中させて取り組んでいました。お手本をよく見ながら,課題である「新たな決意」の5文字のバランスを上手に取り,一筆ずつ丁寧に書いていきました。6年生と一緒に過ごす小学校生活もあと44日(登校する日)です。一日一日を大切に過ごし,渡里っ子としての小学校生活を楽しく充実したものにしてほしいと願っています。
平成29年1月16日

季節の飾り紹介(1月)

 1  1
 1  1
 1  1  1
 1  1
◆1月16日(月) 1月の校内飾りを紹介します。1月も半分が過ぎました。今週1月20日には,二十四節気での「大寒」を迎えます。大寒の頃は,冬の寒さが厳しくなって,1年のうちで最も寒い時期とされています。気象学の統計でも,大寒から立春あたりまでが最低気温のことが多く,最も寒いと言われています。寒い日が続いていますが,子どもたちは元気いっぱい!毎日張り切って学習に取り組み,休み時間には,外で元気になわとびをしたり鬼ごっこをしたりして遊んでいます。
平成29年1月16日

5年社会科出前授業

 1  2
 4  3
◆1月13日(金) 本日,5年生は社会科『情報化した社会とわたしたちの生活』の授業を,JR東日本水戸支社の方々をお招きして行いました。実際の「Suica」カードと情報読み取り機や紙の切符を使って,二つの情報量の違いを知り,「Suica」カードのよさを客の立場からや鉄道会社の立場から考える場面がありました。児童の皆さんは,真剣に考え,班の中で自分の考えと比べながら友達の話に耳を傾ける姿が見られました。さらに,紙の切符から「Suica」カードに切り替わって,社会としてよい面として,「紙の消費を減らすことは,資源を守ることになる。」という発言も聞かれました。今回の学習で,鉄道会社は,ただ人やものを運ぶだけでなく,情報ネットワークを活用して利用者がより快適に利用できるよう,さらに,世の中全体のことを考えながら仕事をしていることを理解したと思います。世の中の動きと自分たちの生活が繋がっていたことに気付いた瞬間でもありました。
平成29年1月13日

今日から3学期が始まりました!

 1  1

 1  1  1
 1  1
 1  1

◆1月6日(金) 冬休みが終わり,今日から3学期が始まりました。とても寒い朝でしたが,PTAの立哨当番の方や五八五八会の皆さん,市防犯連絡員協議会の皆さんとあいさつをしながら,子どもたちは元気に安全に登校することができました。始業式は,とても落ち着いた雰囲気の中で行われ,また,子どもたちが始業式に臨む態度も始めから終わりまで大変立派でした。2名の代表児童の作文発表では,新年に頑張りたいことを堂々と発表してくれました。校長先生からは,「夢や希望をもって生活しましょう。ただし夢や希望を実現させるためには,次の三つのことが大切です。1.学べることに感謝の気持ちをもつこと 2.小さな目標を大切にすること 3.あいさつを大切にすること これらを日々意識して努力することで少しずつ少しずつ夢や希望に近づいていきます。渡里小みんなで力を合わせてがんばり,素晴らしい3学期にしていきましょう。」というお話がありました。「1月は行く」,「2月は逃げる」,「3月は去る」と言われるぐらい,3学期はあっという間に終わってしまいますが,節目となる行事がたくさんある大切な成長の学期でもあります。子どもたちにとって3学期も学校生活が充実し,笑顔が輝くように職員一丸となって努力していきます。ご家庭でもお子さんの3学期の目標を話題にし,温かく励ましていただきますようお願いいたします。

平成29年1月6日

第2学期の終業式が行われました。

 1  1
 1  1
 1  1  1  1
◆12月26日(月)
 2学期の終業式が行われました。終業式では,二人の代表児童が2学期にがんばったことや学んだことを堂々と発表してくれました。作文を発表してくれた代表児童だけではなく,学習も運動も行事も何事においても全力で取り組んだ渡里っ子たちみんなにとって,楽しい思い出や充実感でいっぱいの2学期になったことと思います。校長先生からのお話では,「安全に気をつけて冬休みを過ごしてください。そして,年末年始の行事には一つ一つに大切な意味が込められています。行事の意味を知り,一日一日を大切に過ごしてください。冬休みも引き続き気持ちのよいあいさつをしましょう。」というお話がありました。また,今日はたくさんの表彰も行われました。絵画や作文,ものづくりや書道,陸上,サッカーなどの表彰でなんと110名の児童が表彰されました。日頃のがんばりが表彰という形で認められて,とても嬉しそうでした。
いよいよ明日から冬休みです。保護者の皆様には2学期中,多くの教育活動にご協力・ご支援をいただき心より感謝申し上げます。冬休み中もお子さまが安全に健康に生活することができるように引き続きご協力・ご支援をよろしくお願いいたします。
平成28年12月26日

大豆の収穫をしました!しかし…(3年生)

 1  1
 1  1
 1  1
◆12月20日(火) 3年生が大豆の収穫をしました。6月に大豆の種をまき,草取りをしたり観察をしたりして,3年生は収穫の日をずっと楽しみにしていました。インストラクターの大槻さんや,JAの指導員 神野さんは,春の種まきの時から「大豆の先生」として3年生に大豆の作り方や歴史など様々なことを丁寧に教えてくださいました。収穫前は「きっとふくろにいっぱい収穫できるだろう。」「大豆が重くても学校までがんばって運ぼうね。」なんてうきうき気分で話していた子どもたちでしたが,いざ収穫をはじめるとあちこちから「あれ?」「おかしいな」「実に種が入ってない・・・」という声が聞こえてきました。そうです。今年の天候は,夏の雨が降らず,しかも秋の雨が長かったため,うまく大豆が育たなかったのです。その年の天候によっては全く収穫できない年もあるということや,反対に,天候が大豆の生長と合えばたくさん収穫できることなど,天候と収穫量の関係を大槻さんや神野さんに教えてもらった子どもたち。「種をまけば収穫できるのかと思っていた。」「その年の気候によって収穫できないこともあるんだね。」「大豆農家の人は,こんな年はどうするのだろう。」「だから自然の恵みっていうのか。」と,子どもたちの考えは大きく変わりました。大豆の収穫量は少なかったけれど,とても大切なことを体験を通して学んだ3年生たちでした。
平成28年12月20日

卒業アルバムの写真撮影が進んでいます。(6年生)

 1
 1  1
 1  1
 1  1
 1  1
 1  1  1
◆12月20日(火) 6年生が卒業アルバム作成に向けて写真屋さんに写真を撮ってもらっている様子です。今日は,クラブ写真や委員会写真,授業風景やクラス写真,学年写真などを撮影しました。カメラを向けられるとちょっと照れくさそうでしたが,友達と笑い合ったりポーズを決めたりと,とても楽しそうでした。卒業アルバムの完成が今から楽しみです。
平成28年12月20日

算数の研究授業が行われました(1年3組)

 1  1
 1  1
 1  1  1
 1  1
 1  1
 1  1  1
12月19日(月) 今日の5校時に,1年3組で算数の研究授業が行われました。講師には,茨城県水戸教育事務所 指導主事 飯村高志先生と,小美玉市立教育委員会 指導主事 佐藤雅記先生をお迎えしました。今日の算数では,いろいろな形の箱を形や動きに着目して2つの仲間に分ける学習をしました。同じ分け方でも児童によって分ける観点が違うという思考のズレから始まり,友達同士で活発な話し合いを通して,自分とは異なる考えがあることや分け方には様々な観点があることに気付いていきました。子どもたちはとても学習に意欲的で「分け方は同じなのに,分ける理由が違うね。」「転がる・転がらないっていう分け方もあるんだね。」「それって立たない・立つってことと同じだよね。」など分け方の理由を楽しそうに説明し合ったり,確認し合ったりする姿があちこちで見られました。立体に触れる活動の中で「四角い箱にはかど(頂点)がある。」ということを発見した子もいました。「サイコロの形は,どこから見ても(どの面も)同じ四角に見える。」ということを発表してみんなに知らせた子もいました。中庭先生が子どものつぶやきを上手につなげて授業は展開され,子どもたちの学びはどんどん深まっていきました。今日授業を参観してくださった先生方からいただいたご意見をもとに,渡里小ではさらによりよい授業づくりを進めていきたいと思います。飯村先生,佐藤先生をはじめ,授業を参観してくださったたくさんの先生方,本日はありがとうございました。

平成28年12月19日
更新日2017/01/20 08:41