▼色合いの変更 標準12|3|
▼文字サイズ変更 文字を大きく 文字を小さく

行事カレンダー

26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
Since 00066376
Monthly 00001519

お知らせ

は7日以内の情報です。 (期限有効情報 10 件)

ブログ

4・5・6年生の学びの広場

 夏休みには入りましたが,学校では県の学力向上サポートプラン事業の「学びの広場」を7月中,5日間実施しています。これは,算数科の学力向上を狙ったもので,本来4・5年生全員を対象とした事業なのですが,本校では6年生まで含めて実施しています。暑い夏でも集中できるように,冷房の効いたコミュニティーセンターで行っています。今年も,2名の外部からの補助の先生と中学生ボランティアが来て,〇付けや,分からないところを教えたりしてくださっています。四則計算ができるようになることが基本です。9時から10時半までの学習時間,よく集中して取り組んでいました。

 

 1 3 6 8

 

気合が,履物のそろえに表れていました。

 5 4

平成28年7月24日

第1学期終業式

 今日は第1学期終業式でした。児童代表で,3年生の林萌奈さん,荻沼里桜さん,久野夏希さん,5年生の髙橋にこさんが発表しました。3年生は,3人でそれぞれ自分が頑張ったことや印象に残ったことを,暗記して発表しました,林さんは初めて踊った運動会のソーラン節が印象に残ったようです。確かにあの時の3年生は,上級生の方を見ながらも,必死さが伝わる一生懸命な踊りでした。荻沼さんは,漢字ドリルや計算ドリルを頑張ったことを発表しました。わかるまで頑張りたいという,あきらめないで熱心に取り組む強い気持ちが伝わってきました。久野さんは3年生で「365日の紙飛行機」の替え歌の学級歌を作ったことを述べていました。それを久野さんのピアノに合わせて歌ったそうです。運動場までよく聞こえていたあの歌は,3年生の作品だったのですね。5年生の髙橋さんは,長い文章で,自分が頑張ったことを3つ発表してくれました。1つ目はそうじ。確かに5年生のこのところの掃除は,気持ちがこもっています。昇降口も,職員室前も,ピカピカ。細かい塵まで見逃さず丁寧です。そして2つ目は家庭科。何人かこの前作品を見せてくれましたが,髙橋さんは,ポケットティシュケースだったとのこと。小学生になってのはじめての家庭科,頑張ったのですね。3つ目は委員会活動。企画委員として,司会なども担当したドキドキ感を話していました。4人とも,堂々として,すばらしかったです。

 1 2 6 5

 

 校長も,この1学期間に子どもたちに感動させてもらったこと,うれしかったことをお話しました。遅くはなりましたが,音楽の集いでの,下大野小学校の発表は素晴らしかったこともお話ししました。今,業者の方が撮影した写真が昇降口に貼ってありますので,二者面談にお越しの際は,ぜひご覧ください。ここでは,7月1日の壮行会の写真を紹介します。学校紹介を堂々と述べた大貫柚葉さん。みろくの歌を独唱した川又千世さん。心を一つの太鼓をたたいた6年生のみんな。髙橋杏さんのピアノに合わせて4~6年生までで歌った力強い「こきりこ節」。他の学校の先生にも褒められて,とてもうれしかったです。などなど,多くの出来事を通して,子供たちの成長を感じた1学期でした。今日の話の最後は,生徒指導主事の坂本先生から,夏休みになるけれど「命」が大事。飛び出しをしない。自転車に乗るときはヘルメットをかぶる。という2点に的を絞ったお話があって,終業式は終わりました。話を聞く態度も,素晴らしかったです。

 7 8 9 10 11 15 14 12

 

 

平成28年7月20日

1~4年生プールの様子

 今日はプールの様子をお知らせします。1・2年生は今日が最後のプールです。萩谷先生,小林先生のお話では,10時間実施する中で,一人一人がとても上手になったそうです。ほとんど全員顔が水に付けられるようになりました。初めて体がぷっくら浮くことを体感した児童もいました。一人ずつの様子に合わせて,先生が丁寧に指導していました。顔が付けられるようになった児童は,ここで終わってしまうのがもったいないとか・・・。みんな頑張ったのですね。お天気も良く,にぎやかな歓声が響いていました。できたら,この夏,子ども会等のプールもあるので,学校の続きの経験ができるとよいかもしれません。

 3・4年生は着衣水泳にチャレンジしていました。長袖のジャージは重かったようで,着衣だと泳げる人も沈んでしまうことを体感しました。指導していた千葉先生は,空気の入ったペットボトルだとどのくらい浮くか,バケツやたらい,洗面器だとどうか等,工夫して指導していました。いざというときは,どんなものを投げてあげれば溺れないで済むか,どう使うとよいのかなどは,やはり経験しておくことが大事ですね。びっしょり濡れたジャージは,たらいや大きなバケツに入れ,力を合わせて家庭科室に運び,川端先生に洗濯機で脱水していただきました。その後,楽しくいつもの水泳学習の続きをして,3・4年生の今年のプール学習は終わったのでした。

  1 2 3 5 7 12 4 6 11 8 10 9 12

 

平成28年7月14日

下大野学区子ども会 球技大会

 

 7月9日(土),下大野学区子ども会球技大会としてドッジボール大会が常澄健康管理トレーニングセンターで行われました。この日のために,子どもたちは,お父さんお母さんと,練習に励んできました。多くの小学校区で子ども会育成会組織がなくなっているにもかかわらず,下大野学区では,4チームも編成できるのは,すごいことです。開会式には市長さんも見えて,激励してくださいました。6年生の関根遥人君は,大勢の人が見守る中,正々堂々と選手宣誓ができました。1・2区合同チーム名は「ポッピングシャワーMAX」(その名の通り,飛び跳ねるようにして,相手のボールから逃げていました。),3区は「仮面ライダー3区」(変身しなくてもそのまま強そう。),4・5区合同チームは「リバーフラット」(なるほど,那珂川と涸沼川に囲まれている地域ですね。),6区は「レッツゴー」(このチームだけは,5年生の聖くんがチームリーダー。堂々とよくやっていました。)でした。試合が進むにつれて,勝負に粘りが出てきて,簡単には勝負がつかなくなってきました。もちろん6年生は上手でしたが,5年生は先が楽しみな試合ぶりでした。4年生も,試合の終わりごろには,1回戦目よりかなりうまくなっていました。そして,どのチームもみんな真剣なので,思わず,負けている方のチームに肩入れしてしまいそうになるのでした。優勝したのは3区でしたが,どのチームも,チームワークがすばらしい。下大野地区の団結力のパワーを感じた球技大会でした。

 1 3 4 2 6 5 9 8 7

平成28年7月11日

七夕

 今日は新暦の七夕(旧暦では8月)=星まつりの日です。昨日,放課後子ども教室に参加している子どもたちが,担当の菅原先生と一緒に,七夕飾りをつくってくれました。今日は,朝,願い事を書くスペースを用意したところ,たくさんの子どもたちが参加し,短冊を書き,付け足していました。「警察官になれますように」「板前になれますように」「本を100冊読めますように」「きょうりゅうのかせきをはっくつしたい」「あやとびがうまくとべるようになりますように」「学校の先生になれますように」「スケボーがうまくなれますように」「夏休み前にドリルが終わりますように」・・・・・・などなど,子どもらしいお願い事が書いてありました。稲作にまつわることなどもそうですが,伝統的な季節の催しを経験しながら成長することは,大事だと思います。雨が降ったら牽牛星(アルタイル)と織姫星(ベガ)は,会えないという説もありますが,韓国では,雨が降るのは,1年に1度会えたうれし涙ということになっているそうです。きれいな天の川を,子どもたちに見せてあげたいものです。

 3 2 4

平成28年7月7日

第1回 後援会役員会

 下大野小学校の後援会は,たくさんの地域の皆様に支えられています。先日,その役員会が行われました。地域の皆様にいただいた後援会費で,近年高くなったバス代の補助,学校の花壇の環境整備,市費ではすぐに対応できないし現金での修繕,図書の購入等,活用させていただいています。地域に支えられている学校であることを,本当にうれしく思います。夜遅くまで,ご審議いただき,ありがとうございました。

 1

 

平成28年7月7日

茨城大学生 教育実地訪問

 これで今年度は2回目なのですが,茨城大学の教育学部の2・3年生の学生さん5名が,本校に,教育実地訪問ということで来ました。先生を目指す学生さんです。教育実習ではありませんが,半日,実際の教育現場を見ることで実体験しながら学校の雰囲気,掲示物の様子,先生と子どもたちの関わり等々,学んでいかれます。最初は,ノートをもって,子どもたちの様子をメモなど取りながら観察していた学生さんたちでしたが,人懐こい子どもたちの誘いに乗って,すぐに仲く遊びだしました。今日はロング昼休みで,花植えの愛校タイムの後,ケイドロ,3・4年生の合同のドッジボール,砂場での落とし穴づくり?・・・などなど,担任の先生も交えての楽しい遊びで運動場も体育館も盛り上がっていました。そのあと,ドリルタイム,5時間目の授業,委員会や放課後子ども教室などを見学していただきました。学生さんたちの感想では,「こんなにみんなが仲がいいんですね。」「先生ともよい関係なのですね。」「楽しそうです。」等,うれしくなる感想をたくさんいただきました。本校での経験が,お役に立つといいです。ぜひぜひ,先生への道を選んでくれるといいなと思います。

 

 1 4 2 6 3 5

平成28年7月6日

プロジェクト訪問指導

  6月30日(木),水戸教育事務所学校教育課指導主事飯村高志先生,総合教育研究女学校教育課指導係田村悟先生をお招きし,プロジェクト訪問指導が行われました。この訪問指導は,下大野小学校の先生方が,算数の授業の腕を上げたいと自らお願いして来ていただいたのです。今回は,1年生「のこりはいくつ ちがいはいくつ」,ひまわり「かいものをしよう」,5年生「図形の大きさ」の授業を,じっくり見ていただきました。

 2 1 3 4 5 6 7

 

 その他の学年も,2年生「学級活動」,3年生「算数」,4年生「英会話」,6年生「算数」の授業を,こちらは,さらっと見ていただきました。今年度本校は,常澄中学校区小中一貫教育のテーマ「学び合いをとおして 自分の考えをもち 表現できる子の育成」に全校挙げて取り組んでいます。研究授業だけでなく,どの授業でも,子どもたち同士がかかわり合い,先生とかかわり合い,教材とかかわり合いながら,各自が自分の課題意識をもち,真剣に臨む様子が見られました。お二人の指導主事の先生からは,「子どもたち同士の関係,先生と子どもたちの関係がいいですね。」「おちついて取り組む子どもたちですね」「あいさつの声が,前に出ていますね。」「一生懸命な先生方ですね,どの先生も自分の課題意識をしっかりもって取り組んでいます。」とのお話をいただきました。その他細かい指導技術について,アドバイスをいただきました。残りの学年が11月の第2回授業研究会に臨む予定です。今回ご指導いただいたことをもとにさらに研修し,子どもたちの一生懸命さに答えられるよう,授業改善に取り組んでいきたいと思います。

 8 9 11 10 12

 

平成28年7月1日

1・2年生 町たんけん

  1・2年生が生活科の授業の一環として,町たんけんに行きました。今回は,1・2年生合同で,大串の丘ふれあい公園と常澄中学校へ行きました。もともと,1・2年生で,季節を感じながら公園たんけんをするというのが授業の1つとしてあり,町たんけんそのものは2年生の生活科ですが,今回はそれをコラボして1・2年生が一緒に2か所に行ったわけです。町たんけんにどこへ行きたいかとの先生の問いに,「常澄中学校へ行ってみたい。」とのリクエストが多数あったそうです。中学校へお願いして,今回はそれが実現しました。その様子は,常澄中学校の学校便りでも次のように紹介されました。「本日,下大野小学校の1・2年生が常澄中学校を訪れました。とてもかわいい訪問者に,各教室で,思わず『かわいい』という声が漏れました。授業に集中しなければならない時間ではありましたが,そんな声が漏れるのも,仕方がないほど,一人一人が愛くるしくかわいかったです。」とのこと。質問コーナーでは,「いくつ教室があるんですか。」「何人くらいいるのですか。」「〇〇君という人はいますか。」(次々にこの質問が出て,中学校の先生は,最後は「みんなが知っている人は,みんないるよ。」と答えたそうです。)。その他,たくさんの質問をしたそうです。学校へ帰ってきてからの感想では,「中学校はきれいだった。」「黒板に英語が書いて有った。すごい。(数学のXエックスとYワイを使う方程式の授業だったとか。)」「小さい字がいっぱい書いてあった。」「16も教室があるんだよ。(本当はもっとあるのでしょう。)」という,1・2年生ならではの新鮮な感想もありました。常澄中学校の校長先生をはじめ,先生方や生徒の皆さん,大変ご迷惑をおかけいたしました。また,お世話になりました。

 3 2 1 8 7 4 8

平成28年6月27日

5区のあいさつ運動 元気いっぱいです。

 今週は5区(平戸地区)が当番で,あいさつ運動が展開されました。5区の子どもたちは月曜日から日がたつにつれて,元気いっぱいのあいさつができるようになり,学校前の田んぼの向こうまで届くような声で,あいさつをしていました。木曜日は,保護者の方も来てくださいました。あいにくの雨でしたが,お母さんと一緒に来られた小さいお子さんに,子どもたちはうれしくなり,声をかけたりほっぺを触ったりしていました。優しい気持ちになれるひと時でもありました。雨の中,ご参加いただきありがとうございました。

 2 3 1 4 7

平成28年6月23日
更新日2016/07/24 11:43