Since 00146430
Monthly 00000001

行事カレンダー

2024年3月
25 26 27 28 29 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

お知らせ

RSS
は7日以内の情報です。 (期限有効情報 1 件)

ブログ

オンライン朝会

今日はオンライン朝会で、一年間を振り返りました。

今年度も、主体性を引き出すことに取り組んできた1年となりました。最後に6年1組が挑んだ笑顔プロジェクトは「いなりのよい子」の決まりを変えようとするものでした。全校児童や教職員へのアンケートを実施し、全校を巻き込んだ笑顔プロジェクトになりました。大きな影響を在校生に与えた素晴らしいプロジェクトになりました。

 

子どもたちが訴えたいことは2点。一つ目が白靴以外を認めてほしいこと。二つ目がシャーペン使用を認めてほしいこと。児童アンケートや教職員アンケート結果を考察し、校長に伝えたこと(子どもたちが出した結果)は「白靴以外を認めてほしいこと」「シャーペン使用は考え直すこと」でした。その結果、白靴以外のくつを認めることにしました。2点とも許可してくれることに期待していた児童からの残念な声も伝わってきました。自分たちで「きまり」を見なおせたことは、それ以外のきまりも自分たちで守ろうとする態度に表れます。そこに期待したいです。

IMGP0004   IMGP0005

最後に、今の子どもたちの生活面での達成状況を「学校評価アンケート」の数値で伝え、二つの目標をもたせました。6年生にとってはあと12日。1年~5年生にとっては16日間で達成したいことです。

(1)自分からあいさつをすること

(2)掃除の始まる時刻1時20分を守ることです。

「意識が変われば行動が変わる!」学校にいる全ての人がこの2点を目指し、みんなができるようになって進学や進級ができるよう指導の継続を図っていきます。

令和6年2月29日

笑顔プロジェクト ~大谷グローブの使い方を教えるよ!(体育委員会)~

今年度もあと一カ月となりました。笑顔プロジェクトが各学年や委員会毎に実行され、子どもたちの手で主体的な活動が進められています。今日の昼休みは掃除なしのロング昼休み。体育委員会からの呼びかけもあり、砂場近くのコーナーにはキャッチボールをやりたい児童が集まってきました。

IMG_4684

まず、使う場所の確認と使い方を伝授していました。模範試技があり、手本を見せると並んだ順に二人ずつキャッチボールが始まりました。体育委員の男子はキャッチボール指導・タイムキーパー係、女子は説明係と役割も決まっており、スムーズな進行には驚きました。

IMG_4659   IMG_4669

IMG_4671   IMG_4673

IMG_4673   IMG_4674

IMG_4680   IMG_4682

参加したのは男子児童が多かったのですが、中に3年生女子もいてキャッチボールにチャレンジしていました。大谷翔平選手は多くの子どもたちに野球の楽しさを体験させたくて、日本中の子どもたちに対して、ビックなプレゼント贈呈に至ったのだと思います。体育委員会のみなさん、明日からよろしくお願いします。明日こそ、投げられますように。

 

 

令和6年2月28日

プログラミング学習の発展 ~6年2組「プログラムをしてドローンを操縦しよう」~」

昨日に引き続き、体育館では6年2組の児童による理科「ドローンを操縦するために、どのようにスクラッチを活用したらいいだろう」が始まりました。前半は昨日同様、コントローラーを使ってドローンの操作に慣れる練習をしました。後半はタブレットに動かしたいドローンの動きを入力をして、思い通りに動かせるかどうかを体験していました。

IMG_4619   IMG_4620   IMG_4623   IMG_4624

離陸から着陸までの動きのプログラムは班ごとに異なり、思い思いの動かし方でドローンを操縦する子どもたちの目はやる気に満ち、うまくいかないところはみんなで考えながら、自分たちがプログラムしたドローンの操縦を、学びの集大成として楽しんでいました。

IMG_4625   IMG_4627   IMG_4629   IMG_4630

このように、学校では社会とのつながりがなければ豊かな体験活動は仕組めません。学校だけで教育が完結する時代ではなく、変化する社会と連携しながら、子どもたちの未来を共有し、教育活動を共に支えていくことこそが学校の役割であると強く感じました。ひと・まち・ねっとわーくの皆様、本当にありがとうございました。

令和6年2月28日

プログラミング学習の発展 ~6年1組 理科~

6年生は、小学校理科の総まとめとして専科教員と共に、プログラミング学習に取り組んできました。今日はひと・まち・ねっとわーくよりプログラミング学習の講師として先生をお招きし、体育館でドローンを操縦するという授業を行いました。

IMG_4596   IMG_4597

IMG_4601   IMG_4612

IMG_4615   IMG_4616

安全対策のため実験用メガネを装着し、ドローンの操縦を行いました。子どもたちはゲームのコントローラーに慣れているので、操縦を楽しんでいました。明日は6年2組で行います。

 

令和6年2月27日

一生に一度の人生をどう生きる? ~6年道徳「100万回生きたねこ」(6年1組)

2校時に6年1組で行った道徳の授業。資料は「100万回生きたねこ」です。「999,999回生きたねこは幸せだったか」という問いに対して幸せ・不幸せの割合を一人一人がタブレットで示しました。0(幸せ):100(不幸せ)と50(幸せ):50(不幸せ)とが子どもたちの考えを二分し、話し合いが活発化しました。

IMG_8748   IMG_8749

6年1組児童の自分に宛てた手紙の一部をお読みください。

・好きなことはできていますか。やりたいことはできていますか。…ねこのように、長い時間をかけてでも好きなことを見つけ友達などとも助け合って生きていってね。

・楽しくないことがあったとしてもやり続けることやあきらめないことを100万回生きたねこから学びました。

・間違えを起こしても落ち込まないでまっすぐな勇気をもって…知識を蓄えてください。

・不幸せなこともあるけど。それを耐え抜いて頑張って。一回しか生きられない人生を大切に生きていこうと思いました。

・ねこの生き方を学んで、心ががらりと変わった気がします。辛いことがあっても、不幸せなことがあっても、笑顔で乗り越えられれば幸せです。笑うと幸せが訪れます。だからとらねこのようになんでも頑張ってみてください。

・自分が本当にやりたいことを探して生きてください。

・後悔しないようにたくさんの人を助けられるようになっているといいと思います。人生は楽しいことばかりではないから、自分で楽しいことを考えて頑張りすぎないことが自分にとっていいことだと思います。

・つらいことも楽しいことも嬉しいことも乗り越えた「幸せな人生」を楽しみたいと思いました。

・たとえ自分が嫌いでも不幸せでも、味方でいてくれる人はたくさんいます。…生きる希望を捨てずに笑顔で過ごしてください。そしていつか、生きていてよかったと思うほどの幸せをつかんでください。

 

子どもたちの自分に宛てた手紙には、将来への不安も感じられましたが、すべてを乗り越えた先にある「幸せ」にも気付いているようです。今日の気持ちを忘れずに毎日を精一杯生きてほしいと思いました。

令和6年2月26日

今年度のあいさつ標語!!

毎年、子どもたちが考えた「あいさつ標語」が看板になって届きます。今年度は2年生の「あいさつとへんじができて二とうりゅう」という標語に決定しました。大谷翔平選手の活躍と重なる「二とうりゅう」の言葉が入っています。今年らしさも入っていて素晴らしいと思いました。

 

IMG_4543   IMG_4545

自分からのあいさつと「はい」という返事で、全員が笑顔になる学校をめざしたいです。

 

令和6年2月22日

学校公式こどもブログ ~JAグループ 出前授業(5年1組)~

2月22日3時間目JAグループの方に出前授業に来てもらい「茨城県の農業について」学びました。
テーマ茨城県の農業
(1)茨城県の農産物
例:メロン、納豆、りんご、じゃがいも、さつまいも、米、鶏卵、れんこんなど
また、茨城県の農産物で、生産量一位のものは、かんしょ、栗、れんこん、水菜、ピーマン、鶏卵、メロン、小松菜、チンゲンサイ、ほしいも、ネギ、芝、切り枝もあります。(13品目)

(2)地産地消について
地元で生産された食べ物をできるだけ地元で消費しようという考え方のこと。
地産地消はSDGsの7,8,12,13番に該当する。

 

(3)大谷さんのお話
日本で作っているお米は安いけど、海外の輸入が入るとたかくなってなってしまう。米の消費をしないと米が余ってしまう。お米の食味値や農薬の量などの一定ラインを超えないと「風彩常澄」になれないそうです。ちなみにその一定ラインの80%を超えないと「風彩常澄」になれないそうです。風彩常澄は水戸のブランド米です。大谷さんは常澄のお米づくりは常澄地区内で二位だそうです。一年で作るお米は20tぐらいだそうです。JAは農家のサポートしてくれるので農家のとって大切な会社だそうです。もっとたくさんの方々に美味しい常澄の米を食べてもらいたいです。

感想
この授業でJA の大切さやSDGsにも関わりながら農業を営んでいることがわかりました(5年)
改めて農業の大切さがわかりました。(5年)

 

unnamed (2)   unnamed (1)

unnamed (3)   unnamed

令和6年2月22日

教育委員会からのお知らせです!

2月15日号の「広報みと」の表紙をご覧いただけましたか?「保育士」や「学校の講師・事務職員として働いてみませんか」という文字が飛び込んできました。若い先生方が増え、学級増もあって、先生方の働き環境を整え、幼児や児童生徒の教育に集中できるように、保育所等や学校で働く方を求めてます。保育士や講師は免許状を有することが必須となりますが、免許更新制度がなくなりましたので、大学等での更新の必要はありません。免許を有していらっしゃる方で一緒に働いていただける方は、水戸市教育委員会学校管理課までお問い合わせください。pdf広報みとはこちら(pdf 317 KB)

令和6年2月21日

天気によって変わるちょボラ ~草取りから雑巾がけへ(1年2組)~

毎週水曜日の中休みは1年2組がチャレンジしているちょボラプロジェクトがあります。雨が降る中、教室に行くと「先生、きょうやる?」という声が掛かりました。「あめだよ。どうする?」と聞くと「じゃあ、そうじする!」という声が返ってきたのです。写真左は晴れの日の活動の様子です。

IMG_3902   IMG_4552

中休みにホールに集まった子どもたちは総勢10名。みんな雑巾を片手に集まってきました。よういどんの合図で雑巾レースがスタート。1年生は自分達で雨の日のちょボラプロジェクトを始め、満足した様子でした。明日に延期してもよいかなと思いましたが、水曜日の中休みは「ちょボラプロジェクト」と決めている1年生は決めた日にやりたかったのです。この実行力…たいしたものです。10月から始まった「ちょボラプロジェクト」も来月で終わりです。頼もしい2年生に成長してほしいです。

令和6年2月21日

必ず誰かは駆けつけてくださる! ~パンジー苗植え付けボランティア~

本日13時30分から、駆けつけてくださったボランティアの皆様と共に、パンジー花苗を植えました。小さなお客様も手伝ってくれたので、作業がはかどり短時間で行うことができました。

IMG_4535   IMG_4536

IMG_4538   IMG_4539

常澄認定こども園のゆり組(年長クラス)のお客様は4月に1年生になります。お母さんと一緒に学校の花壇にパンジー花苗を植えてくれました。自分が植えたパンジーが大きくなるころ、入学ですね。お待ちしています。参加してくださった皆様、お忙しい中、ありがとうございました。

令和6年2月20日
オプション