Since
Monthly 00001801

行事カレンダー

2019年5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

ブログ

【2年 船中泊5日目 No.5】船中泊を伴う自然教室 到着

 常磐自動車道、日立市内最後のトンネルを抜け、日立南太田インター付近まで来ると、関東平野が広がる景色になりました。
 生徒たちの中に、「この景色、見たことある!」との声があり、いよいよわが家が近付いて来ていることを感じ、車内は明るい声が広がっています。

 長かった旅も終わりを告げようとしています。ちょぴりそうな表情と家に帰れる安堵の表情が入り交じっています。

 那珂インターを過ぎ、水戸に入りました。
 水戸北インター付近に来たさいに、向かって左側にホームセンターの灯りが見えると、「あっ!あの店、見たことある!」との声。

 水戸インターを降りる際には、バスからの車窓に映る景色は、見たことあるものばかり。車内には高揚した雰囲気が漂っています。
 各バス内で、帰りの会を行いました。
 クラス代表から、仙台駅まで迎えに来てくださったバスの運転手さんと、5日間にわたり私たちが安全で無事に帰れることに尽力してくださったり函館の宿や新幹線のチケットを手配してくださった添乗員さんへお礼を延べ、全員であいさつをしました。担任からは生徒たちへ、金曜日の確認、振替休業日の過ごし方を伝えました。

 赤塚駅前付近を過ぎ、いよいよ一中学区内へ。
 車窓から外を見つめる生徒がほとんどでした。
 一中前の信号を曲がると、そこに見えたのは保護者の車を誘導している先生方が振る誘導棒の灯りだけが見え、車内に歓声が上がりました。
CIMG1427 CIMG1441

 バス降りて体育館へ向かうと、迎えに来てくださった保護者に迎えていただきました。
IMG_2216 IMG_2221
IMG_2217 IMG_2212
 無事に全員が保護者の方と帰宅することができました。

穏やかフェリーでの船旅に始まり、予想外の羊ヶ丘展望台の大混雑、楽しんだ旭山動物園と富良野でのラフティング、小樽市内での体験活動と班別行動、クラス別行動・・・そして誰もが未経験のフェリー欠航。急遽、函館での宿泊。陸路で、仙台へ向かい、水戸への帰還。
 悪天候により、急な変更があり、保護者の方々には大変ご心配をおかけしました。
 こうして、たぶん3000kmぐらいの移動距離があった、「翔風の仲間」の4泊5日の船中泊は終わりました。
 この経験をこれからの学校生活・・・いや、これからの人生にいかしていきましょう!! 完   (22:00)

 船中泊の更新は、モバイル機器からの投稿でしたので、誤字など見苦しい点があり申し訳ありませんでした。
令和元年5月21日

【2年 船中泊5日目 No.4】船中泊を伴う自然教室 いよいよ水戸へ

 ついに、常磐自動車道に入りました。
 茨城県に入りました。
 茨城県に入ったことを、車内で伝えると歓声が上がりました。

 あと少しで水戸です!

 常磐自動車道の中郷パーキングで、最後のトイレ休憩を取りました。

 いよいよ戻ってきました!
みんな、元気です!!
 茨城県です!!(20:00)
DSC_2202
令和元年5月21日

【2年 船中泊5日目 No.3】船中泊を伴う自然教室 仙台から水戸へ

 仙台駅で、北海道新幹線を下車しました。
 新幹線ホームに降りると、構内からバス乗り場まで、たくさんの駅員さんが案内誘導して下さいました。
 JR仙台駅職員の皆さま、本当にありがとうございました。

 茨城から迎えに来てくれた4台のバスに、クラス毎に乗車し、東北自動車道へ向かいました。

 本来の計画では、見ることのない仙台の街並みはとても新鮮でもあるし、本州に戻ってきた実感がわいてきて、生徒たちの顔には安堵の表情が増えて来ました。

 国見パーキングにてトイレ休憩をし、車内で添乗員さんが手配してくださったお弁当を食べています。
DSC_2200 DSC_2201

この後、東北自動車道から磐越自動車道を通り、常磐自動車道で水戸を目指します。(18:30)
令和元年5月21日

【2年 船中泊5日目 No.2】船中泊を伴う自然教室 北海道新幹線で仙台へ

 函館北斗駅より北海道新幹線はやぶさ号に乗り、仙台駅に向かっています。

 予定外の新幹線乗車。来年に行う修学旅行の予行の様になりました。

 生徒たちの中には、初めて新幹線に乗る生徒もいて、ワクワクした表情が多く見られます。

 新幹線の中では、一般のお客様の隣に座っている生徒もおり、いつもの教室に比べてとても静かに過ごしています。
 外国からのお客様に話しかけられ、学習してきた英語力で、一生懸命に会話している生徒もいました。

 車内で、添乗員さんが手配していただいたお弁当を食べることができました。

 この後、仙台駅で新幹線を下車し、バスで水戸を目指します。(15:00)
令和元年5月21日

【2年 船中泊5日目 No.1】船中泊を伴う自然教室 函館のホテル

 昨夜、宿泊させていただいたホテルですが、とても素晴らしい対応をしていただきました。
 朝食に、北海道限定の乳酸飲料「カツゲン」を出していただくなど、とても温かい対応をしていただきました。

 朝食後、荷造りをして一階のロビー前に全員が集合し、ホテルの従業員の方々へ実行委員長が生徒を代表して感謝のことばを延べ、全員であいさつをしました。
 
#2931712
【実行委員長からお礼のことば】
#2952192
【函館市内を観光】
 前夜の打ち合わせでは、添乗員さんやバスの運転手さん、ガイドさん、宿の方からご協力いただき、散策コースを計画していました。

 しかし、朝になってみると函館も予想より強い雨のため、バスの中から五稜郭や修道院などを見ました。雨が小降りになってから、函館港近くの赤レンガ倉庫を観光することもできました。

 ついに、北海道に別れを告げる時が来ました。
 函館北斗駅近くにバスが近付いた時です。偶然にも、北海道新幹線の車両が駅に入っていく姿が見えると、車内には歓声が起きました。
 バスを降りる前に、生徒代表からバスの運転手さんとガイドさんへお礼のことばがありました。「本当なら、3日間の行程が4日間になってしまい、運転手さんもガイドも私たちと共に函館まで来てくださり、予定に無い宿泊や市内観光の案内をしてくださいました。本当にありがとうございました。」

 道南交通の皆さま、本当にありがとうございました。

 函館北斗駅に着くと、今後の行程などを同行添乗員さんから連絡がありました。

 フェリーの欠航が決まり今後の行程がほぼ決まった時から、添乗員の方々は、3校合わせると、400人を越える人数の宿泊場所や帰る手段確保のために、ある方は新幹線のチケットの手配や交渉に青森まで向かい、ある方は函館市内の宿へ先乗りし部屋の確保や食事の確保、更には部屋割りまでを行って下さいました。本当にありがとうございました。

 さらに、函館北斗駅ではホームで駅長さんが私たちを迎えて下さり、生徒たちに温かな声かけをしてくださるなど、本当にありがとうございました。

 多くの人たちの手助けにより、無事に全員が北海道新幹線に乗車することができました。

 現在、函館北斗駅より北海道新幹線はやぶさ号は、仙台駅に向かっています。(14:00)
令和元年5月21日

【2年 船中泊4日目 No.3】船中泊を伴う自然教室 函館市へ移動

 クラス別行動を開始する直前に、同行の添乗員さんから「フェリー会社より、今夜から沖合いが荒れる予報となり、安全な航行ができないため、欠航となりました」と連絡が入りましたとの連絡がありました。

 クラス別行動は予定通り実施し、その間に今夜からの計画をたてるので、詳細についてはクラス別行動後に各号車で連絡をすることに決まりました。
 1組は千歳水族館。2組はメグミルク札幌工場見学。3組と4組は大倉山シャンツェと、各地での活動になるが連絡を取り合い行動しました。

 各校校長先生方、心配する保護者の方々への連絡対応をしてくれている一中の先生方、教育委員会、旅行会社をはじめとする関係機関との連絡調整で、21日中に戻るために、20日は函館に宿泊し北海道新幹線とバスを使って、水戸へ戻ることが決まりました。

 旅行会社の添乗員さん方は、3校分のホテルの手配やJRとの連絡交渉を行い、全員分の新幹線のチケットを準備していただきました。本当にありがとうございました。

 クラス別行動終了後に、それぞれの場所から函館市の「湯の花ホテル」へ移動を開始しました。札幌市内からは300km以上。いちばん近い千歳市からでも280kmほどの移動です。

 各車内では、担任から次の様に話をしました。
・この後の予定が変わります。本日から明日にかけて、悪天候の予報のために、沖合いは時化となりフェリーが欠航になりました。
・苫小牧港ではなく、バスは函館市を目指して移動します。
・今夜は函館市内のホテルに宿泊します。一般のお客様がいるなかに、入っていきます。一中生としての誇りある行動をしよう。
・事前に予定した行動ではないので、実行委員や班長、みんなで協力して行動しましょう。
・今、決まっているのは、函館から新幹線で本州へ移動すること。その後、バスで水戸へ戻ることです。
・みんなが安全で無事に、明日中に家に帰れる様に、多くの人たちが動いてくれています。計画は変わってしまったけど、船中泊の集大成として、みんなでこの事態を乗りきろう。
というような内容を伝えました。

 車内の生徒たちは、不安な様子を見せましたが、泊まる場所があること。食事もあること。そして、予定にはなかった温泉への入浴がてきることで、落ち着き、不安な表情は消え、笑顔も見られました。

 宿に着くと、宿の方々のご尽力で、食堂に温かな食事が用意されており、生徒たちはうれしそうに食べていました。

 その後、早く着いたクラスから大浴場で入浴し、班長会議を行いました。
 班長会議では、明日の予定の伝達が行われ、各班で連絡が行われました。

 急な変更や急な宿泊でしたが、道南交通のバスの運転手さんやガイドさん、湯の花ホテルの従業員の方々に、温かく対応していただき、生徒たちはゆっくりと休むことができました。本当にありがとうございました。(21:00)
令和元年5月20日

【2年 船中泊4日目 No.2】船中泊を伴う自然教室 クラス別行動

 小樽での班別活動は無事に終了しました。

 小樽市内各所で、水族館のバックヤードを見学したり、ガラス玉を制作したり、オルゴール、キャンドル制作など、事前に計画した体験活動を行うことができました。

 班ごとに、小樽名物に舌鼓をうち、集合時間に遅れることなく集まることができました。

 小樽を出発し、クラス別行動を実施しました。

 1組は、千歳水族館で鮭の稚魚を放流し、館内の見学を行っています。
 2組は、メグミルク札幌工場の見学をおこない。
 3組と4組は、大倉山シャンツェで札幌オリンピックでも使用したスキージャンプ台の上まで、リフトで登り札幌市内の景色を見たり、ジャンプ台麓にある資料館を見学したりしました。

 生徒たちは、普段見ることできない施設を見学し、楽しく元気に活動していました。(15:00)
1558332994752 1558332986088
DSC_2191 DSC_2192


 
令和元年5月20日

【2年 船中泊4日目 No.1】船中泊を伴う自然教室 小樽 班別活動

 小樽で班別活動を開始しました。

 事前に学校で計画し、体験活動の予約等も自分たちで行いました。小樽市内各所で、これから13時ぐらいまで活動を行います。(更新頑張ります)

 引率の先生方も、各場所にて活動を見守っています。

 小樽の朝は爽やかでしたが、少し風が強く、桜の花びらが散っていました。(9:00)
DSC_2180
【小樽運河】
DSC_2178
【桜の花びらが舞っています】
DSC_2185
【体験活動の様子】
DSC_2184
【体験活動の様子】
#2717440
【歴史的建造物】
#2599680
【クラス写真】
#2614016
【クラス写真】
#2625536
【クラス写真】
#2640640
【クラス写真】
#2705920
【体験活動の様子】


 
令和元年5月20日

【2年 船中泊3日目 No.5】船中泊を伴う自然教室 小樽 夕食

 予定通りの時間に、北海道での最終宿泊地 ホテルノルド小樽に到着しました。

 今夜の夕食は、ホテルの近くにある「小樽運河食堂」にてバイキング形式の夕食でした。

 昼間の旭山動物園や富良野自然体験活動で、お腹が空いていたのか、みんなたくさん食べていました。

 食事後、ガス灯が照らし出す小樽運河沿いをホテルまで移動し、各部屋で明日の準備をしています。

 明日の小樽は、曇りで気温は23℃との予報が出ています。小樽で班別活動を実施するので、良い天気となって欲しいものです。(21:00)
DSC_2162
【運河食堂での夕食】
DSC_2161
【運河食堂での夕食】
DSC_2163
【運河食堂での夕食】
DSC_2166
【ホテルの部屋からの眺め】


 
令和元年5月19日

【2年 船中泊3日目 No.4】船中泊を伴う自然教室 富良野 自然体験活動

 富良野、空知川でのラフティング体験活動を実施しました。

 始まる前には、どきどきして不安をうったえる生徒もいましたが、参加者全員が最後まで行うことができました。

 参加した生徒たちは、楽しげな表情を見せてくれました。(16:30)
DSC_2134 DSC_2138
DSC_2144 DSC_2142
DSC_2150 DSC_2153
DSC_2155 DSC_2157
DSC_2151 DSC_2156
DSC_2154 DSC_2152
DSC_2158 1558247989249
   




 
令和元年5月19日