このページの本文へ移動
Since
Monthly 00000480

行事カレンダー

2018年10月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
トップ > ブログ

ブログ

9月29日(金) 1年生遠足

 1年生遠足 1年生遠足 1年生遠足 1年生遠足 1年生遠足 1年生遠足 

 昨日は2年生の遠足で、残念なことに雨が降ってしまいましたが、今日は打って変わって素晴らしい晴天になり、その中、1年生が遠足に行きました。行先は、大洗アクアワールドです。大変混んでいましたが、イルカショーは前の方の席で見ることができました。濡れないようにビニールシートをかけていましたが、実際にはかなり濡れました。バックヤードを見せていただくこともできました。ふだん見られない水族館の“裏側”を見ることができて、大喜びでした。多くの水槽の魚やカニ、カメ、クラゲ等を見ましたが、サメの大きさにびっくりした児童が多くいました。サメの卵も印象的でした。友達と仲良く楽しく水族館を回り、親睦が深まった1日でした。

 学校では、6年生が、朝と放課後、一生懸命、陸上記録会の練習に励んでいました。また、2~5年生は、壮行会の練習を合同で行いました。5年生がリーダーシップをとり、真剣に取り組んでいました。毎日、子供たちのいい姿がたくさん見られ、嬉しい限りです。

平成29年9月29日

9月28日(木) 今日の授業から ~2年生は遠足~

 2年生遠足 2年生遠足 2年生遠足 2年生遠足 2年生遠足 2年生遠足 2年生遠足 2年生遠足 2年生遠足 2年生遠足 6年生理科 壮行会の練習 

 6年生の理科の授業で、水と二酸化炭素(はじめは二酸化炭素であることはふせてある)を入れたペットボトルをよく振るとペットボトルがつぶれる実験を見て、その理由を考えました。ペットボトルに二酸化炭素が入っていたことは石灰水やBTB溶液で確かめました。今日は、二酸化炭素が水に“溶ける”とはどういうことか、粒子モデルを使って表す活動を行いました。水を1つの粒、二酸化炭素を1つの粒で表すことにして、子供たちは、ペットボトルを振るとそれらが一様に混ざると考え、その様子をモデルで表していました。中には、ペットボトルを振る前は二酸化炭素は水の上に浮いていて、振ったことにより混ざったと考えた児童、ただ混ざるだけではなく、水の粒と二酸化炭素の粒がくっついた(合体した)と考えた児童、単にくっついただけでなく水の粒の方が大きくて、1つの水の粒に多くの二酸化炭素の粒がくっついたと考えた児童など、様々な考えを出していました。振る前のペットボトルをの中の水の体積と気体部分の体積が、明らかに水の方が多かったので、それも影響しているかも知れません。子供たちの発想には何らかの“根拠”があるはずです。正しいかどうかより、どのようなイメージをもっているか把握することが今後の学習につながるので、児童の表したモデルを授業者は大切に扱い、紹介していました。子供たちは真剣に授業に参加し、考えを表現し、交流し合い、深めていました。

 6年生が出場する陸上記録会に向けて、下級生が応援しようと“壮行会”を計画しています。今日は、4,5年生合同で練習をしました。下級生の思いは、きっと6年生に伝わるでしょう。

 2年生が、日立シビックセンターに遠足に行きました。天気が良ければ、午後にはかみね動物園にも行く予定でしたが、あいにく雨が降ってしまったので、午前も午後もシビックセンターで過ごしました。様々な体験をしたり、ショーやプラネタリウムを見たりして、1日十分楽しめたようです。学級の枠を超えて1日過ごしたので、友達との親睦も深まったことでしょう。

平成29年9月28日

9月27日(水) 三中生に感謝

 水戸三中の皆さんが来校 靴箱 昇降口の靴箱を見ると、靴のかかとが靴箱のへりに全部きちんと揃っていました。揃えるということは、それだけきめ細やかに神経を研ぎ澄ませている証です。見た目も美しいし、一体感があります。思わず写真を撮りました。

 あと1週間に迫った陸上記録会に向けて、6年生が毎日練習を積んでいますが、本日の放課後、水戸三中の生徒の皆さんと先生方が指導と激励に来てくださいました。多くの生徒さんが来てくださったので、具体的なアドバイスをいただき、また手本を示していただき、大変有意義な時間となりました。三中生の態度も立派で、6年生にとって、あのような中学生になりたいなというモデルとなったことと思います。激励の言葉をいただき、心の支えを得たことも大きな収穫でした。三中の皆さん、ありがとうございました。

平成29年9月27日

9月26日(火) 爽やかな歌声と器楽

 2年生演奏 2年生演奏 

 音楽朝会にて、2年生が合唱と器楽を披露しました。秋空に負けない爽やかで元気いっぱいの素晴らしい演奏でした。全員の表情がよく、自分たちが演奏を楽しんでいたので、見ている(聴いている)側も引き込まれました。一生懸命な姿は心を打ちます。全力で頑張るからこそ、力が伸びます。これからも、一つ一つのことを全力で頑張って欲しいと思います。保護者の方もたくさん聴きに来てくださいました。ありがとうございました。

平成29年9月26日

9月25日(月) 「音楽」する(音を楽しむ)

 3年生音楽 校内研修 3年生の音楽の授業で、ソプラノリコーダーの演奏を行いました。題材とした曲は「あの雲のように」(作曲者不明)です。とにかく子供たちが、集中して、楽しそうに演奏している姿が印象的でした。譜面はト長調ですが“固定ド”で階名読みをして、指づかいの確認をしました。また、四分の三拍子であるがゆえのリズムの感じ方、タイがかかった音の長さ等々を学び、単に吹けばいいということではなく、曲の感じを生かしながら正確に演奏することに子供が意欲を持ち、それができるようになっていくことに喜びを感じているようでした。この曲をリコーダーで吹けるようになったことが嬉しいという思いが伝わってきました。最初はユニゾンでしたが、授業の後半にはセカンドパートについても「やりたい!」と意欲的に取り組んでいました。子供たちの向上心の高さを感じた授業でした。たまたま同じ時間帯に、2年生も4年生も音楽の授業を行っていましたが、3年生同様に、音を奏でることを楽しみ、喜びを感じていました。つまり、「音楽」していました。

 放課後、全教員が参加して、学力向上のための校内研修を行いました。その中で、子供たちの向上心を引き出し、生かし、それを学力向上につなげていく手立てもいろいろ考えました。

平成29年9月25日

9月22日(金) 自己・他者の再発見(5年生宿泊学習)

 班別自由行動(水戸駅前を出発) 班別自由行動(旧県庁にて) 保和苑に到着 少年自然の家で記念撮影 少年自然の家でお弁当 入所式(所長さんのお話) 宿舎周辺でのウォークラリー 午前・午後のクイズ・ウォークラリーの表彰 夕食 キャンプファイヤーのスタンツ(寸劇コンテスト) 天体観測(土星やこと座のヴェガを見ました) 夜の班長会議(1日の反省) 朝のつどい(ラジオ体操) 朝のレクリエーション(人間いす) 食材のカット ピザの生地をこねました ピザのトッピング 焼きあがったピザと、スープをいただく 閉所式(班長代表挨拶) 

 昨日から本日にかけて、1泊2日で5年生が宿泊学習を行いました。主な活動は、1日目である昨日には、午前中水戸市街地をフィールドとした班別自由行動、芸術館から保和苑までの集団歩行、宿舎である水戸市少年自然の家への入所、宿舎周辺をコースとしたウォークラリー、キャンプファイヤー等を行い、2日目である本日は、ピザ、コンソメスープづくり等を行いました。「じぶんたちでつくる宿泊学習」を目指して、係活動、班活動を行い、その中でそれぞれ役割を遂行しながら自分や自分をとりまく様々な人たちを見直し、理解する貴重な機会となりました。成果の多い充実した2日間でした。

 本日は写真を多く掲載します。パソコンでご覧の方は、カーソルを写真の上に持っていくと写真の解説(何をしているところか)が表示されますのでご覧ください。

平成29年9月22日

9月21日(木) 見学から学ぶ(スーパーマーケットの博士になろう)

 買い物に来た方にインタビュー 売り場見学 店員さんにインタビュー

3年生が学校の近くにあるスーパーマーケットに見学に行ってきました。
今日のねらいは「スーパーマーケットにたくさん人がくるひみつをみつけてこよう」です。子供たちは3つのグループに分かれ、バックヤードを見学したり売り場の見学をしたりさせていただきました。
 売り場の見学では「ハロウィンのコーナーはみんなが見るから、工夫のひとつだね。」「いろいろなところから品物がきているね。」など熱心に見学をしていました。また、買い物に来ている方に話を聞いたり、実際にポイントカードを入れさせていただいたりしました。温かい言葉もかけていただいてうれしそうでした。
 さらに、インタビューでは、スーパーマーケットには8000種類の品物があること、晴れの日と雨の日ではお客さんが300人も違うことなど、たくさん教えていただき初めて聞いたことに驚いていました。
 実際に見学することでたくさん疑問を解決することができました。快く見学を引き受けてくださったスーパーマーケットの皆様、ありがとうございました。

平成29年9月21日

9月20日(水) 地域の方から学ぶ

 アサガオの観察 グループごとに グループごとに グループごとに 地域の方々と 

 1年生が1学期からずっと栽培・観察を続けてきたアサガオが種を付けています。今朝もその様子を観察し、種を採取していました。種のつき方、数、種の様子(形、色、大きさ)など、多くのことに気づいていました。観察を続けるということは大変重要で有意義なことです。今後も、このような姿勢を育んでいきたいと思います。

 6年生が、「まごころタイム」(総合的な学習の時間)の一環として、「城東の歴史を聴く会」を実施しました。“講師”として地域の方10名をお招きしました。那珂川、横山大観、城東の“宝”、常陸山等々、これまで自分たちが調べてきたテーマごとにグループに分かれ、講師の方のお話を聴くとともに自分たちからいろいろと質問をしました。説明を受けるとまた新たな問いが生まれ、講師の方々もその問いに対し、さらに詳しく説明してくださるという、一方的、受け身ではない、見事な双方向的なやりとりが行われました。子供たち全員が真剣に対話に参加し、問題意識・関心の高さをうかがわせていました。ご協力くださった地域の方々は「子供たちに勉強させられた」とおっしゃってくださいました。もちろん、子供たち以上に豊富な知識をお持ちなのですが、子供たちの問いかけに一生懸命答えてくださったということだと思います。地域の方から子供たちへのお話の中で「歴史を学ぶことは、これからの自分の生き方を考えることである」とお言葉がありました。まさに、今取り組んでいる学習のねらいそのものです。歴史だけでなく、今ともに生きている他者とのかかわりにより、自分を見つめ、これからの生き方に活かして欲しいと思います。本日、ご協力くださった地域の皆様、ありがとうございました。

平成29年9月20日

9月19日(火) 自ら学ぶ

 蒼龍タイム 蒼龍タイム 本校では「蒼龍タイム」と称し、児童が自ら学習に取り組む時間を設けています。お昼の清掃終了後から5時間目開始までの15分間です。学習内容は、学年・学級の実態に合わせて担任から指示をしますが、取り組むのは自主的です。今日も、清掃から帰ってきた子供たちは、次々と自分の席に着き、静かに学習に取り掛かっていました。学級全体がこの流れに乗り、集中して学習に取り組むので、学びに向かういい雰囲気がつくられています。短い時間でも積み重ねれば大きな効果が期待できます。児童の皆さんには、引き続きこの時間を大切にして、自ら学習に取り組む習慣を身に付けて欲しいと思います。

 先週、夏休みの校内作品展を行いました。多くの保護者の皆様が学校に足を運んでくださいました。ご来校ありがとうございました。子供たちの作品の中に優れたものがたくさんあります。例として、3年生のある児童の作文を紹介します。

 「題名:弟のえがお」

 「ぼくには4さいの弟がいます。弟はいつも元気いっぱいで、かいじゅうみたいな弟です。弟はなんでもぼくのまねをしたり、ぼくのものをほしがったり、思いどおりにいかないと大なきをしたり、たまにはぼくのことをたたいてきたりもします。わがままかいじゅうなので大へんです。なのに、けんかをすると、いつもお母さんにぼくばかりおこられてしまいます。そんなときは、弟をきらいになってしまいます。

 でも、ぼくが夏休みになってから弟をほいく園におくって行ったときがありました。そしたら弟が、行きたくないといってないていました。ぼくは、心配だったので遠くから様子を見ていました。するといつも元気なのに友だちのなかまに入れず、さみしそうな顔をしている弟がいました。 そのとき、ぼくは心がぎゅっと苦しくなりました。弟のえがおが見たいと思いました。

 弟は、ぼくと遊んでいるときは、いつもとてもうれしそうにわらいます。ぼくは、そのえがおを見るとしあわせな気持ちになります。なので、かなしい顔をしている弟がいたら、ぼくが笑わせてあげたいと思います。

 ぼくにとって、弟はわがままかいじゅうですが、とってもかわいい弟です。かわいいえがおでぼくをしあわせな気持ちにしてくれてありがとう。」

 夏休みだからこそ、弟をお母さんと一緒に保育所に送っていき、そこで気づいた弟がふだん家庭では見せない一面・・・。わがままでうるさい「かいじゅう」のような弟であっても、さびしい顔は見たくない、いつも笑っていて欲しい。ぼくが弟をわらわせてあげる。弟がわらえば、ぼくもしあわせになる。弟への愛情があふれている素晴らしい作文です。

 このような心温まる作文がたくさん並んでいます。児童の皆さんも、まだ廊下に展示してありますので、多くのお友達の作品をよ~く見てください。

平成29年9月19日

9月17日(日) 地域に貢献する(敬老会)

 ボランティア 作文発表 作文発表 手紙贈呈 ボランティア ボランティア ボランティア 児童代表あいさつ 合唱発表 合唱発表 「ふるさと」合唱 全員で合唱 

 台風による影響が心配されましたが、幸い雨、風ともなく無事に城東地区敬老会が本校を会場に開催され、本校児童が様々な形で参加させていただきました。開会セレモニーでは、2年生の井坂さんと小松﨑さんが作文発表をしました。地域の方へと同時に自分のおじいさん、おばあさんへの愛情と感謝の思いがこもった素晴らしい発表でした。また2人から、全校児童が書いた地域の高齢者の方々への手紙をお渡ししました。5,6年生による合唱の発表では、「水戸市小中学校音楽のつどい」のステージで歌った「チェンジ」「キセキ」の2曲を披露し、さらに参加者の皆様の間に入って「ふるさと」を一緒に歌いました。会場全体が一体となり、温かい雰囲気に包まれました。さらに、6年生の有志がボランティアとして活動し、会場の案内、お茶出し、会場の片づけ等を行いました。児童は大変やりがいのある“仕事”をやらせていただき、有意義な活動となりました。

 多くの地域の方とふれあい、本校児童の実態を知っていただき、児童も多くの方々に励ましと賞賛のお言葉をいただき、自分たちや日々の取り組みを見つめ直すいい機会となりました。

平成29年9月17日

9月15日(金) 6年生遠足

 元気に学校を出発 国会議事堂前で 国会議事堂前で 展望デッキにて スカイツリーにて スカイツリーから 

 6年生が東京方面に遠足に行きました。行先は、国会議事堂と東京スカイツリーです。朝、7時前に学校を元気に出発し、バスの車中でJアラートが鳴るというハプニングがありましたが、無事国会議事堂に着きました。国会議事堂は比較的空いており、スムーズに見学をすることができました。国会議事堂前で学級ごとに記念撮影を行い、東京スカイツリーに向かいました。朝の高速道路の渋滞で、若干移動時間が遅れたため、車中でお弁当を食べました。東京スカイツリーには予定の時間どおりに到着し、高さ350mの展望デッキに上がってから、あとは小グループごとに自由に見学を行いました。スカイツリーでは人は多かったですが、子供たちが規律と約束を守って行動したので何のトラブルもなく無事見学を終えることができました。

 県内ではつくばエクスプレスの様子、茨城県から千葉県、埼玉県、東京都へ入るときの景観の違い、隅田川の水運、浅草の町の様子(少しでしたが)、皇居から国会議事堂周辺の様子、下町の様子、国際観光地化したスカイツリーの様子等々、多くのものを見て感じてきました。日常とは異なる環境で友達と一緒に過ごし、相互に新たな一面を発見することもできたことと思います。収穫の多い1日となりました。

平成29年9月15日

9月14日(木) 地域の方へ感謝を込めて

 合唱練習 合唱練習 

 5,6年生の有志が、9月17日(日)に開催される城東地区敬老会に参加し、合唱を披露させていただくことになっています。本日はその練習をしました。6年生は陸上記録会の練習や明日の東京遠足の準備、5年生は来週に控えている宿泊学習に向けての活動がある中、一生懸命、真剣に練習に取り組み、爽やかできれいな歌声を響かせていました。地域の高齢者の方に少しでも喜んでいただきたいという思いがにじみ出ていた気がします。合唱以外に、6年生はボランティア活動もやらせていただきます。会場の案内、飲み物提供、全校児童からのお手紙配りなど、多くの活動があります。地域の方と相互理解を深める絶好の機会になることでしょう。当日が楽しみです。

平成29年9月14日

9月13日(水) 親子のふれあい

 4年生親子ふれあい活動 会場の様子 本校児童の作品 

 PTA第4学年委員会主催の「親子ふれあい活動」を実施しました。4年生の保護者の方が多く参加してくださいました。内容は、楽しく体を動かすゲームでした。「追いかけ玉入れ」では、籠を背負って逃げる人を追いかけ、籠に玉を入れます。自ら籠を背負う役を買って出る児童もおり、白熱した展開となりました。続いて「○×ゲーム」では、一生懸命考え、○ゾーン、×ゾーンに移動し、正解すると歓声が上がっていました。最後に、「みとちゃんダンス」をみんなで踊りました。保護者の方は、子供たちの素敵なダンスに見とれてしまったのか、踊らずに写真や動画を撮る方もいらっしゃいました。子供たちは日々変わっています。成長しています。本日の活動を通して、自分のお子さんの新しい一面を発見できたことと思います。大変楽しく有意義な2時間でした。企画、準備、運営をしてくださった学年委員の皆様、誠にありがとうございました。

 水戸芸術館エントランスホールで「第49回花の絵コンクール」(水戸市住みよいまちづくり推進協議会主催)が開催されています。本校からは、4年生の寺門萌衣さんの作品が入選し、展示されています。水戸市内の幼稚園、保育所、小・中・義務教育学校の幼児・児童・生徒の力作がたくさん展示されておりますので、ぜひ足をお運びください。9月24日(日)まで(9月19日は休館)、午前9時30分から午後6時まで見ることができます(無料)。

平成29年9月13日

9月12日(火) 児童朝会にて

 環境委員会 本日の児童朝会は、環境委員会の担当でした。プレゼンテーションを使いながら、環境委員会の活動内容紹介、環境委員会からのお願い、○×クイズ等を行いました。環境委員会は、主に校庭の花壇の管理(水やり、草取り、苗植えなど)、環境整備として除草作業や落ち葉掃きの企画・運営等を行っています。“地味”ではありますが、そのおかげで校内がきれいに保たれ、みんなが気持ちよく生活できています。貢献度は非常に大です。この度の集会で、どのような人がどのような活動を行っているのか理解を深めることができたのは大変良かったと思います。他にも目立たないところで、いろいろな活動をしている人がいます。昨日紹介した道徳の授業ではありませんが、自分を取り巻く人によく目を向け「ありがとう」と言いたい人を探したいものです。
平成29年9月12日

9月11日(月) 努力を讃え合い学び合う

 2年生道徳 立体作品 立体作品 作品展 作品展 作品展 

 2年生の道徳の時間に、「ありがとうをつたえよう」という題材で授業を行いました。教科書のイラストを見て、だれにありがとうを言いたいか考えました。交番で道を教えてくれているお巡りさん、横断歩道を渡るとき小さい子の手を引いてくれている兄さん、バスを運転してくれている運転手さん、公園の掃き掃除をくれている清掃員の方、お料理を作ってくれているお母さん、授業をやってくれている学校の先生、仕事に出かけるお父さん、小さな子の面倒をみてくれているお姉さん、洗濯をしてくれているお母さん・・・。たくさん挙がりました。自分の身の回りには、よく見るとお礼を言いたい人、言わなくてはいけない人がたくさんいることに気づきました。学級の中にもありがとうを言いたい人がたくさんいます。子供たちは、担任の先生にもありがとうを言いたいと意思表示をしていました。温かい雰囲気に包まれた授業でした。自分一人では生きられません。お互いに感謝しながら、大切にし合う温かい関係を築きたいものです。本校の校訓にある「なかよく」に通じることです。

 今日から、夏休みに児童が作成した作品の展示会を行っています。保護者、地域の方にも公開しています。書道、絵画、作文等掲示できるものは各学級ごとに教室廊下に、工作等立体作品は視聴覚室に全学年分まとめて展示してあります。一生懸命取り組んだ力作ばかりです。お時間がございましたら、ぜひ学校に足をお運びください。保護者の皆様にはすでに文書でお知らせしてありますので、詳細はそちらをご覧ください。一般の方で不明な点がございましたら、学校宛にお問合せください(連絡先 029-231-4297)。

平成29年9月11日

9月8日(金) 考え、表現する

 6年生道徳 3年生算数 3年生算数 

 3年生の授業で、「4/5リットルのジュースを大きなびんと小さなびんに分けるとき、大きなびんに3/5リットル入れると、小さなびんには何リットル入れることになるか」について考えました。小グループで話し合い、自分の考えを他者と比較検討し、発表し合いました。単に“答え”を出すだけでなく、どのように説明すればみんなが理解できるかを大切にし、発表者はそれぞれ自分で工夫した図や数直線を使って説明をしていました。他者とのかかわりによって自分の考えを深める協同的な学びが実現していました。

 6年生の道徳の時間で、「銀のしょく台」(ビクトル・ユゴー)という題材を使って授業を行いました。刑務所から出てきたジャン・バルジャンは、どこにも泊めてもらうところがなかったが、ミリエル司教はジャンをあたたかく迎え入れ、銀のしょく台と銀の食器で食事をもてなした。その夜、ジャンは銀の食器を盗んで逃げたが、次の日、司教の家にジャンが憲兵に連れられてきた・・・というお話です。銀の食器が盗まれているのに気づいたとき、なぜ司教はジャンを責める気持ちにならなかったのかを考えました。自分だったら、せっかく親切にしてあげたのに、大事な食器を盗んだ人を許せるか・・・。「許せる」、「許せない」の2つに分かれましたが、「許せる」の方が少ないようでした。銀の食器はここにあるのはまちがいで、貧しい人のもとにあるべきだと言う司教。しかし、どんなに貧しくても人のものを盗むことはいけないのではないか、人の親切を踏みにじる行為は許されないのではないか、様々な考えが交錯しました。「ホントにそう?」「自分にできる?」・・・。本音にせまる授業が展開されていました。この授業も考えを表現し合いながら、自分の考えを深める学びが実現していました。

平成29年9月8日

9月7日(木) 地域の理解を深める

 まごころタイム まごころタイム 6年生の「まごころタイム」(総合的な学習の時間)において、「昔から今、今から未来へ」というテーマで活動を行いました。この学級では、児童の興味関心に応じて、常陸山、寿橋、那珂川、水府流、城東の宝(ひと、もの、こと)の5つのグループに分かれ、それぞれ1学期から調べてきたことについて情報交換を行いました。さらに、今後知りたいこと、調べたいことを挙げ、実際に調査を行うとともに、地域の方を招いて実施する「歴史を聞く会」において質問する内容等を考えました。城東学区は、題材の宝庫です。人的資源も豊富です。自分たちが暮らす地域のよさをたくさん知ることにより、地域に誇りを感じ、そこで学べる自分たちにも誇りをもって欲しいと思います。この学習では、最終的に調べたことや考えたことを各自がパンフレットにまとめ、発表することになっています。調べたことを、自分や社会にどのように生かしていくかという視点を入れたパンフレットが出来上がることを期待します。
平成29年9月7日

9月6日(水) 学びに集中する

 1年生国語 1年生国語 陸上練習 

 1年生の国語の授業で、教科書に載っている題材を使って「ことばさがし」を行いました。縦8マス、横8マスの64文字の中から、縦、横、斜めに並んでいる文字で言葉になっているものを探しました。授業者の5分という時間設定の中で、子供たちは一生懸命言葉を探しました。縦、横の並びは見つけやすいようでしたが、斜めの並びに隠れている言葉にはなかなか気づかない児童もいました。一人の児童も漏れることなく集中して学ぶ姿がありました。隣の1年生の国語の授業では、その1つ先の内容を学んでいました。端的に言えば「しりとり」です。小グループで、言葉を探しながら、しりとりを成立していました。自分で思いつかなくても、そういうのもあるね、こんなのもあるよ、と言葉を出し合いながら、言葉の世界を広げていました。この授業でも協同の学びに集中する姿が見られました。

 午後には雨があがり、放課後の6年生の陸上記録会に向けての練習を、校庭で行うことができました。涼しい日になったので、体を動かすには快適だったと思います。種目別の練習が少しずつ進んできました。

平成29年9月6日

9月5日(火) 盛んなPTA活動

 PTA運営委員会 第3回PTA運営委員会を開催しました。PTA本部役員、各委員会委員長(必要に応じて副委員長も)が出席する、総会に次ぐ議決機関です。本日も平日の日中にかかわらず、ご多用の中、都合をつけ、多くの役員、委員の方がご出席くださいました。頭が下がります。内容としては、2学期の各委員会の活動計画の発表があり、それに沿って今後活動が進められていくことになりました。

 運営委員会に続いて、第2回城東ふれあい祭り実行委員会が行われました。城東ふれあい祭りは、PTAが主催し、地域の方の幅広いご支援を得て開催されるお祭りで、全校児童が参加します。今年度は、節目である第20回を迎え、10月21日(土)に開催予定です。実行委員会では、子供たちや地域の方ができるだけ楽しむことができるよう、催事一つ一つについて詳細に検討されました。

 そのあとさらに、PTA校外指導委員会が行いました。校外指導委員の方は、日頃の朝の登校見守り(立哨)の計画・調整・運営を行ってくださっているだけでなく、夏休み中にはパトロール活動も行ってくださっています。本日は、城東ふれあい祭りにおけるバザーの提供品回収や、当日の巡視等について確認を行いました。本当に幅広い活動をしてくださっています。

 本校のPTA活動は、会員である保護者の皆さんと教職員の熱意で、活発な活動が行われています。それが、確実に子供たちに生きています。

平成29年9月5日

9月4日(月) 今日の授業から

 4年生体力テスト結果確認 6年生定着度の確認 本校でも様々な学力向上策を行っていますが、その一つとして、夏休みに1学期の授業内容の総復習を児童各自が行い、その定着度を児童自身が確認するために、国語、社会、理科、社会の4教科の「復習テスト」を行っています。採点や達成状況の確認は当然教師も行いますが、テスト問題に取り組んだ後、まず児童自身が自己採点し、身についていること・いないことを確認し、すぐ今日からの学習に活かせるようにしています。三中学区小中一貫の取り組みの“小小連携”の一環として、本校と浜田小学校、上大野小学校でテスト問題を相互交換し、各学校で実施する取り組みも行っています。今後も、授業改善を柱にして、計画的に学力向上のための取り組みを進めていきます。

 4年生の体育の授業、スポーツテストの結果をもとに、自分の体力の向上の状況を確かめました。50m走、握力、ボール投げなど、各種目において1年生から4年生までの自分のデータを並べ、また県平均等のデータと比べることにより、自分の状況、伸びを確かめました。先日紹介したサーキットトレーニング等の体力向上策の効果も徐々に表れることを期待しています。

平成29年9月4日

9月1日(金) 今日の授業から

 サーキットトレーニング サーキットトレーニング 記録する 自然の観察 

 体育の授業では、どの学年も授業の始めにサーキットトレーニングを行っています。これは、体育の授業における運動量をできるだけ増やし、また様々な筋肉を使い、体力向上を目指すことをねらいとしています。本校だけでなく、小中一貫として、浜田小学校、上大野小学校、水戸三中でも行っています。本日の1、2年生の授業でも、鉄棒やタイヤ跳び、うんてい、ランニングなどを組み合わせ、体を動かしていました。継続することにより、体力の向上が見込まれます。体育の時間だけでなく、休み時間や、家庭で遊ぶときも、サーキットトレーニングの要素を取り入れて遊び、少しでも多く体を動かして欲しいものです。

 4年生の理科の授業で、校庭に出て生物の観察を行いました。春から定期的に続けているもので、サクラ、ツルレイシなどの植物のようすや、校庭にどのような昆虫がいるかなど観察しました。春のサクラ、夏休み前のサクラ、今のサクラを比べ、葉の色や大きさ、枝ぶり・枝の様子等の違いをメモしていました。一人ではなかなか気づかないことも、グループや学級の友達と情報を交換し合うことにより、多くの発見がありました。日頃から気を付けていれば、理科の授業のときに見られないものに出会う可能性もあるので、ぜひ日常的に観察を続けて欲しいものです。

平成29年9月1日