このページの本文へ移動

行事カレンダー

2018年1月
31
2
3
4
6
8
14
16
20
21
27
28
1
2
3
トップ > 学校概要

学校概要

学校要覧

 

 PDF 学校要覧(表) (PDF 2.2MB) 

 

 PDF 学校要覧(中) (PDF 2.8MB)

  


 

教育目標

知的好奇心にあふれ,地域の『もの・人・こと』と

かかわって,『みんな・明るく・元気に・楽しい』学校・地域生活を創造できる子どもの育成

 

・ (めざす教師力)
<信頼される質の高い教師>
o教師としての強い情熱
o確かな力量
o総合的な人間力

 

・ (めざす児童像)
o健康で明るい子
o礼儀正しい上品な子
oよく考えて勉強する子
o思いやりのある親切な子
o根気強くやりぬく子

 

・(めざす学校・学年・学級経営力)
oやる気と意欲を持たせる学校経営
o実体験を大切にした互いに磨きあえる学年経営
o一人一人の児童理解に努め、かかわりあいを大切
にした学級経営

 

 PDF 浜田小学校コミュニティ・スクール(PDF 1.7MB) 

 


 

 学校組織目標


 学校組織目標〇直接体験を生かした生活科、社会科の授業作り
を通して「追究力・表現力・コミュニケーション
力」を向上させる。

 

〇学校運営協議会の機能的な運営により学校評価
を生かし、地域に信頼される学校づくりをする。 

 


 

努力事項と施策


(1)確かな学力の向上
☆地域人材・資源を活用し,生活科,社会科等を中
心とした学習の実践を通したPISA型学力の育

☆各教科,総合的な学習の時間,道徳,各領域の教
育目標実現にっなげるための構造化と教材づくり,
授業づくり,子どもの変容の看取りの3視点によ
る指導法の研究
☆学ぶ楽しさや成就感,驚きや感動などが実感でき
る学習展開の工夫と指導時間の確保
☆学習ボランティアを活用した教科指導,クラブ活
動等の実施
☆T・Tや少人数授業による個に応じた課題・補充・
発展的な学習展間による学力向上のための指導法
の工夫
☆地域調査に基づく総合的な学習の時間等における
地域の教材化
☆自己評価,相互評価,教師や保護者などの外部評
価を取り入れた指導の工夫・改善

 

(2)豊かな心の育成
☆「道徳」を中心に全教育活動を通した感動や価値
葛藤の表出の豊かな交流活動(体験的活動に基づ
く道徳の時間の工夫,朝の会・帰りの会,係・当番
活動,学級活動等との関連)
☆地域の人材を生かした,さまざまな人との出会い
と交流(生活科,社会科,総合的な学習の時間,
英会話活動,特別支援教育)
☆生活課題解決に向け,協力・共同して実現の過程
を共有できる行事の創造や課題の集団的解決能力
の育成(各特別活動における集団性とリーダーの
養成)

 

(3)健康な身体づくりと,健康安全教育の充実
☆「さわやかタイム」,「業間運動」等の実践によ
り積極的にスポーツに親しむ習慣・意欲・能力の
育成
☆心身の健康保持・増進・安全確保のための必要な
知識,習慣や生活を改善する力の育成(保健指導,
避難訓練等の充実)
☆強調週間設定(短期集中実施)による基本的生活
習慣の定着「早寝・早起き・朝ごはん運動(しっ
かりねむろうキャンペーン)」

 

(4)生徒指導の充実
☆「命の大切さ」の繰り返しの指導と啓発
☆月別生活目標の掲示と励行指導
☆児童に寄り添う教育相談を通しての悩み解消とき
め細かな児童理解に基づいた円滑な人間関係づく

☆長欠・いじめ対策委員会の運営と事例研修会の実

☆家庭・地域,関係諸機関との緊密なネットワーク
化の推進(小中連携強化による相互授業参観の実
施)

 

(5)校内研修の充実
☆主体的に生きる子どものよさや可能性を引き出す
ための授業研究に基づく校内研修の充実
☆学びのプロジェクトによる学習指導の検討
☆「地域理解や地域の教材化」のための研修と実践
(プロジェクト3[商店街・職人,歴史・自然,
子育て・交流・祭]による地域・専門家との連携)
☆各学期1回の生活科・社会科の校内授業研究会の
実施(授業力向上、話し合い活動の充実)

 

(6)まちづくりと学校
☆学習活動,行事等への地域ボランティアやコミュ
ニティ・ファミリー参加(各教科の学習,音楽集
会,読み聞かせ活動をはじめとする各種集会活動
等)
☆コミュニティ通信(「コミュスはまだ」)・学年
だより,インターネット等を媒体にした情報発信
☆「教育課題」実現に向けた幼稚園,保育園,公民
館,敬老会,子ども会,育成会等との連携
☆親父の会との連携,水戸三中との小中連携の強化

 


 

浜田小学校の歴史


沿革
明治
6.5蒼龍学校を根積町26番地に開校する。
6.7鈴木重任氏初代校長就任
6.11横山高堅氏第2代校長就任
6.12鍛成小学校を鍛冶町に分校として設置す
る。
7.9 蒼龍小学校を下市小学校と改める。
8.9楊春樹氏第3代校長就任
9.1石川勝元氏第4代校長就任
10.1横竹隈に校舎新築移転に分校を廃止する。
13.4石河幹明氏第5代校長就任
14.4高橋純氏第6代校長就任
17.5下市大火の際本校及び下市女学校類焼す
る。
18.5同地に校舎新築,下市女学校と合併する。
19.4学校令改正,下市尋常小学校と改称する。
19.6大森苗之介氏第7代校長就任
25.5小学校令改正,水戸市下市尋常小学校と
なる
30.5香取喜三郎氏第8代校長就任
32.6 鈴木剛臓氏第9代校長就任
33.4平沢四郎氏第10代校長就任
36.4堀江午之介氏第11代校長就任
43.3男女の分離,水戸市下市男子尋常小学校
及び女子小学校となる。
43.4渡辺末吉氏第12代校長就任
大正
4.12井上賢治氏第13代校長就任
5.7再び両校を合併し,水戸市下市尋常小学
校となる。
6.4井上春次郎氏第14代校長就任
13.11創立50周年記念式を挙行する。
13.11同記念事業として校歌を制定する(佐々
木信綱作詩,青柳善吾作曲)
14.12浜田に校舎新築,4年以上収容,3年以
下を竹隈に収容する。
15.6赤塚田三郎氏第15代校長就任
昭和
2.4浜田校に男子を収容し,水戸市浜田尋常
小学校となる。
3.4運動場1,200坪拡張する。
3.9講堂雨天体育場の増築完成する。
3.8大高亮太郎氏第16代校長就任
9.4学区制を施行し,男女共学となる。
11.2校地を拡張し,高等科を併置する。
12.2増築校舎完成する。
12.4学区を変更し,水戸市浜田尋常小学校と
なる。
13.9渡辺秀氏第17代校長就任
16.4国民学校令により水戸市浜田国民学校と
なる。
16.5文部大臣橋田邦彦氏ご青年学校視察に来
る。
16.9甲斐豊氏第18代校長就任
20.3稲葉高之氏第19代校長就任
20.8焼夷弾攻撃を受け講堂を残し,全校焼失
する。
21.3黒沢七郎氏第20加代校長就任
22.4学制改革により,水戸市立浜田小学校と
なる。
22.4水戸市立浜田小学校PTAが結成される。
(初代会長に野上常一郎氏就任)
23.5南校舎・西舎・給食室完成する。
24.4原田幹蔵氏第21代校長就任
25.12子ども銀行,知事・市長より表彰を受け
る。
26.4中央校舎竣工する。
27.2独立図書館,PTAにより竣工する。
27.5健康教育実験学校完結発表会を開催する。
27.11こども銀行,大蔵大臣より表彰を受ける。
28.4井戸方夫氏第22代校長就任
28.6北舎増築竣工する。
28.11創立80周年記念式典挙行する。
29.5特殊学級↓学級を設置する。
32.4川崎新一氏第23代校長就任
32.7PTA費より校舎内外の大補修工事を行
う。
33.4特殊学級中学部を併置する。
33.11給食室備品完成する(ボイラー・ミルク
釜・自動洗浄機等)
33.12講堂の補修工事完成する。
34.1学校給食について県よりほう賞を受ける。
35.3鉄骨新校舎竣工する。
36.3鉄骨新校舎1O教室・職員室・便所竣工
する。
36.4油川広氏第24代校長就任
36.11実験学校完結発表会を開催する。
(個人の能力に即した指導と特殊教育)
36.12校舎新築落成記念式挙行する。
37.3実験学校に対し,県より感謝状を受ける。
37.4水戸市特別実験地区(4ヵ年)の指定を受
ける(県都として望ましい教育課程の
調和的実践)
38.3舎新築落成記念特別委員会により,教材
施設,園庭の整備完了する。
38.11創立90周年記念式典挙行する。
39.4鈴木茂乃氏第25代校長就任
39.5特殊教育開設十周年記念式典挙行する。
40.6給食調理室竣工する。
40.12同記念式典挙行する。
41.4水戸市特別実験地区研究完結し,感謝状
を受ける。
41.3勝村立雄氏第26代校長就任
42.8学校プールが完成する。(約800万円)
42.10全国学校給食優良校として文部大臣賞を
受ける。
44.4文部省より道徳教育研究学校の指定を受
ける。
44.10交通トレーニングセンター完成する。
(約138万円)
45.4山田丑郎氏第27代校長就任
45.11道徳教育研究学校として研究発表会
(完結発表)を行う。
46.11学研賞を受ける。
47.4佐藤政男氏第28代校長就任
47.5大同窓会を結成する(初代会長立原
邦之介氏)
48.11創立100周年記念式典を挙行する。
49.3特殊学級中級中学部三中へ移転する。
49.4箕輪勇氏第29代校長就任
49.4浜田小学校手をつなぐ親の会結成する。
49.5浜田幼稚園改築により校地の一部縮小す
る。
50.5体育館改築完成する。
51.10日本PTA全国協議会会長から表彰を受
ける。
51.12総合体育遊具施設完成する。
52.4石田隆昭氏第30代校長就任
52.10浜田小子ども銀行文部大臣,大蔵大臣,
日本銀行総裁から表彰を受ける。
53.4防音校舎新築工事はじまる(4ヵ年計画)
53.11浜田小PTA文部大臣賞を受賞する。
54.1防音校舎第1期工事完了する。
54.5防音校舎第2期工事完了
54.10第19回茨城PTA母親文庫,知事より
表彰を受ける。
54.11防音校舎第3期工事完了,全児童新校舎
へ移転する。
55.4江幡正光氏第31代校長就任
56.4防音校舎第4期工事完了,特別室,給食
室,普通教室(2)できる。
56.12防音校舎改築竣工記念式典開催する。
57.3校歌碑建立する。
57.4理科観察園を設置する。
57.10子ども銀行,大蔵大臣,日本銀行総裁よ
り表彰を受ける。
58.4田尻史朗氏第32代校長就任
58.4理科飼育舎を設置する。
58.8学童水泳優良校として日本水泳連盟会長
より表彰される。
58.10全国小学校理科研究発表大会を行う。
60.4見目忠氏第33代校長就任
60.8第1回茨城県小学校バンドフェスティバ
ルに出場する。
61.3第9回86金管バンドフェスティバルに
出場する。
61.3「はまだのよい子」碑建立する。
61.3体育舎を設置する。
61.4浜田学区教育後援会を結成する。
61.4学級経営に関する研究協力校(2ヵ年間
)を受ける。
62.10花だんコンクールにて優秀賞を受ける。
63.2愛校日設定
63.2体育舎(石灰置場)を設置する。
63.3ボランティア活動普及事業協力校
(3ヵ年間)を受ける。
63.3学級経営に関する協力により感謝状を受
ける。
63.4堀川賢壽氏第34代校長就任
63.10子ども銀行大蔵大臣,日本銀行総裁より
表彰を受ける。
平成
元.3花壇整備(芝造成)
元.3プール管理棟改築
元.7第18回全国学級経営研究大会を受ける。
2.4砂場,鉄棒の整備
2.5危険物置場設置
2.11第18回全国学級経営研究大会で,全校
授業を公開する。
3.4園部三雄氏第35代校長就任
4.11浜田山(飼育舎),生活科設置完了
4.12ベルマーク400万点達成につき教育
設備助成会より表彰される。
5.2虫歯予防優良校につき県教育長より表彰
される。
5.4五島安文氏第36代校長就任
5.5グリーンフェア93いばらき参加
5.6初任者研修授業公開
5.10貯蓄推進功績優良子ども銀行表彰を大蔵
大臣より受ける。
5.11県青少年赤十字結成15周年記念T大会で
銀色有功賞を受ける。
5.12浜田小学校創立120周年記念式典を挙行
する。
6.11市家庭科授業公開をする。
6.11茨城県小学校バンドフェスティバル優良
賞を受ける。
7.1阪神大震災義援金を児置会,PTAで贈
る。
7.4和田洋子氏第37代校長就任
7.8TBS子ども音楽コンクール茨城地区
大会優秀賞を受ける。
7.10コンピュータ室完成
7.12交通安全運動によりPTAが交通安全
会長賞を受賞する。
8.4学習指導に関する市研究協力校(2年間)
8.8TBS子ども音楽コンクール茨城地区
大会優秀賞を受ける。
9.2プール循環濾過機交換
9.3ベルマーク500万点達成につき教育設備
助成会より表彰される。
9.4森島彰俊氏第38代校長就任
9.4スクールカウンセラー活用調査研究校
(9・10年の2年間文部省指定)
10.298全国小学校管楽器合奏フェステバル
東日本大会出場
10.2調節式低鉄棒設置(7間)
10.7〃 (7間)
10.7歩道拡張に伴い西・南通用門改修工事
10.7日本テレビ「浜田の蛙」取材・放映
11.2西・南通用門開通式
11.4遠藤稔氏第39代校長就任
11.11第27回茨城新聞社小中学校児童生徒
読書感想文コンクール学校賞受賞
11.11第38回全国学校体育研究大会茨城大会
会場校として発表する。
12.2日本赤十字社より金色有功章を受ける。
12.6ベルマーク教育助成財団創立40周年にあ
たり表彰される。
13.10浜田小を育む会の結成
14.9ベルマーク600万点達成につき教育設
備助成会より表彰される。
14.10第39回全国小学校家庭科教育研究会全国
大会茨城大会会場校として発表する。
15.4内田富夫氏第40代校長就任
15.11浜田小学校創立130周年記念式典を挙行
する。
16.4水戸市英会話特区指定研究校(16・17・
18年の3年間)
16.7遊具の改装(4基)
17.9校内無線LAN設置
17.2砂場整備
18.4大木勝司氏第41代校長就任
18.5「日常生活に生きてはたらく国語の育成」
校内研究・4年次完結研究を進める。
19.4コミュニティ・スクールの文部科学省
調査研究校指定(19・20年度)受け
研究を開始する。
20.11文部科学省指定コミュニティ・スクール
推進事業調査研究指定校生活科・総合
的な学習の時間公開授業研究会(11月
7日)を開催する。
21.2文部科学省指定コミュニティ・スクール
推進調査指定校コミュニティ・スクール
調査研究発表会(2月13日)を開催。
21.4根本福雄氏第42代校長就任
21.7校舎大規模改造工事(21.22年度)
開始する。
21.9合奏団「東関東吹奏楽コンクール」出場。
22.2合奏団「管楽器フェスティバル東日本大会」出場。
22.4コミュニティルームの運用を開始する。
22.6PTAベルマーク委員会「教育助成財団表彰」
並びに発表をする。

23.2校舎大規模改造工事完了

23.4吉澤一喜氏第43代校長就任

浜田小版コミュニティ・スクール開始

23.8体育館耐震補強工事開始

23.10合奏団「東関東小学校バンドフェスティバル」金賞

23.11ベルマーク700万点達成

合奏団「全日本小学校バンドフェスティバル」銀賞

23.12体育館耐震補強工事完了

24.1関東地区小学校社会科研究協議会茨城大会公開授業

24.10合奏団「東関東小学校バンドフェスティバル」金賞

24.11合奏団「全日本小学校バンドフェスティバル」銅賞

25.10ブラスバンド部「東関東小学校バンドフェスティバル」金賞

25.11第6学年児童「いばらき教育の日推進大会」で,いじめ撲滅の劇を発表

25.12創立140周年記念式典を挙行

25.2ブラスバンド部「マーチングステージ全国大会」優秀賞

26.4上田壽行氏第44代校長就任 

26.8ゲートボールクラブ全国大会出場

26.10ブラスバンド部「東関東小学校バンドフェスティバル」銀賞

27.1体力つくり奨励賞

27.2だいすきわがまち自慢作文コンクール学校賞

             人権の花運動感謝状

27.3ベルマーク貯金より雲梯購入,設置

 

 

 

 

 

 

 


 

 浜田小学区の特色

学区は,水戸城の城下町の職人・商店街として発達し,戦前は問屋街として繁栄した地域である。下市の中央部に位置し,水戸駅から大洗街道に沿って,商店街を形成し,その他の地域は住宅街となっている。
なお,市町村合併により,旧酒門村・上大野村・吉田村の一部の農村地区も学区に包含されている。
国道51号が学区の中心を通り,県道那珂湊線,涸沼線・長岡線が合流する地点は,特に交通量が多く,国道6号を中心にして,交通過密が深刻化している。
保護者の職業は,会社員・公務員が多く,次いで商工業である。家庭環境は,全体的に経済的に恵まれているが,保護家庭が増えてきている。教育に対して熱心な家庭が多く,PTA活動や学習ボランティア活動にも協力的である。
地域は下町的な人情味に厚く,連帯感が強くてまとまりもよい。従って,子どもが在学しているか否かにかかわらず,地域全体の学校への支援・協力の気風が強い。また,地域素材に恵まれ,備前堀,納豆工場,本町商店街,公民館,老人ホーム等の見学を通し,地域学習を進めることができる。

 


 

 

 


掲載日 平成24年8月11日 更新日 平成29年12月22日
【アクセス数