このページの本文へ移動
Since
Monthly 00001247

行事カレンダー

2019年5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
トップ > 校内案内

校内案内

 

正門

正門2
千波中は平成3年4月の創立です。水戸市で市立の14番目の中学校として水戸二中から分離して開校しました。創立記念日は、11月22 日です。
 

昇降口

昇降口
2階まで吹き抜けの開放感のある昇降口です。
 

木のぬくもり

展示コーナー
開校以来の本校生徒の活躍を物語るトロフィ―などを展示しています。賞状は2階に展示しています。
本校は教室・廊下の腰板や昇降口の天井などに木材を使用しています。体育館の壁面も木でできています。温かなぬくもりを感じることができます。
開校当時は、ヒノキの芳香が生徒、職員、来校者を出迎えていました。
 

埋蔵文化財の展示コーナー

弥生時代遺跡
千波中の敷地は薬王院東遺跡の一部です。校舎建築に先駆けて、平成元年4月から8月に発掘調査が行われました。弥生時代後期の住居址10軒、奈良・平安時代の住居址34軒などが確認されました。さらに、土師器・須恵器など生活用具が出土しました。出土品の一部を展示しています。昇降口を入って右手にあります。

校歌の額

校歌の額
体育館の正面に飾られている校歌の額です。本校の校歌は、生徒の応募作品の中から歌詞が選ばれ、音楽科教諭が作曲しました。校歌制定員会が若干手を加えて出来上がりました。この額の文字は全部手作りです。創立当時の職員が、木工室で心を込めて一つ一つ作りました。
 

枝垂桜と桜・桜・桜…

枝垂桜DSC_0502桜2桜1桜3
正門を入ると昇降口前に枝垂桜があります。毎年きれいな花を咲かせ、みんなの目を楽しませてくれます。枝垂桜はソメイヨシノよりも開花の時期が遅いです。
 

自由と創造

自由と創造
校歌の一番の歌詞にある「自由と創造」の碑。第4回卒業生の記念品です。職員玄関を入るとすぐのところにあります。

校章の持つ意味

校章由来碑
本校の校章は、開校した年に、応募したデザインの中から決定しました。碑は第6回卒業生の記念品です。

 

公衆電話

公衆電話
職員室前にある公衆電話。本校生徒にとっては大事なものです。「もしもし、お母さん。○○忘れたの持ってきて…」
災害時にも活躍が期待されます。公衆電話の使い方を知らない若者が多いという昨今ですが、千波中生は大丈夫です!
 

先人の言葉

先人の言葉水戸市の教育課程には、先人の功績に学ぶ「水戸教学」があります。4月から毎月「先人の言葉」について学び、生活や生き方の指針にしています。
 

文部科学大臣表彰

平成30年10月25日、学校保健安全員会の実践、健康増進と体力向上の実践に対して、文部科学大臣から表彰されました。

 

全国健康づくり推進学校優秀賞受賞

日本学校保健会から日頃の健康づくりの活動が認められ,平成29年度健康づくり推進学校優秀校に選出されました。茨城県学校保健会からは最優秀賞を受賞しました。学校保健安全委員会の特色ある活動(生徒、地域の方の参加による拡大委員会の実施、生徒の主体低活動など)健康づくりのためのさまざまな取組が評価されました。
健康づくり楯

体力づくり奨励賞受賞

平成29年度体力テストのA+Bの割合,D+Eの割合の結果が認められ,茨城県教育委員会から体力づくり奨励賞を受賞しました。保健体育の授業の充実,冬場の全部活動一斉サーキットトレーニングなどの成果が表れたものです。今後も,生徒の体力向上に努めてまいります。
 

創意工夫育成功労学校受賞

創意工夫育成功労学校受賞  平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において,青少年の創意工夫の育成に顕著な貢献をしたと認められ,本校が受賞しました。
今までの千波湖の環境を守る取り組みや理科教育に対する取り組みが評価されたものです。今後も環境を守る取り組みや理科教育の充実に取り組んでいきたいと思います。(平成24年4月19日)
 

  


 

千波湖クリーン作戦

 千波湖クリーン作戦千波中学校ではボランティア活動にも力を入れています。毎年千波湖花火大会の翌日の早朝5時から,部活動単位で合計200名以上の生徒がゴミ拾いに参加し,地域の大人や小学生とともに清掃活動に取り組んでいます。

 

 

 


 

アンネのバラ

 アンネのバラアンネ・フランクの「平和への願い」を伝えるために植えられたバラです。今年初めて咲きました。ぜひ、千波中学校へ見に来てください(2010年5月18日)。

 

 

 

 

    


 

縦割り活動の充実

 縦割り活動の充実千波中学校では縦割り活動に力を入れ,先輩と後輩の交流を多く取り入れています。
千波中生の熱気あふれる体育祭(秋闘祭)では、縦割りで順位を競います。体育祭の中でも縦割り班ごとに発表するダンスが、毎年好評を得ています。
いじめ解決フォーラムでも縦割り班による話し合い活動を取り入れています。
    

 


 

体験学習発表コンクール

 体験学習発表コンクール千波湖の環境を守り隊のメンバー(3年生4名,2年生4名)が『きれいな千波湖を自分たちで守るために』をテーマにプレゼンテーションを行い,みごと県教育長賞を受賞しました。昨年度の審査員の先生方のアドバイスを生かしながら1年間取り組んできた活動が認められました。この研究は先輩から後輩へ引き継ぎながら今後も継続していきます。

 

 


 

 


掲載日 平成24年8月12日 更新日 平成31年4月19日
【アクセス数