Since
Monthly 00000718

行事カレンダー

2021年10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

ブログ

燃えろ!6年リレー!

2週間後に迫った「吉田スポーツフェスティバル」に向けて、6年生は学級対抗リレーのリハーサル大会を行いました。
各クラスで練習してきたバトンパスの成果を出し、精一杯の走りを見せていました。
どのクラスもベストタイムを更新しましたが、まだまだ伸びしろを感じさせてくれます。

喜びや悔しさなど様々な表情を見せていました。
当日まで残りの日にちをどう過ごすかが、勝負の分かれ目になりそうです・・・。
がんばれ6年生!!
DSC05132  DSC05137
DSC05157  DSC05167
令和3年10月15日

センス・オブ・ワンダー

実りの秋,自然の中には不思議がいっぱい。銀杏の木から落ちているギンナン,キンモクセイの香り,月の満ち欠け。子どもたちは五感で自然を感じ,「おや」「ふしぎ」「なんだろう」と思い,夢中になって自然と接しています。
IMG_4588  IMG_0185  

自然破壊をいち早く警告したレイチェル・カーソンは著書「センス・オブ・ワンダー」で,
“「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。”と言っています。
“子どもたちが出会うひとつひとつのことが,知識や知恵を生み出す種子だとしたら,さまざまな情緒やゆたかな感受性は,この種子を育む肥沃な土壌です”とも言っています。
小さい時にこそ,「センスオブワンダー・・・神秘さや不思議さに目を見はる感性」を大切に育てていきたい。感じることが知的好奇心であり,好奇心こそが人が動く原動力なのだと考えます。
今年,ノーベル物理学賞に選ばれた真鍋淑郎氏も,「何が得意かを見つけること,好奇心をもって研究を進めることが重要」と繰り返し伝えています。

こんな良い季節こそ,座学ではなく野外で活動して,感性や知的好奇心を十分に育くむ時です。知識を与えることも大切ですが,知的好奇心がわく環境を整え,好奇心の種まきをすることこそが教師の重要な仕事であることを忘れずに,今日も頑張ります!
​​​​​​
IMG_0183  IMG_0180
 
令和3年10月15日

納豆食べて,元気もりもり

本日の給食に納豆が出ました。
この納豆,大部分の子どもたちが大好きなのです。さすが水戸の子です。
納豆を食べたお箸でほかのおかずを食べるときは,すべって苦労しますが,そんなことはお構いなしで,口いっぱいほおばる姿は,愛らしいです。
いっぱい食べて,大きくなあれ!
IMG_0186  IMG_0188

IMG_0201  無題
 
令和3年10月14日

今日の給食 令和3年10月13日(水)

 今日の給食は,わかめごはん,牛乳,おでん,キャベツのごま酢あえでした。

おでんの卵は,ほかの具材とは別に出汁で下味をつけてから合わせました。
各学級に1つずつ,お花の形のラッキーさつま揚げも入っていました♪
調理員さんの技術と,子どもたちに喜んでほしいという思いが感じられます。
20211013 1  20210525 3
20211013 2
出汁の味がしみ込んだおでんは,肌寒い日にぴったりですね。
 
令和3年10月13日

朝の読み聞かせ 4年生

3名の読み聞かせの保護者に来ていただきました。
どの学級も,興味深く集中して聞いていました。読み聞かせの保護者の皆様,ありがとうございました。
読み聞かせしていただいた本の題名は「ぼくはうちゅうじん」「100万回生きたねこ」「相対性理論」・・・おや?
あのアインシュタインのですか?
驚きましたが,とてもわかりやすく,光の進み方について教えてくれました。
それも,鬼滅の刃に登場する我妻善逸(あがつま ぜんいつ)が雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃を出すと,善逸はどう見えるか?重さはどうなるか?とクイズに出しながら,話してくれました。
勉強になりました。
IMG_0174  IMG_0171  IMG_0182
 
令和3年10月13日

昔のお話を聞く会でお米について知りました♪

10月12日(火曜日)に高齢者クラブの方々をゲストに迎え,昔のお話を聞く会が実施されました。
5年生の子どもたちは初めて見る米づくりの道具に目を輝かせて学ぶことができました。
例えばこちらは「せんばこき」!子どもたちも必死に穂を落としました。
せんばこきで穂をとっている様子
こちらはくるり棒!これで穂をたたいて落としたそうです。扱いがとても難しそうですね。
​​​​​​くるり棒を回している様子
お米作りの大変さについても教えていただきました。当時の子どもたちも,家の手伝いで縄を編んだり,
夜,稲が霜にやられないように水を調整したりと,たくさん手伝ったそうです。
しめ縄を作る様子
今では手軽に食べられるお米ですが,たくさんの苦労があって食べられることが分かりました。
これからもできるだけ残さず,感謝して食べたいですね。
令和3年10月12日

ICT支援事業 今日は6年生

水戸市総合教育研究所のICT支援員の先生方にタブレット端末の使い方を教えていただける事業です。今日は6年生。シートに写真やテキストの挿入の仕方を学びます。
都道府県の名産や行事を写真や言葉を使って説明するためのシートを作成していました。
こちらの子は群馬県・・峠の釜めしの写真が貼ってあります。
あちらの子は岩手県・・盛岡冷麺。うわっ,おいしそうです。
宮崎県・・マンゴー。うん,納得。
はて,なぜ食べ物ばかりなのか?
そうか,4時間目でお腹がすいているからですね。
では,茨城県は?
魅力度最下位に返り咲いてしまったわが県茨城県を作っている子はどこだ?
ネモフィラか?さつまいもか?それとも,袋田の滝か?
IMG_0166  IMG_0169
​​​​​​ねばーる君でした
 
令和3年10月12日

はしる はしる 吉田の子!

今日から持久走練習が始まりました。今日は2年生と5年生が運動場を走ります。
気温も下がり快適で,元気に走っています。スポーツの秋到来です。
IMG_0158  IMG_0162
 
『文武不岐』
水戸教学の中に,「先人のことば」があります。これは水戸市内の小中学校で,全校集会時に児童に紹介したり,教室に掲示したりするためにつくられ広がっていたものです。短い言葉の中に,先人の思いが込められ,今も「水戸の教育」の底流にある精神を支えています。
文武不岐は6月の先人のことばで,水戸藩の藩校「弘道館」の建学精神です。
勉強(文)と運動(武)はわかれず(不岐)、一体であり相乗効果をもたらすものであるということです。
吉田の子は勉強も運動もがんばってます。
6月
 
 
令和3年10月12日

あいさつ運動実施中

久しぶりにあいさつ運動が行われました。
吉田小学校のスローガンは「吉田っ子元気にあいさつ大きな声で」です。
あいさつには,相手にも自分にも,周りの人たちにも,大きな力を与えてくれるパワーがあります。そして,あいさつは相手に対して心を届けることができ,心と心のキャッチボールの役割をします。自分の気持ちを相手に届けていること,相手の気持ちが自分に届いていることを自覚できるようにしていきたいですね。
IMG_0130  IMG_0129

IMG_0131  IMG_0137

あいさつ運動の傍らで何やらロープが張られています。
先日,スズメバチの巣を撤去したのですが,もどりバチがいるため,立ち入り禁止が継続中です。
IMG_0133
 
 
令和3年10月12日

地域の方々のおかげです

正門の花壇整備も
正門から入る道路の落ち葉掃きも
新しい交通安全旗も
吉田っ子の森の管理も
みんな地域の方々がいつの間にか,やってくださっているのです。「自分たちの学校だから,地域の手でよくしていく。少しでも子どもたちを元気にしたい。」とおっしゃってくれます。こんな方々に見守られて子どもたちは,今日も元気に登校しています。
IMG_0115  IMG_0114
IMG_0119  IMG_0120

そして,登校すれば30日に行われるスポーツフェスティバルの練習真っ最中です。
分散やオンラインが続いたので,体をたくさん動かし,仲間と楽しく活動できて,とても生き生きとしています。
IMG_0122  IMG_0126
 
令和3年10月11日