Since
Monthly 00000308

行事カレンダー

2018年12月
25
1
2
8
9
15
16
18
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

お知らせ

RSS
は7日以内の情報です。 (期限有効情報 2 件)

ブログ

成人教育委員会 12月11日(火)

IMG_1174IMG_1177
IMG_1180IMG_1189
12月11日(火曜日)に,健康管理士の大津先生を講師に,成人教育委員会による「健康セミナー」が行われました。
「生活習慣病」と「魔法のことば」というテーマのもと,塩分を摂る場合は「自然海塩」がよいこと,ストレスを溜めないようにするにはマイムービーや本などストレスを回復できるできるものを用意しておいた方がよいこと,日常生活で糖質と脂質の摂取をいかに抑えるかが大切であることなど,健康な生活を送るためのヒントを,グラフや動画,食品などを使いながら,分かりやすく説明していただきました。
また,とても甘く感じた炭酸水が,香料などを加えることで市販されている炭酸飲料水の味になってしまうことや,いろいろなエキスや添加物を合わせるだけでとんこつラーメンのスープになってしまうことなどを実際に賞味させていただきなら実感することができました。
講師の大津先生,参加していただいた保護者の皆様には,ご多用の中ありがとうございました。
平成30年12月11日

6年生の租税教室が行われました。12月7日(金)

CIMG4207租税3租税2租税1
12月7日(金曜日)に,税理士会より講師の先生をお招きして,6年生の租税教室が行われました。「税金」という言葉は知っていた子どもたちでしたが,税金の使われ方や集め方については詳しく知らなかったので,とても良い体験となりました。
子どもたちからは「今まで,なぜ税金を払わなければならないのだろうと思っていたけど,私たちの教育のために使われていることを知って,税金の大切さがわかりました」という感想が出ていました。
講師の先生から「よく話が聞ける子どもたちですね」と,お褒めの言葉をいただきました。
 
平成30年12月7日

学校評議員会・学校関係者評価委員会 12月4日(火)

IMG_1147(2)IMG_1156(2)
IMG_1162IMG_1166
12月4日(火曜日)に,学校評議員会・学校関係者評価委員会が行われました。全クラスの授業を参観していただき,教室での各教科の授業,ICT支援員によるICT活用の授業,グラウンドや体育館での体育の授業など,全ての授業を参観していただきました。
参観後の懇談では,本校の教育活動の報告内容と参観した児童の様子をもとに,ご意見をいただきました。「子どもたちがとても落ち着いていて,特に1年生がきちんとしていると感じました。」「学年の先生方のチームワークがよいのが,子どもたちにも伝わっていると感じました。」「地域と小学校との連携の中で,高齢者との授業など,とても良い関係ができていると感じています。」など,お褒めの言葉もたくさんいただきました。貴重なご意見を,今後の学校改善にも活かしていきたいと思います。
平成30年12月6日

6年生「戦争体験を聞く会」が行われました。12月3日(月)

IMG_1144IMG_1136
IMG_1146IMG_1139
12月3日(月曜日)に高齢者クラブの方々をお迎えして,「戦争体験を聞く会」が行われました。
戦争体験談のテーマは「海軍駆逐艦」「東京大空襲」「飛行予科練生」「従軍看護婦」「艦砲射撃」「満州引き上げ」「水戸空襲」でした。写真や地図をもとに,太平洋戦争中にどのようなことが起こったのかを詳しく話していただきました。
話を聞き終えた児童からは「戦争について,今までは教科書での知識しかわからなかったけれど,お話を聞いて初めて戦争の悲惨さを知りました。」「満州からの引き上げの様子を聞いて,当時の人々は毎日を生きていくだけで精一杯だったことがわかりました。」「戦争をやめさせるために命をかけた人もいたことがわかりました。」という感想を話していました。
高齢者クラブの方々には,貴重なお話をしていただき,ありがとうございました。
平成30年12月3日

関東ドッジボール選手権大会・全日本女子総合選手権大会壮行会 11月29日(木)


IMG_1018IMG_1024
11月29日(木曜日)に,関東ドッジボール選手権大会・全日本女子総合選手権大会に向けた壮行会が実施されました。「水戸ビクトリー」と「吉田☆ラッキースターズ」は,12月2日(日曜日)に山梨県甲府市小瀬スポーツ公園武道館で行われる関東ドッジボール選手権大会に出場します。吉田小の児童はどちらのチームにも1名が所属しています。
また女子選抜チームである「MITO GIRLS D・B」が,12月16日(日曜日)に北九州市立総合体育館で行われる全日本女子総合選手権大会に出場します。このチームにも吉田小の児童が1名所属しています。
選手のみなさん,がんばってください。
平成30年12月3日

わくわく学習日(第2学期末授業参観・学級懇談) 11月30日(金)

IMG_1065IMG_1053
IMG_1090IMG_1105(3)
IMG_1086IMG_1072
11月30日(金曜日)に,わくわく学習日(第2学期末授業参観・学級懇談)が行われました。
学習発表や図工の親子学習,道徳の授業などの授業を行いました。4学年では,人権擁護委員3名の講師の先生をお招きして「いじめをなくそう人権教室」が行われました。「いじめ問題」をテーマに,登場人物の心情を考えながら,いじめをどのように解決していくかの授業をしていただきました。授業後に人権擁護委員の方から「吉田小の児童は,話の聞き方がよく,誰もが一生懸命に考えてワークシート一杯に考えを書いていました。参観されていた保護者の方々のマナーもすばらしかったです。」という話も聞くことができました。
保護者の皆様には,ご多用の中ご来校いただき,ありがとうございました。
平成30年12月3日

4年生の「親子学習会」が行われました。11月2日(金)

IMG_1030IMG_1031
IMG_1035IMG_1048
11月2日(金曜日)に4年生の「親子ドッジボール大会」が行われました。
ドッジボール大会は各学級の男子児童チーム・女子児童チーム対保護者チームでリーグ戦を行いました。男子児童チームは投げるボールのスピードが速いことから,試合が進むにつれて保護者の本気度が高くなり,間一髪でかわすプレーや,ナイスキャッチするプレーに大きな歓声があがりました。
ドッジボール大会終了後は,特別支援学校との交流会でも発表した「U・S・A」のダンスを披露しました。
スポーツを通して親子で楽しむ良い機会となりました。企画していただいたPTA学年委員の皆様にはお世話になりました。
 
平成30年12月3日

行事カレンダー

12月の行事カレンダーを更新しました。ご活用ください。
3学期の始業式は,1月8日(火曜日)この日から,給食開始です。

平成最後の冬休みは,12月24日(月曜日)から1月7日(月曜日)までです。
 
平成30年12月3日

水戸特別支援学校との交流会 11月29日(木)

IMG_0971IMG_0976
IMG_0989IMG_0992
IMG_3907IMG_3931
11月29日(木曜日)に水戸特別支援学校の5年生をお招きして,交流会を行いました。
水戸特別支援学校との交流は,「学校間交流及び共同学習」の一環として,毎年吉田小第4学年の児童と水戸特別支援学校第5学年の児童が交流を続けてきました。今年度も6月に,第4学年の児童が水戸特別支援学校を訪問して第1回目の交流を行いました。
交流会の最初は,グループに分かれて一人一人自己紹介を行いました。次に音楽コーナーとして「子どもの世界」のリコーダーによる演奏と合唱を行い,続いて「ビリーブ」の合唱を行いました。4年生全員が歌詞の内容を手話で表現することができました。ゲームコーナーでは,じゃんけん列車をしました。特別支援学校の児童にグー・チョキ・パーのカードを選んでもらいながらじゃんけんを進めていきました。寸劇「吉田小は こんなとこ」では,吉田小のいろいろな生活場面を,分かりやすく,楽しく紹介することができました。ダンスコーナーでは,元気いっぱいの「ソーラン節」と,今流行りの「U・S・A」のダンスを行ないました。ダンスが終わった後に,特別支援学校の児童から「アンコール」の声が出るなど,大いに盛り上がりました。
交流会に向けて,係ごとに「特別支援学校の児童も,吉田小の児童もお互いに楽しめるようにするにはどうしたらようか」を考え,アイデアを出し合いながら今日の日を迎えることができました。
交流会後の児童から「U・S・Aのダンスをしているときに,特別支援学校のみんなも一緒に歌ったり踊ったりしてくれたのでうれしかった。」「劇を発表しているときに,特別支援学校のみんなが集中して見てくれて,喜んでくれたのがわかったので,うれしかった。」と話していました。
交流会を通して,これからも親密な関係が続いていけばと思います。
平成30年11月29日

いじめ解決フォーラム 11月28日(水)

IMG_0955(2)IMG_0963
IMG_0959(2)IMG_0965(2)
11月28日(水曜日)のロング昼休みに,いじめ解決フォーラムが行われました。
始めに計画委員の児童から学校スローガンの発表と横断幕の披露がありました。今年のスローガンは「一人でも見えないキズをかかえずに」でした。
次に,計画委員の児童によるいじめに関連する劇と映像鑑賞を行ないました。どちらも身近な場面を設定した内容でした。劇を行った児童は「いじめを受けている人たちはどんな気持ちになっているかを考え,些細なことでもいじめにつながっているかもしれないと考えて劇の内容を考えました。」と話していました。劇や映像を見た児童からは「自分のしていることがいじめにつながっていると気が付かない場合があるかもしれないので,相手の気持ちを考えることが大切だと思いました。」と話していました。
いじめ解決フォーラムの実施に向けて,計画委員の児童が自主的に考え,計画を進めてきた熱意が,学校全体に広がり,吉田小からいじめを「しない・させない・見逃さない」ことを,これからも継続していきたいと思います。
平成30年11月28日