▼色合いの変更 標準12|3|
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく

先人のことば 11月

 11月 

行事カレンダー

29
30
2
4
9
11
12
16
18
19
20
25
27
29
2
は7日以内の情報です。 (期限有効情報 39 件)

ブログ

みんな大好き「手作りふりかけ」の献立

 手作りふりかけ

  今日は,和風の献立です。肉じゃが,小松菜サラダの他に「手づくりふりかけ」がつきました。子どもたちの大好きなメニューです。 「手作りふりかけ」のレシピをのせておきますので,ぜひ,ご家庭でもお試しください。

 

   材  料  分量(4人分) 作  り  方  
 ちりめんじゃこ  15g  1. ちりめんじゃこに酒を少量ふり,フライパンで乾煎りする。
 酒 少量

 2. かつお節,ごまは,それぞれ焦げないように乾煎りする。

 かつお節(細かい)  8g  3. 調味料は煮立て,アルコール分を飛ばして火を止める。
 白いりごま  4g  4. 調味料で 1.2.を混ぜる。
 三温糖(上白糖でもよい)  4g  《 ポイント 》
 しょうゆ  6g  ◎ ちりめんじゃこに酒をふって乾煎りすると,柔らかく
 酒  4g   出来上がります。

 

平成29年9月20日

お誕生日おめでとう!

 三の丸小学校では,毎月誕生日を迎える児童が集まり,「お誕生日給食」を実施しています。6月は,19日(月)に行いました。1~6年生の6月生まれのみなさんが友の輪ルームに集まり,給食をいただきました。1年生は,初めてなので少し緊張気味でしたが,5,6年生のお兄さん,お姉さんのリードで楽しい給食になりました。

 

 牛乳で乾杯! みんなで楽しく会食中です。

    牛乳でカンパイ!           みんなで楽しく会食中!

 

 会食中 お楽しみ相談中

  初めてお話したの?               これからゲーム?

 

 ゲーム

    盛り上がっています!

                          

平成29年6月21日

薄味は慣れるかな

 ごはん,いわしの生姜煮,和風サラダ,とん汁 

茨城県は全国の中でも塩分を多く摂っている県です。薄味の食事が健康によいことはわかっていますが,塩分を控えることはなかなか難しいようです。大人になって生活習慣病で苦しまないために,子どものうちから薄味の習慣をつけましょう。 ところで,お知らせの通り,今日は牛乳がありませんでした。明日からは,牛乳が出ますのでよろしくお願いします。

平成29年6月6日

旬の献立(5月19日)

 1

 今月の旬の食材は,かつお,春キャベツ,かぶです。 かつおは春から秋にかけてが旬で,その年に初めのとれるかつおを「初がつお」と呼びます。春のかつおは,脂がのっていないので,さっぱりとした味わいです。春キャベツは,水分が多く甘みがあります。サラダなど生で食べたり,漬物にしてもおいしく食べられます。かぶは,3~5月が旬で,日本では古くから親しまれてきた野菜です。全国各地にたくさんの品種が栽培されてきました。

 5月19日の献立は,かつおは揚げてじゃがいもと合わせてごまだれをからめました。春キャベツはからしあえ,かぶはすまし汁にしました。子どもたちは爽やかな春を感じながら,笑顔で食べていました☆

平成29年5月23日

具がたっぷりツナピザトーストの献立

 ツナピザトースト 

 今日は,子どもたちに人気のピザトーストです。厚切りの食パンの上に,ツナ,玉ねぎ,ピーマン,トマトを使い,オレガノとケチャップで味付けした具とチーズをたっぷりのせて焼きました。調理員さんは510枚ものピザトーストを焼くのは大変でしたが,廊下からの子どもたちの強い眼差しをうけて,がんばることが出来ました。また,朝夕の寒さのおかげで,甘みの増した野菜たっぷりのポトフもつきました。

 今日の寒々とした日には,ぴったりの献立ですね。

平成26年12月11日

旬の食材をたっぷり使った献立

  鮭の塩こうじ焼き れんこんサラダ みそけんちん汁

  今日は,旬の食材の「鮭,れんこん,ごぼう,大根」です。鮭は,一年中食べていますが冬が旬の魚です。れんこんは,茨城県が生産量日本一です。穴がたくさんあるので見通しがよいということで,お正月などのお祝い料理に使われます。ごぼうには,腸の調子をよくする食物繊維がたくさん含まれています。大根には,消化を助けるジアスターゼが含まれています。今日の献立は,鮭は塩こうじで味付けし,れんこんはサラダ,ごぼうと大根はみそけんちん汁に使いました。おいしく,栄養たっぷりの旬の食材を食べて,寒さに負けない体をつくりましょう。

平成26年12月8日

夏野菜を使った献立(7/18)

 夏野菜を使った献立 今日は,子どもたちが大好きな笹かまぼこを磯辺揚げにしました。青のりの香りが程良い風味をあたえ,子どもたちの好きな料理の一つです。また,旬を迎えた「ゴーヤ」を使い,ゴーヤチャンプルにしてみました。ゴーヤは「にがうり」ともいわれ苦みがあります。本校では,苦みを薄くするために,さっと下茹でをして使っています。焼きふと卵を入れたのでさっぱり出来上がりました。今日は,一学期最後の給食です。トマトやきゅうり,ゴーヤ,なす,いんげん,とうもろこしなど,夏野菜にはカラフルな物が多く,紫外線から体を守ったり,体を冷やす働きもあり,夏バテを防いでくれます。おいしい旬の食材を食べて,暑い夏を元気に乗り切りましょう。
平成26年7月18日

水戸生まれのパプリンパン(7/15)

 水戸生まれのパプリカパン 今日は「パプリンパン」です。「パプリンパン」はパプリカの入ったパンで,名前は昨年みなさんから募集して決まりました。パプリンパンに使われているパプリカは,水戸市小吹町で清掃工場の熱を利用して作られている物を利用しています。細かく刻んで,甘く煮てシロップにつけ込んだ物を練りこんでパンにしました。水戸でたくさん作られているパプリカを,給食で食べてもらいたいと思い,何度も試作しておいしく作りあげました。パプリカは20年くらい前にオランダから輸入され,水戸では赤,黄,オレンジ,緑色の4種類のパプリカを作っています。パプリカは,カロテンやビタミンCが多く,かぜの予防や疲労回復に効果があります。水戸で生まれたパプリンパンを味わってください。
平成26年7月15日

うなぎと土用の丑の日について

 うなぎと土用の丑の日 今日は,さんまのかば焼きです。かば焼きというと,うなぎのかば焼きを思い浮かべると思いますが,うなぎは暑い夏を乗り切るための食べ物として,昔から食べられていたようです。特に,土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは,江戸時代の「平賀源内」という学者が,うなぎ屋の看板に「本日土用の丑の日」と書いたところ,お店が大繁盛したのが始まりだそうです。それにしても,夏バテを起こしやすい日に栄養たっぷりのうなぎを食べる風習はすばらしいですね。今年の土用の丑の日は7月29日です。
平成26年7月14日

JA飯富さんありがとう献立(7/8)

 給食 今日は,JA飯富資材センターや農家の方が6名,朝から三の丸小学校に来てくださいました。2年生の子どもたちに野菜についていろいろなお話をしてくださり,持ってきてくれた採りたてのとうもろこしの皮むきをしました。それを,調理員さんが給食室で蒸してくれたのです。新鮮なのでとても甘く,子どもたちもにこにこ顔で喜んで食べていました。JA飯富資材センターと農家の方々,本当にありがとうございました。
 
 
 
平成26年7月8日

お知らせ

は7日以内の情報です。 (期限有効情報 38 件)
更新日2017/11/20 20:00