このページの本文へ移動
Since
Monthly 00001596

行事カレンダー

2019年2月
27
28
30
31
1
2
3
5
6
7
8
9
10
16
17
18
19
20
21
23
24
25
27
2
トップ > ブログ

ブログ

文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン(平成30年12月文化庁)を掲載しました

【文化庁】
pdf文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン〔平成30年12月〕(pdf 445 KB)
運動部活動ガイドラインや方針等の詳細は左の【The部活動】をご覧ください。
平成31年2月16日

学校の梅の花

水戸三中のプールの近くには梅の木があります。今年は立春以降に冷え込みが続きましたが、2月15日(金曜日)に近くまで行ってみると、学校の梅もしっかりと花が開き始めていました。これからは気温も少しずつ高くなり、春らしい暖かさが訪れるのではないかと感じます。今日の午後は時折雪が舞いましたが、季節はこれから三寒四温を繰り返しながら春らしくなっていくのです。明日2月16日(土曜日)から第123回水戸の梅まつりが開催されます。きっと偕楽園の梅の花も春の訪れを待っていることでしょう。
0102
平成31年2月15日

学年末テスト〔第1・2学年〕

2月14日(木曜日)は第1・2学年の学年末テスト第1日目でした。学年の締めくくりとなるテストであるため生徒の意識も高く、このテストを目標にそれぞれが計画を立てて準備を重ねてきました。当日となった今朝の教室では、最後の見直しや確認を行う姿がたくさん見られました。テストが始まると誰もが非常に集中して問題に取り組み一生懸命がんばっていました。明日は学年末テスト第2日目です。テストを通してこれまでの自分自身の学びを見つめ、課題も発見することを通して、みんなで一歩ずつ成長していくことを目指します。
0102
平成31年2月14日

学校事務の共同実施〔第三中グループ〕

2月13日(水曜日)に本校を会場に「第三中グループ学校事務の共同実施」が開催され、近隣の小中学校から15名の事務職員の方々が集まり、新会計管理システムや物品管理システム等についての研修を行いました。公立小中学校の事務職員は通常1人配置となっており、学校事務を効率的に執行する観点等から、複数の学校が共同で学校事務を行う体制をつくり、組織的な事務処理体制の確立と事務機能の強化を図っています。学校事務を共同で実施することで業務の効率化・標準化及び組織内研修(OJTを含む)を行うともに、学校運営への積極的な支援を図ることを通して、子どもたちの日々の学びを支えています。
01
平成31年2月13日

学び合い道場〔第2学年〕

第2学年では生徒の学力向上を目指して、廊下の多目的スペースを活用し「学び合い道場」を開催しています。これは、毎日昼休みに希望する生徒が自主的に多目的スペースに集まり、同じ教科に取り組みたい生徒同士が近くのテーブルに集まり、互いに学び合いながら自主学習に取り組むもので、通称〈みんなで学力UP〉「学び合い道場」と呼んでいます。2月12日(火曜日)には英語の担当教員が3名集まり、生徒と一緒に学習に取り組みながら、わからないところを教えたり質問に答えたりしていました。また、テーブルの上には各教科の担当教員による手作りの問題も置いてあり、自由に取り組めるようになっています。このように、日常の中で生徒が自主的に集まり学び合いながら学力を高めていけるような環境づくりを大事にしています。
0304
05
平成31年2月12日

生徒の活躍〔未来に残そう青い海〕

海上保安庁では海洋環境保全を目的として小中学生を対象に「未来に残そう青い海図画コンクール」を行っています。テーマは「未来に残そう青い海」を基本として「海を汚さないで」「ゴミのポイ捨てを止めよう」「海は生命の源」などです。本校の1年生が「第19回未来に残そう青い海図画コンクール」に応募し、見事「優秀賞」に輝き、本日2月12日(火曜日)に本校校長室で茨城海上保安部の方から賞状を受け取りました。
0102
平成31年2月12日

水戸市学校保健大会

2月7日(木曜日)に茨城県立県民文化センターで第34回水戸市学校保健大会が開催され、本校の生徒2名が保健体育賞を受賞しました。
0301
平成31年2月7日

小中一貫教育の合同研修

2月6日(水曜日)に本校を会場に第三中学校区小中一貫教育の合同研修を行いました。城東小・浜田小・上大野小と水戸三中の職員が「知」「徳」「体」の3つのチームに分かれて今年度の取組について振り返り、成果と課題をまとめました。そして3つのチームの代表がそれぞれの成果と課題を発表して共有し、次年度への方向性を確認しました。小中一貫教育は今年度で3年目ですが、研究の成果を活かし課題を改善しながら、よりよい学校教育を目指していきます。
0102
平成31年2月7日

電波時計記念日

教室の時計が電波時計になりました。これまで長い年月大切に使ってきた教室の時計も、さすがに古くなってきたためか時々時刻がずれてしまうことがありました。そこで本日、各教室の時計を電波時計に交換しました。電波時計ですので各教室の時刻がずれてしまうことはほとんどなくなります。教室の温度と湿度、月日、曜日なども表示されます。今日2月6日からはこの新しい電波時計が一緒に時を刻んでいくのです。
0201
平成31年2月6日

梅まつりボランティア発足

第123回水戸の梅まつりが2月16日(土曜日)から3月31日(日曜日)までの期間で開催されます。本校でも今年度10名が水戸の梅まつり中学生ボランティアに参加します。2月5日(火曜日)には梅まつりボランティアのための事前の顔合わせを行いました。生徒の中には2年連続で参加する生徒もいて、今回も梅まつりボランティアとして参加できることをとても楽しみにしている様子でした。梅まつりボランティアは水戸市内の他の中学生と共に「チーム魁」の一員として活動することになります。「笑顔で元気よく挨拶すること」「おもてなしの心で接すること」などを改めて確認し、今後も梅まつりボランティアに向けて準備を進めていきます。
0102
平成31年2月5日

あいさつ運動〔第1学年〕

2月4日(月曜日)は立春の日(節入り日)です。立春の期間は2月4日から2月18日までで、暦の上では春を迎えたことになります。今朝はまさに春のような暖かさで、湿度も高く、登校する生徒もウインドブレーカーなしでも平気の様子でした。立春の日の今日から4日間、本校第1学年によるあいさつ運動が行われます。本日は1年1組の生徒及び保護者の皆さんが中心となり、正門付近では登校してくる生徒とともに「おはようございます」「おはようございます」の元気いっぱいの声が響きました。
00
平成31年2月4日

詩舞「水戸八景」の発表

2月3日(日曜日)に県民文化センターを会場に茨城県女子体育連盟「第60回記念学校ダンス発表会」が開催され、本校の第2学年女子10名が参加しました。この発表会は記念大会ということで参加チームが例年より多く、茨城県内の小学校・中学校・高等学校・大学などから特別出演も含めて合計21団体の参加がありました。水戸三中はプログラム8番です。扇を手にした袴姿で登場し、「岩船の夕べ」や「落雁」など徳川斉昭が詠じた漢詩「水戸八景」を、ゆっくりとした動作で重心を低く姿勢よく舞い、会場から大きな拍手をいただきました。
00
平成31年2月3日

陸上部の活躍

2月3日(日曜日)に千波湖ロードレース大会が開催され、本校陸上部が参加し、よく頑張りました。3月には記録会もあります。トラックシーズンに向けて頑張ります。これからの水戸三中陸上部の活躍に期待してください。
01
平成31年2月3日

サッカー部の活躍

2月2日(土曜日)に水戸市サッカー・ラグビー場(ツインフィールド)を会場に第36回日産カップ中学校サッカー大会が開催されました。本校のサッカー部は予選リーグ1回戦で英宏中と対戦して勝利しましたが、予選リーグ2回戦で東海南中と対戦し残念ながら惜敗となりました。どのチームも冬季で練習時間も短いため、それぞれが練習方法等を工夫して取り組んできた中で迎えた試合でしたが、本校サッカー部の選手たちは攻守の切り替えが素早く、最後までボールを追い続け、積極的にプレーしていました。サッカー部の今後の更なる成長と活躍を期待します。
12
平成31年2月2日

バレーボール部の活躍

2月2日(土曜日)に茨城県中学校バレーボール大会が開催されました。水戸三中会場で行われた女子バレーボール部は1回戦総和北中、2回戦総和中ともに勝利して3回戦に進みました。3回戦の相手はシード校の土浦五中で接戦の末惜しくも敗退となりました。勝田三中会場で行われた男子バレーボール部は1回戦で八郷中と対戦し、大接戦となりましたが残念ながら惜敗となりました。男女とも試合の勝敗を越えて、選手もベンチも一体となって声を出し、粘り強くボールを追い、積極的にがんばる姿が印象的でした。男女バレーボール部の今後の更なる成長と活躍を大いに期待します。
01
平成31年2月2日

バスケットボール部の活躍

1月19日(土曜日)・20日(日曜日)・26日(土曜日)に第70回毎日・茨城杯茨城県中学生バスケットボール大会が開催されました。本校女子バスケット部は1回戦で三和東中と対戦し勝利、2回戦で龍ヶ崎市立愛宕中と対戦。健闘しましたが残念ながら惜敗となりました。男子バスケット部は1回戦で下根中、2回戦で日高中に勝利し、3回戦で谷田部東中と対戦。第一シード校との対戦となり、本校男子も全力で臨みましたが敗退となりました。男女とも勝利の喜びと敗退の悔しさを味わいましたが、この大会が次の目標に向けてかけがえのない経験になったようです。男女バスケット部の更なる成長と活躍を期待します。
2221
平成31年2月2日